1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

《TRINIAS INTERVIEW #5》「本当に頑固な人間だった」プライドを捨てて見えた道

こんにちは!トリニアスの採用広報担当 丸山です☺︎

記念すべき#5は、デジタルマーケティング事業部から!小林拓郎さんをご紹介します!

小林拓郎(Takuro Kobayashi)

30歳までミュージシャンを目指していた。しかし、本当にやりたいものとのズレを感じていた時、以前から付き合いのあったトリニアス現役員に誘われ、トリニアスに入社。営業の仕事に、将来性と魅力を感じた。現在はデジタルマーケティング事業のサジェストチームに従事している。

└トリニアスに入社してから大変だったことやそれを乗り越えられたきっかけはありますか?

営業としてスタートしたばかりの頃は、本当に頑固な人間だったと思います(笑)常に目標達成を目指していましたが、自分のやり方での達成を重視している部分があったため、結果が全くでない時期がありました。そんな時に先輩から、「プライドを捨てる重要さ」「素直に受け止めてすぐに改善することの大切さ」を教えていただきました。

それからは、結果が出ているメンバーにアドバイスを求め、素直に実行していくことで自ずと結果もついてきました!何より変わったのは、周りに協力される機会が圧倒的に増えたことです。ファンをつくることができるようになったことは、自分の中で大きな成長だと感じています。


└仕事の醍醐味は何ですか?

今はチーム目標を達成させることが一番なのでチームメンバーの人生を背負い、責任を持っているということに難しさを感じます。一丸となって取り組み、達成できた時は何よりも嬉しいですし、やりがいを感じます!

トリニアスでは、1人1人が自分自身のビジョンに向かって仕事ができるように、中長期での目標をすり合わせて毎日仕事をしています。しかし、どんなに考え抜いたものであっても「今の仕事は自分のビジョンにつながっているのだろうか?」と不安になることは誰しもあると思います。その度にメンバーと向き合い、目標の修正や一緒に夢を描き直したりします。

人生の責任を持つので「楽しい」と同時に、「責任の重い」仕事だと感じています。メンバーがぶち当たった壁を全力で乗り越えて成長したり、夢に近づいている姿を見ると本気で向き合ってよかった!!!と感じることができます。

、、、、、?!


└どんな人と一緒に仕事をしたいですか?

同じビジョンを持って仕事ができる人とぜひ一緒に仕事がしたいです!それから、何でも言い合える人どんなことにも一生懸命で、喧嘩できるくらい本気で向かってきてくれる人に来てほしいです!

また、自分の経験から素直さが大切です!(笑) 仕事をしていると納得いかないことも多々あります。ただ、経験を踏まえた先輩のアドバイスや叱っていただいたことは間違いなかったです。

素直に受け止めて行動に移す、そういった人が成長していくと思っています。一緒にトリニアスを創っていきましょう!

、、、、、笑

株式会社トリニアス's job postings
31 Likes
31 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more