1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

足りなかったものは。

「スーツをかっこよく着れる仕事がしたい」

彼の志望動機はこれだけだった。

Kosuke君は大人しそうなのに、めっちゃくちゃ頑固。

「僕はそう思いません」

「それやるの、何の意味があるんですか??」

毎日反発。いつでも反発。どこでも反発。

素直にやらないし、暗いから成果もでない。

歩合で稼げていない彼の、ある日の晩ご飯がすき焼きで。

お母様から「箸をおきなさい。あんたに食べさせる肉はない」 と言い放たれる。

今では笑い話ですが、当時は真剣にこんな自分のままではダメだと、

取り組む姿勢が変わっていった。

お客様への接し方が豪快になった。

だから成果はそこそこ出るようになった。

ただ、次のステップに中々進まなかった。

(成果は出しているのに、何で先に進めないんだ、、、!)

そんなある日、担当リーダーが、

マネジメント会議に参加後現場に入ることになっていたので、

Kosuke君に現場を任せることに。

午後、リーダーのRyosuke君が到着。

彼が入ると、圧倒的に現場の雰囲気が変わった。

「リーダーが入ると雰囲気違いますね。さっきまでは全然だめだったんで、、、」

とKosuke君が言うと、Ryosuke君に

「あなたはここに経営者になりにきてるんですよね?

最初のステップとしてリーダーになるんですよね?

経営者がそんな事言うと思いますか?!」

と強く言われたそう。

Ryosuke君に真剣に言われたのは、この1回だけ。

自分に足りなかったのは成果ではなく、経営者としての姿勢。

その後Kosuke君の取り組みは大きく変わり、圧倒的な成果を出し昇格。

今春、彼のチームも伸びてきている。

私利私欲を満たす為だけに頑張っていた彼が、

周りに良い影響を与えられる本当にかっこいい人間になるとハードワークしている。

誰が伸びてくるかわからない。

Kosuke君の成長は、私の先入観を1つ消してくれた。

株式会社トナックブーケ's job postings

Weekly ranking

Show other rankings