1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

共感力の高さが魅力!会社の成長のカギになるビジョンを大切にしている高味さんにインタビュー

プロダクトを持っているテテマーチの強みとは

―――本日はよろしくお願いします!まず、テテマーチにジョインしてからどのようなお仕事をしているか教えてください。

2019年4月にテテマーチにジョインし、1年が経過しましが入社当時から一貫してディレクターとして働いています。プランナーが受注したクライアント案件に対して、実際に設計をしてプロジェクトを進行させる役割ですね。

前職も同様の業務をしていたのですが、テテマーチはCAMPiNやSINISなどのプロダクトを持っているからこそ、挑戦できる範囲が広いと感じていてやりがいがあります。

実は、前職の時からテテマーチのことは知っていて、その時からプロダクトを持っているからこそできるテテマーチの仕事に対して羨ましいと思っていました。

―――入社以前からテテマーチを認知していたとのことですが、テテマーチの社員とその当時からお話をする機会はありましたか?

当時勤めていた会社でセミナーが開かれた時に、テテマーチの取締役である松重さんがお話をしてくれたことがあります。松重さんのお話を聞いて、テテマーチのビジョンである「サキダチ、ヤクダツ。」が会社の一つ一つの挑戦に繋がっている、ロジックの取った企業だなという印象を受けました。

世の中のニーズを捉えて一歩先を行く発想をし、それを形にする過程で、まだ世の中にないものは積極的に作っていけばいいという考え方ができるからこそ、プロダクトが充実しているのだと感じました。そういったビジョンに非常に共感したんです!

テテマーチという会社目線でクライアントへのヤクダツを実感

―――入社してから感じる『サキダチ、ヤクダツ。』の意味を教えてください。

『サキダチ、ヤクダツ』という明確なビジョンがあることは私にとって働いている上でとても大切なことです。

例えば、以前だったら、クライアントとの仕事が成功した時に個人的に嬉しい気持ちが出てくるだけだったのですが、今は「テテマーチがクライアントの役に立つことができた」と強く感じます。「私がクライアントの役に立てた」ではなく、「テテマーチが」というところが変化の点ですね。自分の仕事でなくても、会社の成果を自分事化して捉えることができることで、テテマーチがさらに成長していかに役立てるかと考えることができています。

『サキダチ、ヤクダツ。』という揺るがないビジョンこそが成長のカギ

―――『サキダチ、ヤクダツ。』という明確なビジョンの重要性を感じますね!

テテマーチが掲げるメッセージ、サキダチ、ヤクダツ。とは

そうですね。私は、会社にとってビジョンって特に大切だと思うんです。

企業の成長には、選択と集中が必要だと考えています。会社の規模が大きくなるにつれて事業範囲が拡大していった結果、エネルギーが分散し、事業ごとに方向性の齟齬が生じていき伸び悩んでしまうパターンは頻繁にあります。その原因として、明確な基準をもとに選択と集中ができていないからだと思っていて。

その点、テテマーチでは『サキダチ、ヤクダツ。』が根幹にあるからこそ、これに沿っているか否かで選択ができます。

例えば、テテマーチの新たな試みとして、オフィス1階部分を「べべべース」として外部にコミュニティスペースとして貸出をすることが決まりました。実際このようなスペースのレンタルは他の企業も既に実施していることです。

しかし、「べべべース」ではフリーランスが活躍する「個の時代」の到来を踏まえ、その先の「チームの時代」を見越して開設されたコミュニティスペースです。スペースを活用して定期的な勉強会やワークショップ、交流会を実施することで、「個の力」のエンパワーメントし、「個」と「個」の繋がりを最大化することを目的としています。

「べべベース」は、Webマーケター界隈の人たちを繋げる場所として、「チームの時代」を活性化させる可能性を秘めています。

こういう意味で、テテマーチがコミュニティスペースの提供に取り組む意味が出てくると思うんです。SNS事業という大きな根幹事業があり、『サキダチ、ヤクダツ。』という揺るぎない理念に沿っているからこそ、レンタルスペースという一見これまでの事業領域とは離れて見えるものでも、テテマーチの成長の一端になることができます。

「みんなハッピー」三方よしの考えが楽儲け(たのもうけ)に繋がる

―――『サキダチ、ヤクダツ。』を実現するために楽儲けであることを重要視していますが、その点はいかがですか?

社員と話しているとよく出てくるワードとして「みんなハッピー」があるのですが、これが楽儲けに繋がっていると思います。簡単に言えば、三方良しですね。自分たちもクライアントもユーザーも、誰もがハッピーになれるかどうか、一つでも欠けてしまうと働いていることの楽しさが失われてしまうので。

―――確かに、自分がその時ハッピーでもクライアントがハッピーでなければ、後々の関係が続いていかずに働く楽しさが失われてしまいますし、全員がハッピーになれることは必要条件ですね!

この人と一緒に働き続けたいという思いこそが仕事のモチベーションに

―――高味さんの働くモチベーションは何ですか?

この人と働きたいと思える人と働くこと、ですね。転職活動でも一緒に働きたい人かどうかということの優先順位が高くて。テテマーチの人はそういう意味では完璧です(笑)それぞれの社員が一緒に働く上で気持ちの良い人たちですね。

クライアントの要求が難題で辛いことがあった時に特に実感することがあって。息詰まった時の私のマインドは、「私がこれを乗り越えればテテマーチの売上に貢献できて、会社が新しい挑戦をすることが可能になるかもしれない。そうすれば今一緒に働いている社員も、さらに楽しく意欲的に働けるし、仮に今の状況に不満を持っていて辞めることを考えている人も思い留まってくれるかもしれない!」こんな感じです。

誰か一人でも欠けるのが嫌で嫌で自分の一つの行動が仲間のために繋がるのではないかと考えて働いています。

全員が主役である意識を持つことで中数精鋭を実現

―――楽儲けと並ぶ『サキダチ、ヤクダツ。』の実現のためのもう一つの条件、中数精鋭について何か意識していることはありますか?

