1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

お客様の素直な気持ちに耳を傾け、心込めてサポートしたい。 #この度ツクルバに入社しました

ツクルバでは、ユニークで多様なバックグラウンドを持つ、多彩なメンバーが続々と仲間入りしています。「#この度ツクルバに入社しました」シリーズでは、 そんなNew Memberそれぞれのストーリーを紹介し、社内外に発信していきます! 今回は、2020年3月にcowcamo Agent Service部へ加わった長谷川をご紹介します。

長谷川未優(はせがわ みゆう)
1993年生まれ。新卒でリフォーム会社に入社後、大手ディベロッパーに入社し、新築マンションの不動産営業に従事。同じマンションであっても、お部屋ごとに個性があり、「1点ものだ」と感じるポイントもお客様それぞれで違いがあることに気がつく。売る人・買う人のマッチングの輪を広げていきたいと思いツクルバに入社。

なぜツクルバに?

自分のこだわりを持てる時代に、売る人も買う人も気持ちを正直にして「お買い物」ができる場だと感じたからです。
カウカモエージェントは一言でいうと「不動産仲介営業」。私はこの職業を、売る人と買う人のマッチングをとりもつ、司会進行役のようなイメージを持っていますが、「不動産業ってだけでちょっと敷居が高く感じる」などの声を聞くこともあるので、世間的には身近に感じにくい職業でもあるかもしれません。多くの不動産会社がある中で、ツクルバのカウカモというサービスはそのハードルを下げている印象がありました。スマートフォンアプリにて物件を見ればみるほど、なりたい暮らしのイメージがふくらみ、《一点ものの住まい》に手が届きそうな感覚に。作り手のこだわりや住まわれた方々の想い、地域の魅力が記載されてる記事もあり、カウカモの物件の魅せ方は唯一無二だと感じました。ツクルバ入社前も住まいに関わる仕事をしており、水回りリフォームや内装リノベーションの営業をしたのち、不動産ディベロッパーにて新築マンションの営業に従事しておりました。
配棟や間取りをデザインする売主や、施工する職人のこだわりなど、売り手の想いを肌で感じながら、多くのお客様のネットではない生の声を聞いてきました。売り手の想いが伝わりやすい場であり、買い手の気持ちを汲み取りやすい場であるカウカモというサービスを通じて、お客様の暮らしにフィットするような暮らしのご提案をしていきたいと思い、入社を決意いたしました。

ツクルバでのミッションは?

カウカモ事業部のエージェントとして、お客様の多様性を認めあえる住文化を作っていきたいです。〇〇だから偉いとか、〇〇だから悪いとか、多数決で決まる文化ではないと私は思います。違いがあるからこそ選びごたえがあり、自分の暮らし方にフィットする住まいが人それぞれで、一点ものだったりするんです。取引のために価格はどうしても決まってしまいますが、暮らし方の好き嫌いの好みは、お客様それぞれが持っている大切な価値観で誰にも決められません。お気に入りの一点に出会えるよう、お客様の素直な気持ちに耳を傾け、心込めてサポートいたします。

名刺に描いた、あなたの「発明したい場」は?

『人生はよろこばせごっこ』という、やなせたかし先生の言葉が私は大好きです。朝マグカップを選ぶとき、好きな音楽を聴くとき、平凡な毎日でもワクワクしてる自分に気がつくと「私、喜ばされてるなぁ〜」と感じ、心があたたまります。四つ葉のクローバーをふと見つけたり、プレゼントされたりする感覚に近い、あのワクワク感。受け取るだけではなく、プレゼントする気持ちで日々大切に過ごしたいと思い、この絵を描きました。


※ツクルバでは、「発明したい場」をテーマに名刺裏面のイラストを各々が描いており、個性豊かなメンバーのそれぞれの想いが垣間見えるものになっています。 ツクルバのメンバーと名刺交換した際は、ぜひ裏面にも注目してみてください!


\私たちと一緒に働きませんか?/
募集中の職種やお仕事の詳細はそれぞれの募集記事をご覧ください!

株式会社ツクルバ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more