1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

「エンタメといえば辻井だよねって言われたい」大手芸能事務所でマネージャー経験を積んだ彼がPPP STUDIOで成し遂げたいこととは?

今回は大手芸能事務所2社で8年ほどアーティストやアイドル、俳優のマネージメント経験をされた辻井さんに「なぜTORIHADAに転職?」など芸能業界のリアルについてオンラインにてお話を聞きました。


辻井 敬太(つじい・けいた)
スターダストプロモーションに入社後、有限会社YARDに転職。
株式会社TORIHADAに入社し、PPP STUDIO株式会社にてクリエイターのマネージメントを担当。
趣味はダンス、お酒、ゲーム。

転職活動時、TORIHADAが私の中で圧倒的1位だった。”鳥肌の立つ感動”をここで一緒に作っていきたいと思った。

ーTORIHADA入社までの経歴を簡単でいいので教えてください。

高校卒業後、家業である広告代理店で働きながら20代半ばから俳優を目指していたんです。

しかし、夢破れてしまい、さらに追い打ちをかけるように家業が倒産してしまったんです(笑)

ちょうどそれが三十路手前でした。

今後のキャリアはどうしようと考えた時に、20代半ばに目指していたエンタメ業界で自分が叶えられなかった夢を裏方として、縁の下の力持ちとなって人の夢を叶えたいと思ったんです。

そこで芸能事務所に入り、マネージャー業に就きました。初めての業界で最初は戸惑うことばかりでしたが、結果自分に合った職業に出会えたなと思います。


ーTORIHADAを知ったきっかけ、転職を決めた経緯を教えてください。

転職しようと思ったきっかけはコロナに見舞われてエンタメ業界、芸能業界がアナログ過ぎるということに気付いたことですね。

コロナ前からそのように感じる事象は起こっていたんですけど、より一層デジタルに対して弱いと痛感するようになったんです。

これからはやはりデジタル領域を極めないとこの先芸能も生きていけないだろうなという私なりの分析の元、芸能という分野から離れてデジタル方面を極めたハイブリッドなエンタメを創出できればなと転職を決意しました。

主にエンタメ×デジタルに注力している面白そうな事務所はないかと様々な求人を見ていました。その中でTORIHADAに出会いました。

TORIHADAのビジョンである”個のエンパワーメント”だったり、”鳥肌の立つ感動”、そこに「この会社やべぇ」って感じました(笑)ここまでこういうことを言い切るかっていうというところに共感したんです。

”感動”というのは私が通ってきたアーティストのマネージメントというところと共通しているんです。

例えばLIVEツアーを実施した時、いざ本番!とアーティストがステージに登場して最初に起こる歓声に私は感動を覚えていたタイプなんです。

この歓声のためにツアー準備期間はほぼ毎日裏方として終電まで準備して、エンタメとしての”鳥肌の立つ感動”を実際に味わっていました。

なのでTORIHADAのビジョンに共感できたというか、この会社だったら自分のエモーショナルな部分と何かクロスできそうだな、この会社に入りたい!と思ったんです。

正直いうと他社も受けていましたが、他社と面談をさせていただいた時にピンと来なかったんですよね。

自分がこの年齢でここに転職して熱意持って、共鳴できるものがあるかな?と考えたときに無かったんです。

TORIHADAとの面接では非常に今後の可能性を感じましたし、私の中では圧倒的1位だったので迷う余地すらなかったです。


現場メンバーと辻井さん(右)


ー実際にTORIHADAで面接した際に心に残っている言葉などはありますか?

ありすぎてどの言葉をチョイスしたらいいんですかね、ありすぎて選べないです(笑)

大社社長との面接は1時間半位だったんですけど、大社社長の熱いお言葉や石川さんのインタビュー記事でもあったスイミーのお話だったり、全てが僕からしたら前職と通ずるものがありました。

エンタメ領域、TikTok事業、エンタメ×デジタルのお話をさせていただいた時の大社社長や若井取締役の言葉が全て刺さりましたし、それと同時に非常にワクワクしたのを覚えています。


ーTikTok事業にも興味があったんですか?