この点は、テテマーチがここ数か月で非常に強化されてきた部分だと私は感じます。私がジョインした当時は、小規模から中規模に移り変わりの時期でそれぞれの社員の持つ目的意識にばらつきが出ていて、歯車が噛み合わっていないような違和感を少し覚えていました。

しかし、5スローガンであるバリューの意識づけが徐々にされていったことで、改善していきました。

中数精鋭は、5スローガンの1つ、全員が主役であるという意味のオーシャンズXと近い部分があると思うのですが、全員が主役であるという意識をみんなが持つようになり、チームにおける役割分担が効果的に進められた結果、認め合ったり褒め合ったりする文化が出来上がりました。そういう周りからしっかりと評価され認められる環境だと、自分が主役であることがはっきりしてきて、さらに中数精鋭を体現する組織に発展していっているように実感しています。

ネガティブを言わないというベースの考えをもとに

―――5スローガンのお話が出てきましたが、オーシャンズX以外の4つのバリューについてそれぞれ意識していることがあれば教えてください!

テテマーチが大切にしている5つの行動指針

まず、5スローガンすべてに共通することで意識していることが1つあります。それは、ネガティブなことを言葉にしないことです。ネガティブなことを言わなければ仲間と掛け算の仕事をする(=アベる)ことも容易になりますし、相手の笑顔のために働く(=ペフォる)ことにも繋がると思っています。

それを踏まえた上で個々のスローガンについてですが、仲間と掛け算の仕事をする意味のアベるに対し大切にしているのは、“自分だけで仕事をしていない”ことを常に意識することです。当たり前のことかもしれないけれど、一人でできる仕事ってないと思うんです。自分の案件で成果が出たとしても、それを受注してくれたプランナーの存在があったり、セミナーに登壇しテテマーチを認知し信頼してもらえるきっかけづくりをしてくれた社員の存在があったり、全ての仕事に他の人が少なからず関わっていて。だからこそ、成果が出た報告をチャットでする際にも、関わってくれた方の名前を出すようにしています。

―――チャットでの報告一つでも、他のメンバーとの協働の成果であることをしっかり伝えることで、仲間のモチベーションアップにもなりますね。利他の精神、相手の笑顔のために働くという意味のペフォるはどうですか?

ペフォるって端的に言えばどれだけ人を思いやれるかですよね。これを意識せずとも、自然と人がやりたがらないことをやれるような素がペフォるの塊のような社員も中にはいるのですが。最近、ペフォるにも色々な方法があることに気づいて。隙間仕事を見つけて他の社員が気づいていなかった点をサポートすることもペフォることの一つで、意識すればできることだと思うので、気をつけています。

1日1つずつ学びを増やし、キャパを広げ続ける

―――圧倒的な成長を続ける、ジャイキるはどうでしょうか?

私の中でジャイキるのベースにあるのは、『1日1つは絶対学ぶ』ことです。前職の恩師からも言われて強く自分の中に残っていることで、どんなに小さいことでもいいので本からでも人からでも案件からでも、1日1つの学びを積み重ねていくようにしています。そして、インプットしたものはアウトプットをすることで自分の成長になるので、Twitterや社内のチャット、クライアントとのコミュニケーションにおいて、アウトプットをするようにしています。

ですが、これだけではジャイキっているとは言えないですよね。なので、そのベースの上にあることが、自分の今扱える限界のキャパを突破し続けるようにしています。ストレッチしていて自分の限界を超えると筋肉痛が伴うと思うのですが、痛みがなくなって当たり前になったらさらに一歩進んで再び筋肉痛を味わう、みたいな。厳しい状態を超え続けるようにしています。

―――現状に満足せずキャパを広げていっているんですね…!思いもよらないアイデアを次々に生み出していくという意味のジョブるに関しては何か意識していることはありますか?

ジョブることは正直とても難しいのですが、私はやりたいことの構想が自分の中にあるので、情報を常にキャッチアップすることで他の視点を得てその構想に繋げていっています。ちょうど最近、自分のやりたいことをジャンルに分けて、今できることや遂行するために必要な条件を分類してスプレッドシートに整理しようと思っていて。自分でも楽しみですね!

共感力、汲み取り力の意識化

―――アベるやペフォるの部分でも少しお話いただいたかと思いますが、今期のテテマーチのテーマ、良質なコミュニケーションについて何か考えていることはありますか?

2つあるのですが、まず1つ目は常に明るくいること。これはネガティブを言わないという先ほどのお話と同様ですね。

2つ目が、実は昨日ある社員から褒めていただいたことなのですが、共感力の高さだと思います。共感力は言い換えたら汲み取り力とも言えると思うのですが、これは私自身意識してやっていることです。自分の発言が相手にどう捉えられるかを常に考えることですね。

―――意識していることが周りにも伝わるくらいに徹底されているのですね!

全てを楽しめる方募集中です!

―――最後に今後のどのような人と働きたいか、メッセージをお願いします!

全部を楽しめる方と一緒に働きたいです!真剣に物事に向き合いながらもポジティブでいられる人。ぜひお待ちしています!

テテマーチ株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings