1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

創業4期目スタートアップの、ロマンとそろばんを語り合う「ROMAN SUMMIT」(全社総会)って?

今回は、先日TORIHADA全社で開かれた第4回「ROMAN SUMMIT」をご紹介をします!


「ROMAN SUMMIT」とは?

私たちはROMAN SUMMITを、「半期に一度、全社でTORIHADAの未来について語り、共有し合う場」と定義づけています。

足下の業務から一旦離れ、こうした機会でロマンを分かち合うことで「また明日から頑張ろう!」とベクトルを合わせることが目的です。


4回目となる今回の「ROMAN SUMMIT」は、dotcom space Tokyoという会場で開催され、TORIHADAメンバー総勢36名ほどが参加しました。

※プライバシー保護のため、一部モザイクを使用しております。

▼第1回、第2回、第3回目のROMAN SUMMITの様子は下記よりご覧ください!




今回はコーポレートの高山による渾身のオープニングムービーからスタートしました!

2020年4月1日~2021年3月31日までのTORIHADA・PPP STUDIOの実績やトピックス、直近ジョインしてくださった方々の紹介など、この1年をしっかり振り返れるムービーでした!

オープニングムービーのクオリティの高さ、そして圧倒的なクリエイティブに皆さん引き込まれていました。


今回は下記のプログラムで進行しました。

【第4回ROMAN SUMMIT プログラム内容】
・大社社長による1年(3期目下半期~4期目上半期)の振り返り、今後のTORIHADAについて
・若井取締役による今後の事業戦略について
・上半期表彰 TORIHADA AWARD


大社社長のプレゼンでは、2025年上場を目指していくにあたって、TORIHADAとしてどう挑んでいくか、TORIHADAメンバーにどういう存在になっていって欲しいかなど、今後TORIHADAをワンチームで大きく成長させていくための「ロマン」が語られました。

※TORIHADAでは『ロマンとそろばん』を常に提唱しています。ロマン=組織全体で大事にしている理想、そろばん=経営に必要な数字とし、「ロマンとそろばんの両立を意識しよう!」と日々話されています。

次に、若井取締役からは、新体制の発表と今後の事業戦略についてのお話がありました。

今後TORIHADAが挑戦していく全ての事業で『No.1に拘る』を目指していくための事業戦略、「そろばん」の部分を話してもらったことで、全社員がここからの半期の目標を再確認できました。

そして、ROMAN SUMMITの後半には、上半期表彰『TORIHADA AWARD』を開催しました!

下記の賞が、各カテゴリでTORIHADA全社の成長に繋がる成果を残した人材、プロジェクトに送られました。

・ベストプレイヤー賞

・ベストスタッフ賞

・ベストマネージャー賞

・ベストプロジェクト賞

・社長賞


ベストプレイヤー賞受賞者は・・・石川愛佳さん

受賞コメント

「名前が呼ばれたときに鳥肌が立ちました!このような賞をいただき、ありがとうございます!

入社した時にMVPを獲ると上長に宣言していたので実現できてとても嬉しいです。

入社して半年たちますが、新しいメンバーも増えてきていて、より一層周りの方々に支えていただきながら働けているなと感じます。この環境に今後も感謝しながら、チーム一丸となって頑張っていきたいなと思っています。

これからも未熟な私ですが、全力で頑張っていきますのでよろしくお願いします!」

石川さんのインタビュー記事はこちら↓



ベストスタッフ賞受賞者は・・・高山千尋さん

受賞コメント

「この1年は最初の半期は現プロデュース局にて営業をしていたんですが、営業という職種だと働き方的に自分の夢を叶えるのが少し難しかったので社長に相談させていただき、コーポレートに異動させていただきました。

今はコーポレートのメンバーにも恵まれ、働きやすい環境で働かせてもらっているなと思うと同時にこれまでの営業経験やプロデュース局での映像制作の大変さを経験してきたことが今コーポレートで活かせているなと思います。

個人的には思い入れの強いプロデュース局が事業として縮小するということに悔しさもあるので、コーポレートでしっかり会社を支えつつ、またプロデュース局の映像制作事業がTORIHADA事業の主軸となれるように私がやれることはやっていきたいなと思っています。これからも皆さんのサポートに感謝しつつ頑張りたいとい思います、この度はありがとうございます!」

高山さんのインタビュー記事はこちら↓


ベストマネージャー賞受賞者は・・・原田直道さん

受賞者コメント

「こうやって写真見るとほんと太りましたね(笑)

1年前と今を比較すると組織の規模も大きくなり、単月の粗利も約10倍まで伸ばすことができています。これも新しくジョインしてくださったメンバーの方々のおかげだなと思っています。

次の1年もさらなる成長を組織として目指し、またこの場に立ちたいなと思います。

この度はありがとうございました!」

原田さんのインタビュー記事はこちら↓


ベストプロジェクト賞受賞者は・・・PPP MCNチームです!

代表して福圓真人さんに登壇していただきました。

受賞者コメント

「まさか受賞できると思っていなかったので大変嬉しいです、ありがとうございます!

ただ今ここに私が立てているのも、PPP STUDIO立ち上げメンバー含め、PPP STUDIO内のD2Cチーム、A&Rチーム、そしてTORIHADAの営業チームの皆さんのご協力いただいていることが非常に大きいなと思っております。

引き続きPPP STUDIO日本一を目指しますのでよろしくお願いいたします、ありがとうございました。」

福圓さんのインタビュー記事はこちら↓


社長賞受賞者は・・・上田広宣さん

社長賞は社長が表彰者を選出し、運営チームも知りませんでした!

受賞者コメント

「入社してから5か月ほど経ちますが、この5か月を振り返るとこれまでやったことのない’コーポレートを作っていく’というミッションだったので正直まだ満足できていないなという部分もあります。

そもそも社長賞を私以外の方が獲れるように会社を作っていくのが私のミッションだと思うのでもっと頑張らないとなと思っております。

ここから先の下半期というところで私の本来的な価値といいますか、貢献すべきところであるファイナンスというところをどんどん進めていければと思います。そしてファイナンスを進めていった先には皆さんが作られる事業の価値というところになってくると思うので、いち早くファイナンスを決めてもっとTORIHADAという会社が良くなるように頑張っていければと思います。引き続きよろしくお願いいたします。」

上田さんのインタビュー記事はこちら↓


受賞者それぞれの上半期にかけた熱い思いに他メンバーもじっと耳を傾けていました。

今回受賞された皆さん、本当におめでとうございます!

※撮影時のみマスクを外しています。

今回3回目のTORIHADA AWARDでしたが、前回参加していない新しいメンバーが多いこともあり、今回の表彰を見て「次はベストプレイヤー賞獲ります!」や「社長賞目指します!」など日報に書いてくれるメンバーが数多く見受けられました。

次回は半年後開催を予定しております。続々と新メンバーもジョインしておりますので、次の半年もまたTORIHADAにとって飛躍の下半期となるよう全社一丸となって、精進してまいります!

次回の社長賞は誰か、乞うご期待!

株式会社TORIHADA's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more