This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

ついにお届けスタート!森永製菓『長持続のど飴』開発の裏側

こんにちは!TRINUSコーポレート部門の金子です。

本日よりついに!1粒で約40分持続する長持ちのど飴『長持続のど飴』のお届けを開始しました。

『長持続のど飴』は、森永製菓の独自技術「小さくても長持ちするキャンディ素材LSA(エルサ)」から生まれたのど飴です。今回は、クラウドファンディングで事前にご支援いただいた皆様へのお届けとなっています。

今回は、『長持続のど飴』の企画採用から実際にお客様の元にお届けするまでのプロデューサーの仕事についてお伝えしたいと思います!

森永製菓の独自技術LSA(エルサ)の秘密

そもそも、『小さくても長持ちする食品素材LSA(エルサ)』とは一体何なのでしょうか?

それは、難溶解性非晶質素材(Low Solubility Amorphous material)。一言でいうと、口の中で「長時間」溶けにくい素材です。例えば、一般的なキャンディの場合、口に入れてから溶けるまで約5分程度かかり、タブレットだと1〜2分程度の時間です。それらに対し、LSA(エルサ)はなんと1時間以上!実際に多くの人に試してもらったテストで、平均で66分という結果を得ているのです。

「おいしい」が長時間続くなんて、夢のような素材ですよね・・・!


185件の応募から生まれた、『長持続のど飴』

この『LSA』を活用した商品企画募集には、なんと185件もの多様な企画が国内外から集まりました。

今回限定販売となった『長持続のど飴』は、1粒で40分間も楽しめる、新体験のど飴です。2.5mmの薄さは口に入れたままでも会話しやすく、いつでもどこでもスマートにのどケアが可能。のどが痛いときでも、何度も口に入れることがないのでカロリーも気になりません。

第一弾のミントチップキャンディ『TiMES(タイムス)』と今回の『長持続のど飴』。全く同じ技術をテーマにしていますが、投稿クリエイターによって全く異なる商品が考えられている点が興味深いですよね。


投稿企画を実現させる、TRINUSプロデューサーの仕事

『長持続のど飴』商品化実現に向けて、案件を進行管理していたのがTRINUSのプロデューサーです。

一体どんな流れで、投稿された商品企画を実現していくのでしょうか?

早速、プロデューサーのお仕事内容を覗いてみましょう!

▼採用する商品企画の選定

投稿された185件の商品企画の中から、実現可能性や市場ニーズを踏まえたうえで実際に商品化する企画を森永製菓の担当者と共に決定していきます。

▼投稿クリエイターとのコミュニケーション

投稿して頂いたクリエイターに選考状況を連絡することも、プロデューサーの大事なお仕事。せっかく貴重な時間を割いて投稿して下さったのに、「いつ採用企画は決定するんだろう・・・?」と不安にさせてしまっては、クリエイターのモチベーション低下に繋がりかねません。募集締切後、投稿企画の補足等の連絡をして下さるクリエイターも多くいるため、都度丁寧なコミュニケーションを行っています。また、商品企画を採用したクリエイターには、採用のお知らせを送付したり、今後の流れなどを共有したりします。

▼商品の仕様検討

森永製菓、クリエイターとともに商品の仕様を検討していきます。商品の味や成分、パッケージに記載する文言・デザインについて細かくブラッシュアップ。マス流通時のことも想定し、売り場で目に付くか?もっと適したビジュアルはないか?といった観点も大切にしています。実はこの仕様検討、1番良い状態でお客様の元にお届けできるよう、量産するぎりぎりまで続けています。

▼プロモーション動画・PRの進行管理

今回の『長持続のど飴』では、こちらのプロモーション動画を制作しました。

企画、カメラマン手配、撮影・・・全てTRINUSプロデューサーが進行管理を務めながら森永製菓と共同で制作を進めます。森永製菓の研究員の想いを届けられるよう、撮影や制作にも熱が入ります。

こういったPR素材も生かしながら、プレスリリースやメルマガ配信を行い一人でも多くの方に認知して頂けるように動いていきます。

▼クラウドファンディングページ(WEB限定先行発売)の作成

クラウドファンディングを募るページのテキストを作成。1番最初に商品を購入して頂く窓口となるため、分かりやすい表現を工夫しています。

▼SNSなどでPR

クラウドファンディング終了からお客様の元に出荷するまで、約3カ月ほどお時間を頂いています。クラウドファンディングに支援して頂いた時の「共感」や「驚き」を改めて感じていただけるよう、SNSの投稿やコメントなどを通じてお客様とのコミュニケーションを図ります。

▼注文数の管理・発送手配

商品がお客様の手に届くまで、いよいよもう少し!

適切な発送方法を決め、倉庫からスムーズに出荷できるように準備します。

▼アンケート回収・商品化に向けて

クラウドファンディングでご支援いただいた皆様から、アンケートを回収しています。実際に体験してもらった感想や意見をもとに、一般販売や今後の商品開発を検討していきます。

森永製菓の技術を活用した商品企画は、『長持続のど飴』の他にも『Cheezest(チーゼスト)』『WORLD SOUP SNACK(ワールドスープスナック)』、『TiMES(タイムス)』があります。

それぞれの企画が実現している背景には、TRINUSプロデューサーの活躍があります。

私たちと一緒に、新たな商品を世の中に生み出したい方、お気軽にご応募ください!

株式会社TRINUS's job postings
ついにお届けスタート!森永製菓『長持続のど飴』開発の裏側
Yumi Kaneko
株式会社TRINUS / Business (Finance, HR etc.)
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more