This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

『就活』という軌道に自分を乗せてくれたのは、テテマーチでした

こんにちは!wantedly運用を担当しているコボこです。

5月入社のインターン生が多いのでシリーズとして記事を公開してきたいと思います。

今回は第1弾目!

5月入社の1人、早弓くんに「なぜテテマーチを選んだのか、入ってからイメージは変わったか」などを中心に聞いてみました!!

アイキャッチ画像の職人感がすごい。

--- 自己紹介お願いします!!

みなさんこんにちは。5月からテテマーチ株式会社でインターンをしている早弓です。

今回は、テテマーチに入るまでのエピソードと、実際に入ってから感じていることの2つを中心にお話ししようと思います。

東京に憧れて超ド田舎から上京

生まれてから18年間ずっと地元のド田舎な環境で育ってきました。自然豊かな環境で当時はのんびり過ごしていましたが、高校に入ってから「卒業したら絶対都会に出る!」という思いが強くなりました。

最終的に都会の中でも東京への憧れが強くなり、高校3年生になってから東京の大学に進学するために猛勉強しました。第1志望の大学には届かなかったものの、それと同じくらい行きたかった大学に合格することができました。

そして憧れの東京暮らしがスタート。都会暮らしで初めて経験することもたくさんあったので、毎日が新鮮でした。そして、電車を使えばいろんなところに遊びに行けるので、休日はその恩恵をフルに活用していろんなところに出かけました。大学に入って1年半くらいは、勉強する時はしっかり勉強して、遊ぶときはしっかり遊んで、という生活の連続で、就活について気にかけようとすることも特にありませんでした。


「就活」というワードが現実味を帯びてくる

しかし、大学2年生の冬になった頃から、周りの友達との会話に「就活」というワードが何度も出てくるようになりました。この時期からだんだん、「やばい、まだ就活のこととか何も考えてない…!」と焦りを感じ始めました。「他の友達は志望業界とかも決まってるのに、自分は志望業界とかもないし、将来何がしたいのかも分からない・・・。」同時に周囲と比べて自分は遅れをとっていることに気づき、ものすごいプレッシャーがのしかかってきました。

救世主は「友だち」

そんなとき、大学2年の秋からすでにインターンをやっている友だちに「wantedlyっていうサイトにスタートアップの会社いっぱい載ってるから、ここでインターン探したら?」と勧められました。そのような勧めもあって、大学2年の春休みは自分が興味を持てそうな業界をリサーチし、その興味に合わせてインターン先をwantedlyで片っ端から探しました。そうして最終的に行きついた先がテテマーチです。


--- テテマーチを選んだ理由って?

「インスタグラム関連事業」という文言に惹かれた

Wantedlyの紹介ページに「インスタグラム関連事業を主力にしています」と書いてあるのを見た瞬間、「インスタグラム関連事業とは何ぞや!?」と、好奇心旺盛な自分は思わず食いつきました。

それからホームページで詳しい事業内容などを調べてみて、「インスタグラムを仕事に活かせるなんて、トレンドにも乗っているし、何より楽しそう」と感じ、インターン応募を決心しました。

少数精鋭の会社なので自分の個を発揮できる場所があると思った

正直なところ、いきなり大勢の社員さんがいる環境に乗り込むのは少し抵抗感がありました。漠然とはしていますが、大勢の人の中で、自分の個が埋もれてしまいそうな気がしたからです。なので、「自分の個が発揮できる環境で経験を積みたい」と思い、少数精鋭でなおかつ実績を上げているテテマーチを選びました。

会社の雰囲気が楽しそう

テテマーチのブログで会社の雰囲気がどのような感じなのか確認してみましたが、社員さんとインターン生同士の仲が良さそうで、かつアットホームな環境で仕事をしている様子がイメージできました。楽しく仕事ができて、そして居心地の良い環境を探し求めていたので、「インターンをするならここだ!!」と直感的に思いました。

--- 実際にテテマーチに入ってどう?

高いレベルの業務を通じて成長できる

会社に入ってから早いうちに、様々な業務に携わることができます。その中には、「え、それ自分が引き受けても大丈夫なんですか!?」と思うくらい高レベルなタスクもあります。

でも、高レベルな分、そのタスクを完了させたときの達成感は大きいです。また、タスクの出来具合を社員さんに確認していただく度に、社員さんから詳細なフィードバックやアドバイスをいただけるので、自身の成長につながること間違いなしです。

メンターの社員さんのサポートが心強い

勤務の中では定期的にメンターさんとのミーティングの場が設けられています。ミーティングでは、自分が業務で困っていること、これからこんな業務に携わりたい、などいろいろ気軽に相談することができます。また、自身が興味を持っている広告業界に進むうえでの知識を丁寧に教えてくださる機会でもあるので、非常に有意義な時間です。

雰囲気がアットホーム

ブログで見た通り、会社の雰囲気はアットホームで、社員さんとインターン生同士の距離感も近いです。今までは「会社」と聞くとどこか堅苦しい感じのイメージしか思い浮かばなかったのですが、そのイメージが360度入れ替わりました。昼休憩で他のインターン生とランチに行くなどして、楽しく過ごせています。



--- 最後に学生へ!

「インターンに参加したい!」とは思っていても、なかなか一歩を踏み出す勇気が持てない人もいるかもしれません。

自分もインターンとしてテテマーチに入った最初のころは不安でいっぱいでした。

でも、テテマーチは「ここにインターンで入ってよかった!」と心から思える、そんな会社です。

まだインターンとして入って間もないですが、これから多くの業務を経験して自身の成長につなげていきたいです!

テテマーチ株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more