1
/
5

《TRINIAS INTERVIEW #25》パティシエからマーケティングへ"0からの挑戦"。仲間想いの彼女が大切にしている、リーダーとしての心得。

こんにちは!トリニアス広報部 インターン生の中田です。

今回は、デジタルマーケティング事業部で施策チームのリーダーを担っている畑山さんにインタビューを行いました。トリニアスに入社するまでの経歴やリーダーとしての心得などをお話いただいたので、ぜひ最後までご覧ください!

畑山 由理奈(Yurina Hatayama)
大学では教育学を専攻。「スイーツで人を笑顔にしたい」という想いが止まず、4年間アルバイトで務めていたケーキ屋に就職。その後、建築会社の事務職を経験したのち、2019年4月にトリニアスへ入社。現在はデジタルマーケティング事業部 施策チームのリーダーとして従事している。

└まずはトリニアスと出会うまでの経緯を教えてください。

高校卒業後、幼少期からの夢であったパティシエになるべく専門学校への進学を考えていました。ですが、両親が共に教員だったこともあり反対されてしまい…。大学へ進学して幼稚園と小学校の教育免許を取得しました。しかし、在学中もパティシエになる夢を諦めきれず、ケーキ屋さんでアルバイトを始めました。私が作ったお菓子で "人を笑顔にできる" という点にとてもやりがいを感じていたので、両親の反対を押し切り当時のアルバイト先に就職をすることにしました。

ケーキ屋さんでの仕事はとても楽しく人間関係にも恵まれていたのですが、働いていく中で体力的に限界を感じる場面が多々あり、転職を決意しました。健康的な生活を送りたいと考え、土日休みかつ定時で退勤することができる建設会社の事務員として再就職しました。しかし、ここでは規則正しい生活を送ることができる反面、仕事に対してのやりがいを感じられなく、2度目の転職…。「とにかく自分が思うままに行動してみよう」と転職サイトに登録した際、トリニアスの人事の方からスカウトをいただきました。


└タイミングの良いトリニアスとの出会いだったんですね!入社を決めたポイントは何でしたか?

決め手は2つあります!1つ目は面接を担当してくださった役員の気さくな人柄や社員に対する熱い想いを聞いて、直感的に "この人についていけ大丈夫だ" と感じたことです。2つ目は、社員1人1人の挑戦をサポートしてくれる点。前職では年功序列で組織が構成されていたため、枠にはまった業務内容をこなす日々でした。トリニアスはどんどん挑戦することができる環境があり、新しいことを始められるワクワク感にとても魅力を感じました。また、私が入社した時は今よりも発展途上だったので、「私も一緒に会社を創り上げていくことができる」と感じられたことも入社を決めたポイントです!

└現在の業務内容を教えてください!

主に、店舗の新規集客に特化したMEO対策を行っています。MEO対策とは、店舗の情報をGoogleマイビジネスに反映させ、地域と目的で調べたときに上位3位に表示させる施策のことです。特定の店舗を上位表示させるためには、GoogleのAIに良い店舗だと認識してもらう必要があります。そのため、常に最新情報に更新できるよう営業部やお客様と協力して店舗情報を充実化させています!Googleのアルゴリズムは日々変化しているので毎朝出社したら必ず進捗確認を行い、ちょっとした変化を見逃さないようにしています。


└未経験からマーケティングを行う上で、大変だったことはありますか?

まず、知識を1から身に付けることがとても大変でした。そもそも「マーケティングって何?」から始まりました(笑)疑問に感じたことはどんな些細なことでもノートに書き留めておいて、上司に質問したり自分なりに調べてみたり…。小さな積み重ねですが、疑問点を1つ1つ解消することで自然と知識が身に付いたと思っています。

あとは、お客様が求めている情報項目を見つけ出すことが難しかったです。店舗集客において、お客様が求めている情報や魅力に感じる情報をGoogleマイビジネスに反映することが重要です。特定の店舗にお客様を集客するためにはどのような店舗情報が必要か?、常にお客様の立場に立って考えることを大切にしていきました。


└約10名程メンバーが在籍するチームをまとめている畑山さんですが、リーダーとして働くうえで大変だったことや、いつも心がけていることはありますか?

学生時代からリーダーとして人をまとめたり・人前で話すことがとても苦手だったので、まさか自分がリーダーとしてみんなを引っ張って行く立場になるなんて全く想像していなかったです…。そのためチームのメンバーが増えていくごとに、”私がみんなを引っ張らないといけない” と自分自身でプレッシャーをかけすぎていました。ですがある時、他のリーダーたちのようになれなくても、チームのみんなが意見を交換し合える環境を構築することが私のリーダーとしての役割なのでは?と感じるようになりました。実際には、自己開示の時間をつくったり、人狼ゲームをしたり、ストレッチをしてみたり。他のチームではやっていないことを積極的に取り入れ、チーム全体で楽しい時間を共有することにしました!
その結果、タテヨコナナメ関係なくコミュニケーションを取ることができる雰囲気へと変化し、MTG内での意見交換もとても活発になりました。みんなの意見を聞くことで、こんな見方があったのか!と感じる部分が多く、私自身の成長にも繋がっています♪
リーダーとして働く上で、"私がみんなを引っ張り成長させる" のではなく "みんなで一緒に成長していく" という気持ちを一番大切にしています!


└チームのみんなが働きやすい環境づくりをされているんですね!畑山さんはこれからどんな方と一緒に働きたいですか?

些細な変化に気付ける方、働くことに楽しさを見出すことができる方と働きたいです!MEO対策を行うにおいて重要なスキルは、小さな変化でも見逃さない課題発見能力だと考えています。また、とにかくPCと向き合ってデータ入力していくことも多いので、自ら面白いポイントを見つけられたり働きやすい環境をつくっていける柔軟な方とどんどん施策業務の楽しさを見出していきたいです!


└最後に畑山さんの今後の展望を教えてください。

デジタルマーケティング事業部としてはMEO対策だけではなく様々なサービスを展開し、「店舗の新規集客対策=トリニアス」と連想していただけるようになるのが目標です。
今まで培ってきた店舗集客の情報をもとに、より一層MEO対策に注力しつつSNSの代行や外国人向けの店舗集客など現時点で取り組み始めているサービスの充実化を図ります。そして1つ1つの店舗に適した集客方法をご案内し、より手厚いサポートを行うことで目標である「店舗の新規集客対策=トリニアス」を実現していきたいです!

株式会社トリニアス's job postings
50 Likes
50 Likes

Weekly ranking

Show other rankings