TikTokでのバイラルは音楽のセールスに非常に大きな影響を与えるので、前職でレコード会社とのやり取りなどでかなり意識せざるを得ない場面が多かったんです。

なので元々興味はありましたし、もっと勉強して仕事に活かさないとなと思っていました。

また、実際に前職においてデジタル活用が遅れているなと感じたことは多々ありました。良くも悪くも私が担当していた領域は会社の方針として少し閉鎖的といいますか、SNSの活用などを重要視していなかったんです。

そういった方針の中で、いざコロナ禍でエンタメ×デジタルの営業を受けた時に、IT関連の横文字に対して「どういう意味だろう?」から始まるので芸能業界はいかにデジタル領域で遅れを取っているか実感しましたし、危機感を持ち始めていました。

なので今TikTok事業を通してエンタメ×デジタル領域を学べているので、より一層極めていきたいと思っています。

若いメンバーが多いからこそ刺激があって学びも多い。経験者として何かを作り上げる面白さを発信していける存在でありたい。

実際にPPP STUDIOで働いてみてどうですか?

基本的にはメディア領域でのお仕事の獲得、外部との交渉、クリエイターさんの現場への帯同・ケア、オーディションの提供をしています。あとはPR案件の進行に関わったりもします。前職の繋がりでの案件をいただけたりもしています。

実際に働いてみて難しいなと感じるのは圧倒的に所属人数が多いところもありますが、1番はクリエイター毎に方向性が違うところですかね。

例えばクリエイターAさんは女優になりたいが為にTikTokを足がかりとして利用しているから所属していたり、片やクリエイターBさんは偶然PPP STUDIOにスカウトされたから、将来芸能の道は特に検討していないけど所属しているなど個々によって方向性が異なるんです。

もちろん前職の芸能事務所の場合は、所属している人は目指しているもの、方向性が同じですがPPP STUDIO所属のクリエイターさんの場合は異なるので、異なるベクトルの整合性というか、クリエイター毎に向き合い方を変えてケアするという部分で難しいなと感じています。

個々の方向性が異なる分、一人一人としっかり向き合うように心がけています。

月に一度の定期的な個別面談でコミュニケーションを図ってメンタルケアをしたり、何気ない会話でちょっとした変化に気付けたりもするので、そういうところでそれぞれのクリエイターさんとの関係性を築いています。

逆に何かあれば叱咤激励して欲しいですし、こういう仕事持ってきて!とクリエイターさん側から言ってもらえるような距離感、関係性でありたいなと思います。

私としてはデジタル領域でのマネージメントが初めての経験なので毎日が新鮮なんです。

エンタメ×デジタルの領域はまだまだ新しい可能性がたくさんあります。その可能性を作り上げられているという実感があるので、ワクワクしながら働けています。

また、TORIHADAは若いメンバーが多いので非常に刺激的で、勉強になるところも多いです。

やはりエンタメ業界は若者が作り上げている部分もありますし、若いメンバーの方が感覚を掴むのが早いなと感じます。

なので、自分よりも若いメンバーが多いことにネガティブな印象は一切なく、逆に彼らからどんどん吸収していき、自分も負けないぞと奮起し、精進していきたいなと思います。


ー芸能業界でのキャリアも長く、若いメンバーが多いTORIHADAの中では年長者の辻井さんですが今後どのような存在でありたいですか?

これまで芸能業界において培った経験や知見を活かして、自分ならではのアウトプットで”感動”を生み出し、若いメンバーにその姿を魅せていきたいです。

やはり新人のスカウトや育成など、マネージメントって経験が必要な部分もあると思うんです。

若いメンバーより経験は積んできていますし、ある程度勘所も押さえられていると思うので、そこを活かして何かを作り上げる面白さを発信できる立場でありたいですね。

「エンタメっていえば辻井だよね」「辻井なら間違いない」とTORIHADAメンバー全員に言われるぐらいの存在になりたいと思います。



ーTikTokクリエイターのマネージメントと前職でのマネージメントでの違いはありますか?

