1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

人生を充実させるため、一緒に働きたいと思われる人になりたい

~テクニカルチーム マネージャー 清水 一那~

学校の外で学ぶことの多さに気づいた

元々小さい頃から算数が好きだった私は、数や算数の面白さを伝えたいと思い教育学部に入学しました。
小学校の算数も、中高の数学も、それぞれに学ぶ楽しさ、それを伝える楽しさがあったので、小中高の教員免許を全て取りました。
しかし、教師という仕事の現実が明確になってきた時、教師以外の選択肢も見たいと思うようになりました。
理由は、学校で勉強する数学を実際の社会や仕事で活用したいと思ったこと。それと、色々な縛りがある学校という場所の外の方が案外、学びの楽しさって感じたり伝えたりしやすいのかも、と考えたということもありました。


ボーダーは存在しなかった

学生時代、私はドイツやオランダの大学に留学したり、15か国程を1年半くらいで一人旅したりしていたのですが、海外に行ってみようと思ったきっかけは、ロシアから留学で来ていた友人のなんでもない言葉でした。
その友人は、日本が大好きで日本の文化に触れたくて留学してきた子で
『私は今、隣の駅のスーパーに買い物に行くような感覚で家を出て、隣の国の日本にきている。』
と私に話してくれました。
この時私は、自分には仕事、場所、生活、全てにおいて無限の選択肢があって、無意識に自分で選択可能な範囲を決めているだけで、本当は自分次第で何でも選べるんだという当然のことに気が付きました。


海外で感じた新しい価値観

留学先の大学はインターナショナルの学部だったので、世界中から学生が集まっていました。違う文化、宗教、慣習、常識、考え方を持った友達がたくさんできて、とても刺激的でした。自分や日本、特に日本の教育や一般的な人生プランのようなものを、客観的に見る機会も多かったです。

日本は社会や仕組みが整っていて、多くの人は小中高大学と進み、新卒一斉採用で就職をする、という道が既に目の前に準備されています。それはとても素晴らしいことだと思います。しかしその分、自分の意志で選択するということを意識しなくても、なんとなく生きていける環境があるということはとても感じました。

また、自分のアイデンティティが確立していて、専門分野は何だとか、好き嫌いをはっきり伝えることだとか、政治についての意見だとかを積極的に交換する友人達が、かっこよく見えました。

そういう中で、だんだんと自分のこと、社会のこと、日本のこと、世界のことに関心を持つようになったり、価値観や考え方がアップデートされていったのだと思います。


人生を充実させるため!そのために必要なスキルとの出会い

将来の模索を始めていた時期、フランスのとあるホテルでエンジニアの方に出会いました。
その方はmac片手にエンジニアというスキル1つで、仕事をしながら世界を回っている方でした。
私の考えていた世界を回るというのは、各国のパン屋やホテルや日本語学校などでのアルバイトで資金を集めながら世界を見るといったものだったので、自分の専門分野で生計を立てながら、場所も仕事も自由に選べるエンジニアという職にとても魅力を感じ、コーディングに触れたのが私のエンジニアとしてのスタートでした。

実際、コーディングに触れてみるとそれ自体とても楽しくて、私は技術や専門知識を身につけて一緒に仕事をしたいと思われる人になろうという目標ができました。
そうすれば、場所がどこであってもあらゆる人達と得意分野を融合させていきいきと仕事をして、自分の人生を充実させることができると考えたのです。
そこで日本に帰国してから、エンジニアとしてのスキルやビジネススキルを高める事が出来る会社を求め就職活動を始めました。


お客様からの直接のフィードバックが一番の学びです!

私の入りたい企業の軸は、
・チャレンジができるベンチャー企業
・自社の商品を持っている
・企画、開発、販売、サポートまで一貫して行っている
・自分の目で全体が把握出来る範囲のものを扱っている
など自分のスキルアップに繋がるよう、業務全体が把握出来る会社でした。

この全てにマッチングして、最初に出会った会社がテモナでした。

テモナに入社してもうすぐ2年半になります。
この2年半で、本当にあらゆる機会を与えてもらってきました。
その全ての業務が繋がっていて、初めの1年間でおよそ1000社のお客様がいらっしゃるサービスの保守運用に携わった経験を持って、
今は新しいサービスを成長させるフェーズを担っています。

この会社の良いところは、お客様との距離がとても近い所です。
お客様がいて、サポートと営業が隣にいて、自分達の作ったサービスへのフィードバックを直接頂ける環境があります。
そこからサービスをさらに成長させていくことは、エンジニアとしてとても勉強になりますしやりがいがあります。何よりもそこには学びがたくさんあります。

一緒に働きたいと思われる人になる

エンジニアとしての技術、それを使って喜ばれるものを作ること、チームで成果をあげること、それらの一つ一つを毎日の業務の中で学びながら高めていきたいです。

その先には、この人と一緒に働きたいと思われる人があって、世界のどこでも活躍できるという目標に繋がっているんだと思っています。

テモナ株式会社's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings