1
/
5

《TRINIAS INTERVIEW #21》年商100億円規模の会社にすることを目標に、リーダー層教育を強化中。これまで約7年間、トリニアスと共に成長してきた。

こんにちは!トリニアス広報部の鈴木です。

今回は、デジタルマーケティング事業部でリーダーを務めており、昨年から新卒採用にも携わっている井波さんにインタビューを行いました。
トリニアスは今年で10年目となりましたが、井波さんは入社7年目!ということで、トリニアスメンバーの中ではかなり長く働いている方なんです!そんな井波さんに入社をしたきっかけや現在の業務について、また新卒採用にかける想いなどをお話していただきました。

井波 雅臣(Masaomi Inami)
福岡県出身、神奈川県で育つ。高校時代は「働きたい」という想いが強く、アルバイトを3つ掛け持ちしていた。2013年12月にトリニアスへ入社。現在はデジタルマーケティング事業部のリーダーとしてマネジメントをはじめ、お客様へのコンサルティング、お客様向けのオンラインセミナーなどを行っている。趣味は料理をすること。

└まずはトリニアスに入社した経緯を教えてください!

大学時代、友人2人と「自分達の力でお金を稼ぎたい」という一心からインターネットの通信販売などのビジネス活動をしていました。その代理店としてトリニアスの山口代表にお会いして、初めはトリニアスのパートナー社員として働くことになったんです。
働き始めて3ヵ月が経ち、一緒に仕事をしていた友人2人は大学との両立が難しく辞めてしまいました。その際に山口代表から「パートナー社員ではなく内部(トリニアス)に入って勉強してから独立しても良いんじゃない?」とお誘いをいただき、正式にトリニアスへ入社することになりました。

元々働くことが好きだったため、「みんなで会社を盛り上げていこうというトリニアスのポジティブなマインドに惹かれ、ここなら間違いない!と感じたことも入社を決めた理由の一つでしたね。


└井波さんは入社されて7年目ということで、社員の中でもかなり長く働かれている方かと思いますが、どのような組織変化を感じますか?

人が増えたことが一番の変化ですね。入社当初は社員1人入ってくることが一大イベントでした(笑)20卒から新卒採用を始めて、春になると一気に社員数が増えて、、、というのは昔じゃ考えられないです(笑)
今までは自分と似たような「自分達の力でお金を稼ぎたい」という考えをもつ社員が多かったのですが、今はそれぞれ特性があり様々な活動ができるメンバーが増えたと思います。

また、2020年以前は中途入社が大半だったこともあり、何となく「これは分かるでしょ?」というスタンスで働いているところがあった気がします。ですが、新卒社員を迎え入れるようになってからは研修制度などの教育面をはじめ、会社全体の見直しができるようになってきたように感じていますね。

└現在はどのような業務を行っていますか?

デジタルマーティング事業部で主にバックオフィス業務やコンサルティングを行っています。中でも、コンサルティングがメイン業務です。トリニアスが提供しているMEO対策サービスに契約されているお客様にフォローの電話を入れています。

また、以前お客様に満足度を伺った際、そもそもMEO対策について理解していないお客様が多かったこともあり、そこを解決するためにお客様向けにオンラインセミナーを始めました。
オンラインセミナーでは、デジタルマーケティングの基礎的な知識を身につけてもらえるようにしています。このサービスを始めてから、今までは必要な時しか連絡がなかったお客様から「新しいサービスを始めたのでホームページを作成しようと思っているんですが、トリニアスさんでやっていただけますか?」などMEO対策サービス以外のご相談をしていただけるようになりました!


└リーダーとしての顔もある井波さんですが、マネジメントに関してやりがいや苦労したことはありますか?

部下の成長を実感した時にやりがいを感じますね。もちろんお客様から「井波さんとお話しできて良かった」と言っていただけることもやりがいの一つですが、リーダー視点・マネジメント観点だと、部下が1ヵ月前にできなかったことが当たり前にできている姿を見ると「あぁ良かったなぁ~」と感じることができます。
実際に何名かの部下から見られるのですが、それぞれアイデアを出してくれるようになったことが成長したと感じる部分です。新しいアイデアを提案するということは、誰かのために何かできないか?と考えてくれている証拠だと思うので、僕自身も嬉しい気持ちになります。

逆に苦労したことは、物事が上手くいっていない時に部下と自分の価値観をついつい一緒にしてしまいそうになっていたことでしたね。ですが、「常に相手は最善を尽くしている」と意識することが大事だと感じるようになり、相手の最善の行動をどのように引き上げてあげれば良いのかなど、自分にベクトルを向けられるようになりました

└昨年から新卒採用にも携わっている井波さんですが、21卒・22卒を見る中で共通していると感じたことや、ここは違うな~と感じたことはありますか?

新しいことにチャレンジしたい!成長したい!という気持ちが強い学生さんが多いところは共通していましたね。特に「その仕事は自分ではなくてもできる仕事なんじゃないか?」という感覚をもっている方が多く、裁量をもって働き、少人数だからこそ「何をやるかより、誰とやるか」など人にフォーカスしているところが似ているような感じがしました。

逆に異なると感じたところは、時代と共にデジタルマーケティングに挑戦したいという人が増えていること。また、コロナ禍ということもあると思うのですが、時代に自ら合わせて模索していくような方が増えている気がします。
そして、次第に求める「安定」も変わってきていますね。 "大手に就職する" という安定思考の方ももちろんいるはずですが、この先の自分のために長く役立つようなスキルを身につけることに視点を向けている方が多いように感じます。

僕自身は新卒採用に関わるようになって、学生のみなさんから刺激をたくさんもらえるようになりました!この環境下での就活は大変だと思いますが、今やれることを一生懸命やろう!という学生さんが大半で、それぞれががむしゃらに物事に取り組んでいるエピソードを聞いて、こちらもメラメラしています!(笑)


└これから23卒採用も始まりますが、井波さんはどんな人と一緒に働きたいですか?

ポジティブな方と一緒に働きたいです!一見するとネガティブな出来事に対しても「やってやろう、という気持ちで頑張れました!」と、逆境を楽しめるような人が良いなと思います。同じ仕事でもポジティブな考えに変換して取り組めるかどうかで変わってくるので、前向きに捉えられる人は強いはずです。


└最後に、井波さんの今後の展望を教えてください!

トリニアスを年商100億円規模の会社にすることが大きな目標です。
そして、事業会社のトップとして会社経営を行うことも僕の目標の一つにあります。

目標達成に向けて、リーダーを育てていくことが大事だと考えています。リーダーを育てるために、以前よりも研修の頻度を増やすようにして、自身が取り入れた情報を積極的に部下たちに発信するようにしています。
今後もトリニアスを大きくするために、リーダー層の教育に注力していきます!

株式会社トリニアス's job postings
49 Likes
49 Likes

Weekly ranking

Show other rankings