1
/
5

チャンスはたくさんある。どう活かすかは自分次第。

IS(インサイドセールス)部で業務を担っている浅野さんにお話を伺いました。

入社後に、インテリアデザイン→ISと部署も業務も変わる中で正面から仕事に向き合っています。

仕事や業務への向き合い方などインタビューしました!

※写真は恥ずかしいということでご本人にイラストを描いてもらいました!絵も上手…!


-入社を決める際にmatsuriに惹かれたところはどんなところですか?

理系の大学院に在籍中に、学生インターンとしてmatsuriで働き始め、自社物件のインテリアデザインに従事しました。

正社員になることをお声がけいただいた際には、様々なプロジェクトに携わることのできるチャンスの多さと、依頼されるタスクの自由度の高さに惹かれて、入社させていただくことにしました。

インテリアデザインの経歴のない私でも採用していただいた現場・実力主義的な価値観にも惹かれました。


-現在は、どんな役割と業務を担っていますか?

インテリアデザインの部署から、to Cで営業を行う部署に移籍しました。

オンラインでの接客によるマンスリーマンション契約の提案とアルバイトさんの管理、部門での営業企画に従事しています。


-業務を通じて感じた成長や視点などの変化はどんなことがありますか?

業務をアルバイトさんに落とし込んでいくことで、オペレーションを組む力が身につきました。自分が業務を担ってやるだけとは違い、別の方へ伝えて、動いてもらうとなると業務内容を精緻化して把握する必要が生まれ、業務におけるポイントを掴む必要があるからです。

営業企画のプロジェクトでは、いい目標の立て方、目標の達成の仕方を学んで、少しずつ実践できるようになりました。目的地と歩みが実践によって分かるようになりました。

お客様とweb面談で物件提案をすることで、営業力が向上しました。

全体として、効果のあることに注力することが徐々にできるようになってきてます。

もちろん部署の皆さんに助けていただいたり、分からないことを教えていただおかげで、成長することができました。深謝しています。


-今、仕事をしている中でやりがいはどんなことですか?

目標を達成することや困難な課題をクリアすることです。

自分が成長していっている実感を感じるのは、小さな目標を達成していく中でできることが増えていくことです。実際に達成すると、今までより広い視野で考えられるようになりましたし、考えている内容を具体的にタスク化できるようになっていき、解決できる問題や達成できる課題が増えました。

初めはタスク化していくことも慣れなかったので、考えたり解決できる範囲が増えていくのは成長も実感できてとても嬉しいです。


-どんな方がmatsuriに合うと思いますか?

どちらかというと実力主義で積極的に動く方、変化が多くても平気な方、変化を楽しめる方は、コロナの影響は大きかったですが、事業や部署が変わることもあるので合うと思います。

企画段階の業務に関わることもあるので、タスクの粒度が大きい中で、自発的に考え形にしていくことができる、挑戦したい方はチャンスがたくさんあると思います。

matsuri technologies's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more