This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

「クレームするに”claim”はNG!」通訳者は聞いた!現場で飛び交うNG英語

○月○日、カスタマーサポートを担当しているHさんは、商品Aに関する報告会議で、顧客からのクレームの内容について報告することになっていました。
しかし、その報告の冒頭に通訳者AはNG英語を聞いてしまったのです。

◆NG文◆ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
We have had three claims regarding the product A over the last two months.
(商品Aに関して過去2カ月で3件のクレームがありました。)
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

日本語でいう「クレーム」は苦情や請求のことですが、英語のclaimは「主張する」という意味で、主に動詞として使われます。

◆正しい英語◆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
We have had three complaints regarding the product A over the last two months.
(商品Aに関して過去2カ月で3件のクレームがありました。)
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

≪ポイント解説≫
complaint (名詞): 苦情
動詞は「complain: 苦情を言う」となります。
例:
The client complained about the defective product.
(顧客はその欠陥品に対してクレームを申し立てた。)
= The client complained that the product was defective.

ちなみに「クレーム対応」や「クレーマー」とは英語で何と言うでしょうか。

■クレーム対応
「<対応する/deal with, handle>+complaint」などが使えます。
例:
He is busy handling (dealing with) complaints from the customers.
(彼は顧客からのクレーム対応で忙しくしています。)

■クレーマー
2通りの言い方があり、意味が異なりますので、注意して下さい。
→Complainer (クレーマー)
日本語で「クレーマー」と言う時もそうですが、complainerと言うと普段から不平不満を言っている人のことを指します。

→Dissatisfied customer (クレームを申し立てている人)
あるクレームを申し立てている人のことは、dissatisfied customer(不満を抱えている顧客)と表すのが適しています。間違っても、その人のことをcomplainerとは言わないようにしましょう。


★編集部からのお知らせ★
これまで1700社以上のグローバル企業に、通訳・翻訳・英語教育といった語学サービスを提供してきた経験から、通訳メソッドを活用した効果を実感いただける英語プログラムをご提供しています。
英語のプロ、通訳エージェントが開発したプログラムをぜひお試しください。
無料カウンセリング実施中です。
●ビジネスに特化したアウトプット重視の1ヶ月集中プログラム
One Month Program

株式会社テンナイン・コミュニケーション's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more