This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

Railsの勉強会で「Trailblazer」の話をしました

Tech Lead Engineerから最新技術を学べ!Ruby on Rails編という勉強会にスピーカーとして呼んでいただいた。

「Rails✕◯◯でコアでマニアックな技術」というなかなかハードルの高いお題で、それをクリアできたかはちょっと自信がないが、トリビューで使っている技術の紹介も兼ねて「Trailblazer」について少し話をしてきました。

トリビューのウェブアプリケーションはバックエンドがRails、フロントエンドがReact/Reduxというプレーンな構成です。
Railsと合わせてTrailblazerを使うことで、Railsがお世話してくれない「ビジネスロジック」をどう定義、記述するかというところを明確にできるため、トリビューぐらいの中規模アプリケーションではとても重宝しています。

たとえば、「記事の作成」というような処理であれば、下記でバリデーションや保存の処理まで記述できます。(もちろんモデルにバリデーションの定義をすることなく)

class ArticlesController < ApplicationController
def create
result = run Article::Create

return render :new if result['validation.invalid']

redirect_to article_path(result[:model])
end
end

class Article::Create < BaseOperation
step Model(Article, :new)
step :assign_user!
step Contract::Build(constant: Article::Contract::Create)
step Contract::Validate()
failure :handle_validation_error!, fail_fast: true
step Wrap(TransactionBlock) {
# some steps in the same transaction here.
step Contract::Persist()
}
failure :handle_internal_error!

private

def assign_user!(options, current_user:, **)
options[:model].user = current_user
end
end

その他の処理はサンプルコードを用意したので、よければ参考にしていただければ幸いです。(指摘もあればしてほしい)

なかなかrcがとれないが、v2.1になり、インターフェースの整理やマクロの追加/拡張、周辺ライブラリの追加などもあって、よりシンプルに記述量少なく記述ができるようになりました。
Railsで新しいプロジェクトを立ち上げ、かつ超大規模なところまで想定しなければ、とりあえず入れておくには良いのではないかと思います。

一緒に働きましょう

トリビューではエンジニア、営業などなど、色々な職種を募集中です。
少しでも興味あれば、お話しましょう。

株式会社トリビュー's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more