1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

『メンバーインタビュー#9』プロデューサー/林田雄貴

こんにちわ!TRINUSコーポレート部門の金子です。

6月に入り、TRINUSでは『ASOBIZA』での「アソビ」募集第1弾を締切り、新たに第2弾の募集をスタートさせました!第1弾ではなんと、約450件もの「アソビ」の応募を頂き、メンバー一同感激でした・・・!

さて、今回のインタビューは、まさにその『ASOBIZA』の中心メンバーとなって投稿アイデアの募集・選定をしたり、大手メーカーとのコラボ企画ではクリエイターから集まってきたアイデアを選定し実現に向けてプロジェクトを推進する業務に携わっているプロデューサー林田さんです。

それでは、早速新メンバー、林田さんをご紹介したいと思います!

Q1『TRINUSを知ったときの第一印象は?』

こんなにもひたすら商品やサービスを作ることをやってる会社があるんだ!という驚きが大きかったです。パッケージデザインや監修をやるだけの会社は沢山ありますが、「製品を生み出すこと」を専門としているところはあまり知らなかったので、すごく印象に残りましたね。

会社を探していた時は、サービスや商品、ビジネスの開発がしたいなと思っていたんです。他のスタートアップの会社は、すごく魅力的ながらも強烈なプロダクトを軸にしていました。0→1のビジネスをやりたいと思っていた私にとっては、様々なジャンルのメーカー様と共に商品企画の募集から実際の販売、PRまで一貫して携わることのできるTRINUSとの出会いは、運命だったと思います。

Q2『実際どんなお仕事をしているんですか?』

プロデューサーとして、主に大手メーカー様との共同事業の中で、様々な商品やサービスを生み出す仕事をしています。例えば、リコー社との案件では、リコー社の持つ他よりも薄くて、小さくて、曲がるという特徴を持った優れたNFCアンテナの技術に対して、新たな活用方法をどう作れるかなどの検討をクリエイターさんのアイデアをベースに行っています。

「ASOBIZA」プロジェクトでは、国内外から集まってきた様々な「アソビ」のアイデアを選定していくための資料を作成したり、週1回のバンダイナムコ社との定例会議に参加しプロモーション運用についても議論したりしています。

▲いつも優しく、仕事にも全力投球の林田さん。担当領域以外のプロジェクトに関しても、思いついたアイデアがあると共有してくれるのです!

Q3『佐藤さん(弊社代表取締役)の印象は?』

正直、初めてお会いしたときには、感情の起伏が少ない方かなぁと思っていたのですが、入社してからは、意外とこだわりが強くて、無邪気な好奇心を持った人だなと思っています。あと、大のお酒好きですね(笑)

Q4『オフィスやメンバーの雰囲気は?』

すごくオフィスがオシャレで、メンバーの皆も明るく柔らかいです。正直PR感が出て気持ち悪いかもしれないですけど、こんなに居心地のいい職場は初めてですね!でも、仕事の時はみんなすごく集中していて、雑談している時と雰囲気も全然違います。自然と集中しやすい環境になっているので、働きやすいです。

あとは、皆さん意外と退社が早いこと!スタートアップって24時間労働的な会社もたくさんありますが、TRINUSはみんなすごく自分の時間も大切にしていて、日によっては19時半とかまでいると戸締り担当になることもあります(笑)


Q5『TRINUSの良いところは?』

挙げればキリがないんですが、まず思ったのは、面白いことやワクワクすることを考えたり作ることに全力で時間を使えることです。佐藤さんがそうなのですが、面白くないことはあまりやらない方針なので、面白いことを作るのに全力になれますね。

また、TRINUSという強力なプラットフォームを持っていることで、様々な業界から引き合いを頂いています。毎回新しい業界との取り組みにチャレンジできることが、自分のナレッジの蓄積とスキルアップにつながっていると思います!

Q6『働いていて一番楽しいことは何ですか?』

まず、メンバーの皆のバックグラウンドが様々で、話しているだけでも楽しいです!

そして、私はクリエイターから出てきたアイデアを見ながら色々妄想している時が一番楽しいかもしれないです。私たちもアイデアを募集するときに、「この技術ならどんな活用ができるかな?」と色々アイデアを考えるんですけど、絶対に思いつかなさそうなアイデアが沢山集まってくるので、その中から面白いアイデアをどう実現させていくかさらに妄想を膨らませるのは楽しいです。

Q7『林田さんの今の目標を教えてください!』

私の目標は、TRINUSでプロダクト開発のプロフェッショナルになることです。TRINUSに来て実感したことですが、何かを生み出すことって、とっても専門性が必要なんですよね。それって、業界の専門的な知識とかではなくて、0→1をいかにたくさんやってきたかだと思っています。その能力を胸張って自慢できるようになりたいです。



『TRINUS』に興味のある方に一言お願いします!』

どんな業界にいた人でも活躍できる職場だと思うので、知識や経験がどうこうで不安がる必要は一切ないと思います!たくさんチャレンジして、面白いことやワクワクすることを作る環境としては最高なので、ぜひ遊びにきてください!


株式会社TRINUS's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings