1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

「イメージ」に”image”はNG!~通訳者は聞いた!現場で飛び交うNG英語~

○月○日、新規事業部に勤めるIさんは、新規サービスの受注フローの社内向けガイドラインの作成を任されていました。
ドラフト版が完成してIさんは上司に資料の確認を依頼しましたが、その時、通訳者AはNG英語を聞いてしまったのです。

◆NG文◆ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
I created a guideline draft from my image.
(頭の中でイメージしたものを、ガイドラインのドラフトとしてまとめてみました。)
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

日本語で「イメージしたもの」というと、頭の中で考えているアイデアなども含まれる場合がありますが、英語のimageはあくまでも「像、画像、映像、描写」などの「視覚的でイメージできるもの」を指します。

◆オススメ英語◆‥‥‥‥‥‥‥+
I created a guideline draft based on my understanding.
(頭の中でイメージしたものを、ガイドラインのドラフトとしてまとめてみました。)
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

≪ポイント解説≫
「イメージしたもの」が「視覚的でイメージできるもの」以外である場合は、以下の様な表現を使います。
■understanding: 理解
例) I created a guideline draft based on my understanding.
(頭の中でイメージしたもの<=自分の理解>を、ガイドラインのドラフトとしてまとめてみました。)

■: interpretation: 解釈
例) I created a guideline draft based on my interpretation of the material.
(頭の中でイメージしたもの<=対象に関しての自分の解釈>を、ガイドラインのドラフトとしてまとめてみました。)

■: idea: アイデア
例) I created a guideline draft based on the ideas we discussed.
(頭の中でイメージしたもの<=話し合った意見>を、ガイドラインのドラフトとしてまとめてみました。)

ちなみに「イメージしていたものと違う」という場合には以下のような表現を使います。
<NG>
It’s different from my image.
(イメージしていたものと違います。)

<オススメ>
It’s different from what I expected.
It’s different from what I thought.
(イメージしていたもの<予期していたこと・思っていたこと>と違います。)

【英語力をアップさせたい方!無料カウンセリング実施中】
これまで1700社以上のグローバル企業に通訳・翻訳・英語教育といった語学サービスを提供してきた経験から開発した、1ヶ月の超短期集中ビジネス英語プログラム『One Month Program』
通訳メソッドを活用して1ヶ月でビジネス英語のアウトプットを強化します。
One Month Program


Share

株式会社テンナイン・コミュニケーション's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more