違いは先述したクリエイターそれぞれの方向性が異なることぐらいですね。

芸能の場合は何となく事務所に所属している人は淘汰されていく傾向ですが、TikTokクリエイターさんの場合はその必要性はないと考えています。

TikTokクリエイターさんの場合は、本人のやる気の度合いも勿論ですが、フォロワー数やコンテンツ内容等が指標となるのでMCNとしてはそういった部分を重視していく必要がありますね。

前職と同じマインドで向き合っていますが”温度感”という部分で少し悩むことはありますね。

従来の芸能マネージャーだと熱くいかないとダメなんですが、今はクリエイターさんのそれぞれ方向性が異なる分、こちらが熱すぎると離れていってしまうリスクもあると思うんです。

その個々への温度調節という部分は難しいなと日々痛感していますね。エモーショナルな熱いパッションは秘めつつ、どこまでぶつけていいのか、出力の加減に悩む場面は多々あります(笑)

PPP STUDIOのアイコンとなるマルチインフルエンサーを創出したい。デジタルを活かした戦術でインフルエンサーをアーティスト化させたい。

ーPPP STUDIOの強みってなんだと思いますか?

1つは有名TikTokクリエイターを多数抱えているところですね。

もう1つはクリエイターを多数抱えているところにも繋がりますが、若井社長のPPP STUDIOにかける尋常じゃない熱量がクリエイター間で話題になっているところです。

「PPP STUDIOっていい事務所らしいよ」「PPP STUDIOってお仕事たくさんもらえるらしいよ」と口コミで広がったおかげで所属クリエイター、そして様々なお問い合わせ等も増えているのでそこは強みだなと思います。

ありがたいことに前職の繋がりで、PPP STUDIO所属クリエイターを起用したいと案件の話をいただいたりしているので、PPP STUDIOが同業界内で噂になっていることはすごいことだなと実感しています。



ー今後PPP STUDIOで仕掛けていきたい、チャレンジしたいことはありますか?

今絶賛若井さんとも話していますが、音楽系インフルエンサー化というものをプロジェクトとして進めていきたいと思っています。

入社面接時に役員のお二人にもお伝えしたのですが、自身のこれまでの経験を活かしてインフルエンサーを音楽業界で活躍させたいと前々から考えていました。

要はハイブリッド型のクリエイティブをしたいんですよね。まずはエンタメ×デジタルというところでインフルエンサーをアーティスト化させていきたいなと。

インフルエンサーをメディア進出させ、デジタル・マスメディアの両方のマーケットを握れるタレントというよりか「インフルエンサー」をPPP STUDIOのアイコンとして私は創出したいです!

5年後は”TORIHADA MUSIC”の代表になっていたい。アーティスト支援を一気通貫で行える場所を作りたい。

ーTORIHADAは5年後上場を考えていますが、その時に辻井さんはどのようになっていたいですか?

先述したアーティストのケア・育成の場所として自分が代表の「TORIHADA MUSIC」設立を目指したいです。

PPP STUDIOとしても規模感が出てきましたし、「TORIHADA MUSIC」を権利管理、アーティスト育成、マネージメントや各制作を一気通貫で行える場所として作りたいです。

5年後は、エンタメ業界においてデジタル戦略がもはや当たり前となっている可能性も高いので、時流に乗るというよりは常にその先をいき、”鳥肌の立つ感動”を音楽にて創出していければなと思います。


ーPPP STUDIOにどんな人に来てほしいですか?

一言で言うと、経歴関係なくエンタメで何か創出したいという熱い思いがある方に来てほしいですね。

実際、熱量があるマネージャーがつくとそのクリエイターさんが伸びる可能性が高くなりますし、逆に熱量がないマネージャーがついたら伸びないんです。

なので「自分が担当クリエイターの人生を背負って絶対に売り込んでやる!」「何か新しいエンタメを自分で築いてマーケット獲りにいってやる!」ぐらいの熱量を持った人に是非来てほしいなと思います。

言葉だけじゃなく何か自分が興味を持っていることをとことん突き詰めているのかというのも大事だなと思います。

何かすごく好きなものがある、突き詰めているものがあるという情熱はマネージャー業には欠かせないですし、いかにクリエイターのことを自分事化して考えられるかというのも重要かなと思います。


辻井さんありがとうございました!

併せてPPP STUDIO代表若井のインタビューもご覧ください!

株式会社TORIHADA's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more