This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

51兆円の巨大市場に挑む28歳のプロダクトマネジャーが大手企業から転職した理由≪ユニオンテックの挑戦者たち Ep.7≫

庭瀬 紀寿 プロフィール  2018年9月入社
愛知県出身の28歳。慶応義塾大学法学部卒業後、LINE株式会社へ新卒入社。入社後はライブ配信サービスの企画や運営等に携わる。2018年9月にユニオンテック株式会社へ入社。2018 11月より自社サービス【SUSTINA】のプロダクトマネジャー就任


ユニオンテックのプロダクトマネジャーってどういうお仕事なんですか?

自社のWebサービスである『SUSTINA』のプロダクトに関わるあらゆる部分を、事業戦略を描くところから企画、運営まで一貫して行っています。


大手企業の事業企画部署でご活躍されていた庭瀬さんがユニオンテックへ転職しようと思った理由をお伺いしたいです

ここにしかないメンバーやタレントがいると感じたからです。若くしてや海外で起業された方、大手企業で活躍された方等、経験や能力はもちろん「建設×IT」という未知の領域に立ち向かう心意気を持った方が沢山いらっしゃるということです。

また、社長である韓さんの影響も大きいです。戦略を描くことや仮説の筋の良さなどももちろん魅力ではあるのですが、先ほどお話した通りわずか1年足らずでこんなに良いチームを作られたことに驚き、このトップの元、このメンバーであれば、建設業という巨大な市場で大きな変化を起こせる仕事ができるのではないかと感じました。



入社前と比べてギャップとかありませんでしたか?

悪い点は特にないかな…


本当ですか?(笑)

はい…本当です!一番感じたことは『スピード感』です。想像していたよりも早いと感じています。ここもユニオンテックならではであるのですが、自社の中に我々のサービスユーザーと同じ事業を行っています(空間事業)そのため、ユーザーインタビューや、β版のテストを社内で行うことができます。サービス開発→社内で実験ができる体制は他ではあまり無い環境だと思います。空間事業は創業から19年の歴史があるので、社内に沢山のデータが存在します。もちろん会社としては苦い経験や失敗したものもあるのですが、それと同じだけの成功体験もあります。建設業界はブラックボックスな部分も多く、ウェブ上では見えない情報や慣習もあるのですが我々は『それ』を持っている。創業者の大川さんが一代でここまで作り上げてきたこのリソースを上手く活用したいですね。



社風や雰囲気について教えて下さい

挑戦に対して寛容な会社だと思います。我々の相対するマーケットがITの力によって建設業界の不を解消するという世の中の誰も成しえていないことです。成功か失敗の定義も無いような中で躊躇して何もしないよりもやって学ぶ方が良いと思います。1年でいくつも新しいチームやグループが立ち上がっています。クローズするものも、もちろんあるのですが、勝ち筋があればやってみることができる。そんな挑戦的な環境だと思いますし、チャレンジしている人に仕事がドンドン集まってくるイメージがあります。

確かに新しいチームやプロジェクトが立ち上がりやすい環境であると思います。私は半年で新グループをクローズさせてしまいましたが…



ユニオンテックで活躍している方、また合っていると思う人物像を教えて頂けますか

いくつかあるのですが「変化を受け入れられる方」ですかね。長い歴史の中で業界の構造が変わらず、変化が起こっていない建設マーケットの中で、確からしい仮説を設計し、実践した中で見えてくる事実を受け入れ、次の打ち手につなげていく。その中で昨日まで正しいと思ったことや当たり前だったことが突然変化することもあります。社内でも同様に色々な変化がありますが変わることを前向きに許容できる方が合っていると思いますね。個人的には答えが用意されていない、日々変化する「カオス感」を楽しんで働いています。



庭瀬さん自身のキャリアプランについてもお伺いしてもいいですか。今後ご自身としてはどのようになられたいでしょうか?

実はあまり無いんです。自身の経験から「自身の触れられる距離の人たちの幸福や自己実現に繋げられる」ような仕事をしたいという漠然とした夢はあります。学生の頃に小学生の子供に勉強を教えていたのですが家庭の環境等によって学びの機会や人生の選択において差があることを感じました。仕方ないと言えばそこまでなのですが、色々ある産業の中でも頭の良いといわれる人たちは人気のある大企業や領域に就職を希望すると思います。お世辞にも建設業は人気のある業種とは言えません。そういった(人気のある)分野は他の人に任せて、この建設業をより良くすることで「機会の最大化」をしたいと思っています。不人気と言われる業種が「かっこいい」「働きたい」という業種に変化させることで子供たちが自己実現や、幸福になれる環境に自らの手で作り上げることができれば良いと思っています。


ありがとうございます。最後にユニオンテックに興味を持って下さった方、一緒に働きたいと思って下さった方へメッセージをお願いします!

カオスな環境を一緒に楽しめる方とお会いしたいと思います。ビジョナリーな大海原です。簡単には渡れないからこそ、この海をビジョンを持って一緒に渡って下さる方からのご応募をお待ちしています。

ユニオンテック株式会社's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more