This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

大手Slerからベンチャーへ!バリュレイトの熱い兄貴分

こんにちは、バリュレイトBlogです。
本日は、バリュレイトの兄貴的存在の岩下昌平さんのインタビュー記事です。


バリュレイトに入社したきっかけを教えてください

私は自分や自分の家族、友人が大好きなので、大きい括りで日本を良くしたい、という気持ちをずっと持っていました。
もともと前職は5年で、必要な事を学び切り、辞めようと決めて入社しました。
実際には6年かかりましたが、営業とエンジニアを経験させてもらい、次は自分が事業を作れるようになるステージに行きたいと思って転職を決意しました。

その区切りで出会ったのがバリュレイトです。事業を作るために、大きなビジネスのコンサルティングと新規事業創造の両方を経験したいと思っていたのですが、まさにバリュレイトはどちらも行なっている会社でした。

転職の際には、周囲からコンサルやるなら今の会社に残る方がいいんじゃない?や、大手だから辞めてしまったら勿体無いなどと色々言われました。それでも、代表が魅力的で、自分の追い求めていた新規事業、コンサルが両方できる環境はここしかないと感じ転職を決意しました。

入社から現在までのお仕事について教えてください

入社して最初に担当したのは、大手メーカーの営業業務の改善プロジェクトでした。
異業界からコンサルティングに初めて挑戦し、課題を洗い出すのも初めて、いわゆるフレームワークなども使うのは初めてでとても苦労しました。クライアントからの課題の引き出し方、引き出した課題や改善方法を伝えるための資料作りも、本当に何もかも苦労しました。それでも、実際にすごく挑戦したかった事だったので、その苦労も楽しかったです。代表にほとんどOJT形式で叩き込んでもらいました。

入社してすぐのこの経験は、今でも他のクライアントへのコンサルティングを行う上でとても役に立っています。

現在は2つの案件を掛け持ちしています。大手食品卸業者のPCインフラ入替のプロジェクト支援と大手メーカーのITヘルプデスク業務改善です。 要件定義、メーカー選定、ベンダー交渉、社内説明、スケジュール管理、課題管理、作業統制、現場立会 など、クライアントの手が回らない事は全て引き受けています。
また自社の採用業務にも携わっています。


バリュレイトの兄貴分との事ですがどのようにメンバーと関わっていますか

もともと面倒見の良い性格なのか、代表にも兄貴分だよねと言われます。
自分でも先輩風を吹かすのは得意だと思っているので(笑)、後輩や新しく入ったメンバーは積極的に飲みに行ったり、気にかけるようにしています。

特にうちの業務だと、クライアント先がバラバラだと普段なかなか一緒に働く機会がないため、その分Slackで悩み相談にこたえたり、意識してコミュニケーションをとるようにしています。

時にはたわいもない事もSlackでやり取りしています。そのおかげか、新しく入ったメンバーも、何でも相談できるし、安心してクライアント先にいけると言ってくれる人が多いです。


今後の目標を教えてください

もともとの目標である事業を作る事に挑戦したいです。そのためにもバリュレイトの中で、新規事業に挑戦したいと思っています。

あとは入社してくれたメンバーのロールモデルになれるように、リーダーとしてコンサルティング事業でももっと成果を出したいと感じています。
今も一度担当させていただいたクライアントからはリピートでご依頼をいただくことが多いのですが、担当させていただいたクライアントの口コミで新しい案件が入ってくるスピードを高めたり、もっと自社の良さを伝えられるような営業活動もしていきたいですね。

株式会社バリュレイト's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings