1
/
5

ロジカルとマジカルの両立で便利の壁を超え、愛されるブランドを確立するデザイン統括室長

光井 英子(みつい えいこ)
cowcamoプラットフォーム事業部 デザイン統括室長

IT事業会社の全社横断デザイン組織にて、金融・決済・コンテンツ・国際EC事業など様々な事業領域のリニューアル・新規立ち上げのリードデザインを担当。ユーザーとのインタラクティブな関わり方を強めたいと思う中、リアルな「人」や「場」との接点としてサービスを運営するツクルバに出会う。2018年にプロダクトデザイナーとしてジョインし、cowcamoプラットフォーム事業部にてプロダクトデザインリード・デザイン責任者を経験。現在は、デザイン統括室長として、cowcamoのデザイン領域のマネジメントを行っている。

“デザイン”は事業成長に欠かせないファクターである

私はプラットフォーム事業部のデザイン統括室長として、統括室の立ち上げとカウカモにおけるデザインやブランド資産のマネジメントを目指しています。私がツクルバに入社を決めた要因の1つとして、ツクルバが企業として、ブランド価値を創る上で、”デザイン”を重要な要素だと考えていることがあります。事業を推進するためにブランド価値の向上は重要な要素であり、ブランド価値創造に直結する”デザイン”は、必要不可欠な存在です。経営メンバーがデザインやクリエイティブ領域への理解が深いことも、デザインを大切にする理由の1つですね。この背景から、デザイナーがパフォーマンスを発揮し、「本質的にデザインされた事業と愛されるサービスを実現すること」をミッションにデザイン統括室が生まれました。”本質的にデザインされた事業”とは、今はない新しい価値を具現化する構想・長期的に実現する仕組みをつくる構造・時代に合わせて翻訳し続ける意匠、の3つを全て兼ね備えたものです。デザイン統括室長として、事業にとって資産となるものをデザインし、事業を推進していきたいと考えています。

デザイン統括室はカウカモのデザイン領域のマネジメントをしており、カウカモの世界観を持続的に具現化し、顧客の体験価値と事業推進をつなげる役割を担っています。具体的には、プロダクトのデザインシステム構築やブランドパーソナリティの定義付けを行っています。デザインシステムは、事業戦略を基に下層から戦略・要件・構造・骨格・表層の順で構築し、事業の資産として管理ができるかを意識しています。表層だけでなく、階層意識を持って奥底の部分で事業につながっている状態にすることで、属人性を回避し、ツクルバのデザイナーの誰もがカウカモの世界を実現できることを目指しています。

ロジカルとマジカルの両立で便利の壁を超え、愛されるブランドを創る

私はカウカモを、デザインされた気持ちの良い体験ができ、ユーザーに愛されるブランドにしたいと思っています。サービスが溢れる現代において、経済的価値を届けるだけでは、愛されるブランドにはなりません。使いやすい、便利などの経済的価値に加えて、使っていて「楽しい」「心地よい」「意義がある」と感じられる情緒的価値を提供できるサービスにすることで、愛されるブランドを創ることができます。情緒はときに、論理を超えるマジカルな力があり、デザインが特に貢献できる点だと考えています。事業成果とよりよいユーザー体験を目的として、ただ機能的であればいいわけではなく、その上で、「楽しい」「心地よい」「意義がある」サービスとなっているか配慮しながらデザインしています。UXピラミッドでいうと最下層から順番に満たしていき、最終的に三角形になるように積み上げるのではなく、初めから機能的役割を果たす下部から、情緒的役割を果たす上部までを線のように満たすものを創り、その幅を広げていくイメージですね。経済的に選ぶ理由になる「ロジカル」と情緒的に選ぶ理由になる「マジカル」の両立を偶発的に実現するのではなく、事業として意思を持って投資し、健全に取り組んでいく部分がツクルバの好きなところですね。

実際にカウカモのUIをデザインするときには、UXも同時に意識してデザインしています。UXをデザインするとき、UIを全くイメージせず創造することは困難であるように、モノづくりはどの領域も少しずつ重なる部分があるため、軸足を置き換えながら取り組んでいます。ツクルバのメンバーは特定の領域に特化した人材だけではなく、詳しい領域を複数持つ人材が集まっているので、UXをデザインするときは他部署のメンバーとも議論して創り上げます。その際には、あらゆる状況下で起こりうるユーザーの心理を想像し、誰もが気持ちの良い体験をできるように意識しています。ツクルバはデザイン思考で物事を進めることに強みを持った会社なので、そういった議論も自然に行われ、事業メンバーもデザイナーが積極的にUXに介入することに期待してくれています。

デザインを決めるときは、”絶対にいいモノになる”と確信ができるまで何度も考え直します。デザインを実装する段階でエンジニアとコミュニケーションする際に、その確信がないと、どれだけUXの上流部分からコンセプト、ポリシーなどを伝えても、エンジニアの共感を得られません。確信を持った上で伝えることで、開発難易度の高いお願いをする場面でも、”この体験がなきゃいけない”という納得感を共有することができ、同じ目標に向かって行けます。デザインに対する思想と絶対にいいモノができるという確信をメンバーと共有することで、愛されるブランドを創れると信じています。

プロダクト・サービス・コミュニケーション・空間の4領域をデザイン視点で統括し、ブランドの世界観を洗練する

今までは私が担当していたプロダクト領域のリードを、将来的に採用するリードデザイナーに全般的に任せていきたいと考えています。カウカモという住まい探しのサービスプロダクトのデザインの面白みは、お客様がサービスに関わる期間が比較的長く、またサービスがオフラインにもまたがるので、デジタル完結のサービスでは経験できない顧客体験を包括的にデザインすることができる点です。具体的には、営業メンバーが使う業務ツールもデザインしているのですが、オフラインに渡ってからのプロセスを滑らかにするところまでデザインすることが面白いですね。

プロダクト領域のリードを任せるように、コミュニケーション・サービス・空間の領域でプロを集め、各領域に対して経営戦略とデザイン視点の交差点でマネジメントすることで、カウカモというブランドの各領域の世界観の一貫して強めていきたいですね。住まいに関わり、オフラインにもまたがるサービスですので、空間での実体験も重要になると考えています。空間領域が他の3領域と接続することで「カウカモらしい」ブランドと住まい探しの体験を具現化できます。また、今期からデザイン統括主導で施策を打つ企画が始動しました。事業側からのオーダーを実現するためのデザイン組織ではなく、デザインが主体となって事業貢献するチャレンジになります。それぞれの強みを持ったデザイナーが高め合って、デザイン視点で価値創造していくアベンジャーズのような個々として強い、かつチームとして高め合えるデザイン組織を作っていきたいです。

\イベント告知/
3月7日(月) 19:00~より、新規プロダクトウルカモリリースの開発裏側についてのオンライン座談会を開催します!光井も登壇しますので、ぜひカジュアルにご参加ください!

\私たちと一緒に働きませんか?/
ツクルバに少しでもご興味をお持ちいただいた方は、ぜひお話しましょう!

SaaS_UI/UXデザイナー
フラットな組織で個人の意思を重視する文化!カウカモのSaaSデザイナー募集
2011年8月、村上浩輝(代表取締役CEO)、中村真広(取締役・共同創業者)の共同創業によりスタートしたツクルバ。 「人と人、人と情報が交差する『場』をつくりたい」という2人の想いから社名を「ツクルバ」と名付けました。 「場の発明を通じて欲しい未来をつくる」というミッションのもと、デザイン・ビジネス・テクノロジーをかけあわせた場のデザインを行っています。 主な事業として、中古・リノベーション住宅の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」 (https://cowcamo.jp/)の企画・開発・運営、不動産領域における​新たな価値創造を生むことをミッションとする不動産企画デザイン事業(https://tsukuruba.com/business/#ppd)等を展開。
株式会社ツクルバ
App_UI/UXデザイナー
モダンでユーザビリティの高いデザインを追求!アプリのUI/UXデザイナー
2011年8月、村上浩輝(代表取締役CEO)、中村真広(取締役・共同創業者)の共同創業によりスタートしたツクルバ。 「人と人、人と情報が交差する『場』をつくりたい」という2人の想いから社名を「ツクルバ」と名付けました。 「場の発明を通じて欲しい未来をつくる」というミッションのもと、デザイン・ビジネス・テクノロジーをかけあわせた場のデザインを行っています。 主な事業として、中古・リノベーション住宅の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」 (https://cowcamo.jp/)の企画・開発・運営、不動産領域における​新たな価値創造を生むことをミッションとする不動産企画デザイン事業(https://tsukuruba.com/business/#ppd)等を展開。
株式会社ツクルバ
株式会社ツクルバ's job postings
54 Likes
54 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more