1
/
5

スピードが必要だからこそ、常に先読みとテクノロジー活用による変化が求められている

管理部部長の桃尾嘉一さんにお話を伺いました。

管理部の役割や部長として意識されていることなどが、組織全体を捉えて考えられているインタビューとなりました。


-前職での経験と入社を決める際にmatsuriに惹かれたところはどんなところでしょうか?

大学卒業後リゾートホテル運営会社に入社し、主に人事系のキャリアを積んでまいりました。医療系ベンチャーに転職し、そこで「IPO」の責任者としてマザーズ上場、一部市場への変更を経験し財務経理系へキャリアをシフトしました。

その後、エンターテイメント業の管理部門責任者を経験していく中で出会った「民泊」の業界への想いと、当社が掲げる新しい業界の中でのパイオニアとして仕組みを作っていく考えに共感した事が入社のきっかけです。


-現在は、どんな役割と業務を担っていますか?

管理部門責任者として、経理を中心に総務・労務・法務と幅広く携わっています。

各部門の専門性を事業運営が円滑にいくためのプラットフォーム構築から、経理の出納・記帳の業務を行っています。

また、「IPO」の準備のための業務に携わっています。


-業務を通して、テクノロジーの活用によって改善や改善スピードが上がった事例はどんなことがありますか?

管理部門には、個人情報や事業運営に伴う重要な情報が集約されます。マンパワーで処理するのは限界がありますので、重要な情報をテクノロジ-と組み合わせ、効率的に管理・運営をしております。

また、入社して実感することは、発案から決済まで会社全体的にスピードが速く、その中で取り扱う膨大な業務をテクノロジーの活用によって簡略しております。今までは属人的な業務になりがちでしたが、「仕組み」で解決できる事は積極的に進めております。

各業務を行っていく中でコミュニケーションは重要で、社内snsとして「slack」を活用しておりますが、業務連絡や相談、雑談、つぶやきなど多岐にわたり使用することで、時間・場所を問わずコミュニケーションが取れるので重宝しています。


-管理部は陰の立役者という印象がありますが、先手を打って動いている部分、動きたいと感じる部分はどんなことがありますか?

管理部門は、 従業員の皆さんが業務に集中できる環境や制度を整え、成果を出すためのサポートをする部署です。

思考力と改善力が試される目標設定や幅広く専門性の高い業務が求められます。管理部としての役割を効果的に行うためにはコミュニケーションが必至です。また、いち早く情報をキャッチし、「想定される動き」を先読みし、「想定内」の業務となるよう心がけ、早くその領域で動けるよう努めております。

わたしの考えとして、一人ひとりが目前の小さな業務のもつ意味を理解し、そして重要性を認識できる組織、大きな流れの一部を自分も担っていると感じれるような部門運営を心がけています。エンゲージメントが高ければ最高です。



-どんな方と働きたいですか?

細かな業務も多いく、成果をサポートすることが主となるので、やり遂げる信念を持っている、問題解決を楽しんで取り組める方と働きたいです。

サポートの面が多くなるとはいえ、利他精神があり、専門領域を伸ばしたいという意欲があって部署として組織への貢献度も更に高くなるので、そんな思いがある方だとより嬉しいです。

matsuri technologies's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more