1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

インターン生による『メンバーインタビュー#4』デザイナー・柴垣瑛才

初めまして、インターン生の Soraya です。宜しくお願い致します!

本日社員インタビューを任せていただくことになりました。

デザイナーの柴垣瑛才さんのお話を聞かせていただきます。

少しでもトリナスの魅力が皆さんに伝わったらな、と思います。

Q1『TRINUSに応募したきっかけは何ですか?』

丁度、大学院生の時に3Dプリント樹脂型を使ったデジタルモールドプレスをテーマとした募集をTRINUSがしていて、偶然にもその募集について知り作品を投稿しました。

投稿してからしばらくして…製品化決定のお知らせがきました。そこから、TRINUSとのプロジェクトが始まりました。

投稿した当時は、新しい技術を活用したデザインを実現できるというワクワク感がありました。イメージしたものを実現するためにどんな方法をとればいいのかとても為になる取り組みだったと思います。こうした中で、デザインをブラッシュアップしたり、試作やパッケージの実現に向けて代表の佐藤さんと連絡を重ねました。しばらくして、リモートのバイトのような形でTRINUSのデザインを少しづつ手伝うようになって、2017年の春に正式に社員としてジョインすることになりました。なので、デザイン投稿したことがキッカケかなと思います。

Q2『佐藤さん(弊社代表取締役)の印象は?』

あまり堅苦しい感じのものはなかったと思います。佐藤さんに初めに会ったのは、お皿のサンプルがあがったと聞いて訪れた、インテリアライフスタイル展だったと思います。それまでにメールでやり取りをする中で、気さくな人だとは思っていました。その後パッケージの打ち合わせや取材の対応などで、顔を合わせる機会が増えました。その後、面接らしきものは確かあったと思いますが、はっきりとは覚えていません。そこまで改まった感じではなかったと思うのですが…緊張していたのかもしれません。



Q3『実際どんなお仕事をしているんですか?』

主にデザインの仕事を中心に回しています。商品化の際に必要なビジュアル・データ作成、編集から、小売店から受けた商品のプロダクトデザイン、コーポレートアイデンティティのビジュアル化をはじめ、TRINUSロゴの調整や名刺・封筒など様々なVIの作成にも取り組んでいます。商品カタログやパンフレット、販促物の作成、調整や手配にも取り組んでいます。それ以外にも実は、デザイン以外にも、小売店への商品の提案や展示会後のバイヤーフォローなども行っています。どんなお店にどの商品が好まれるのかを見れるので将来的に様々なデザインに取り組む際に役立つのではないかと思います。



Q4『一番やりがいを感じた仕事、出来事はありましたか?』

今まさに取り組んでいる某お花屋さん向けのプロダクトデザインですね。こんな物があったら…というかたちの無いところから、スケッチに起こし、図面をひいて、試作を重ねる。見積もりを取るためにメーカーに電話したりして…試作が上がってくると、図面が手に触れるものになったなと、ひいた線を形として実感できます。やりがいがあると思いませんか?



Q5『働いていて一番楽しいことは何ですか?』

いつも新しいテーマがあることです。次は何が来るのかなとドキドキしていますが、答えが見えているものは往々にして面白くないので、いつも新鮮なテーマで 楽しく取り組めますね。



Q6『会社の雰囲気は?』

それぞれが違う能力を持っていて、TRINUSを動かすために様々な見方をしているし、レスポンスが早いのがいいですね。オフィスの空間も落ち着いた印象で快適に仕事ができるなと思います。






Q7『TRINUSの良いところは?』

新しい技術、埋もれた技術に出会うことができて、様々な人の手を介して形にできるところは、皆さんお気づきだと思います。中小企業から大手企業まで、シーズ技術が存在する分だけ可能性がある。可能性の分だけ、一生懸命になって取り組んでいる人たちがいるんだということを気づかせてくれるのも良いところだと思います。加えて、プラットフォームの輪郭が拡大している途中なので、デザインの対象に制限がないところも魅力的です。これから形作っていくこともできるし、もっと良くしていくこともできる。もしかしたら全く新しい取り組みに関われるかもしれないという、ワクワク感が溢れています。



Q8『瑛才さんの現在の目標を教えてください!?』

一つ一つの仕事を丁寧にしっかりと仕上げることですね。とにかくしっかりと仕上げる。目標と言えるのかわからないくらい単純ですが、誰かの手に届けるものを作る会社なので、嫌な思いはなるべくしてもらいたくないなというのが大きいです。しっかりとした仕上がりが、みんなの為になっていくのではないかなと思っています。



『トリナスに興味のある方に一言お願いします!』

まだ輪郭がはっきりとしていないからこそできる考え方や、仕組みがここにはあると思います。取り組んでいるテーマは多岐にわたりますし、可能性が十分にあると思います。一方から見ればコミュニティサイトのようですが、他方デザイン事務所のような面もありますし、オンラインストアでの販売や、小売店との取り組みなど、幅広い活動のベースがあると思います。柔軟に様々な視点を持つことができるので、「デザイン」の取り組みができるのではないかなと思います。

株式会社TRINUS's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings