This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

社外で会社員が3-5人のチームを組み、ゼロから事業を立ち上げる起業家体験に挑戦!
世界でも類を見ない「イノベーション力(30種)」の定量測定ベンチャー!
我々『チーム・ゼロイチ』は ❶会社員に最適な「起業家体験(ゼロからの事業創出)プログラム」の提供 ❷上記プログラムを通して「イノベーション力の定量測定」を行うシステム開発 を行なっているベンチャー企業です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ❶会社員に最適な「起業家体験(ゼロからの事業創出)プログラム」の提供 『チーム・ゼロイチ』CEO:赤木は、独自で運営する『StartUp44田寮』というコワーキングスペース(Schoo、ietty、ライフロボティクス etc.数々の起業家を輩出)で、イノベーション領域での起業家と会社員の個人的スキル・思考の違いを長年研究・独自メソッド化。 その膨大な研究の結果、日本の労働人口の約80%をしめる会社員がイノベーションを起こせるようになるには、シリコンバレー型の起業家むけナレッジではなく、会社員むけに編集された最適化プログラムが必要だと考え、他にはない独特な体系的イノベーション創出プログラムを形成するに至っています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ❷プログラムを通じた「イノベーション力の定量測定」を行うシステム開発 世界でも類を見ない、行動データを基にしたイノベーション力(30種)の数値測定システム。この技術が示すように、我々『チーム・ゼロイチ』は一見すると研修会社に見えがちですが、実態は超テクノロジー企業です。行動データを入手するデバイス開発チーム、入手データを独自アルゴリズムで解析するデータサイエンティストチームなど、コアメンバーの半数以上がテクノロジーを支えるチームメンバーです。

Why we do

社外の共感しあえる仲間とチーム結成できるイベントを定期開催。
会社員たちが平日勤務後に集まって起業家活動をするのが当たり前の日本に!
「会社員」か「起業家」ではなく 「会社員かつ起業家」という働き方を当たり前にすることで 「ゼロからのマーケット創出」に日本中が挑戦する時代を創る。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「新規事業には【多額の資金】と【天才的な頭脳】が必要だ。」 我々『チーム・ゼロイチ』が挑戦するのは、一般的に言われている上記のような常識をくつがえすことです。 我々は、事業創造の現場における“起業家”と“会社員”の違いを、行動観察(専門的にはエスノグラフィ)という手法を用いて長年研究してきました。 その中で、実は会社員はゼロからの事業創造をやった事がないだけで、実際に何回もトレーニングすればイノベーションスキルが覚醒するという事が分かってきました。つまり、もともと能力はあるが社内業務では必要がなくトレーニングもしてこなかった会社員が多いため、その表層を見て「自分には新規事業は難しい」と思い込んでいる。そのせいで、一歩も踏み出さずにあきらめているのではないかと考えるに至ったのです。 我々は、日本の労働人口の80%をしめる会社員の方々が“ゼロからの事業創造”に一歩踏み出してみたくなる環境を構築することで、多くの会社員のイノベーションスキルが覚醒する世界を実現します。それが当社の存在価値です。

How we do

定期的にコアメンバーで食事会! この時はみんなで焼肉大会でしたー。
フルコミット禁止! 週末ジョイン大歓迎! 我々『チーム・ゼロイチ』は「会社員かつ起業家」という働き方を提唱していることもあり、CEO含めコアメンバー全員が ”フルコミット禁止” を掲げて働いています。各メンバー本業がある中で、空いている時間で興味関心の高い仕事をする。そして、メンバー全員が ”フルコミット禁止” を貫きながら上場できるくらいのビッグビジネスを生み出せるのか? 我々『チーム・ゼロイチ』自体も一つの社会実験でありたいし、我々がまず成功することでビジョンへの実現STORYが立証できるのだと考えています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ▶︎コアメンバー:9名(2017年12月現在)  ・ビジネス構築メンバー:4名  ・開発メンバー:5名 ▶︎プロジェクト毎にチーム発足  ・開発するツール毎に興味あるメンバーが集いチーム発足  ・メンバーが幾つものプロジェクトに顔を突っ込む体制  ・自分の得意領域/興味を元にプロジェクト参画 ▶︎開発は基本的にリモートWORK  ・やり取りはチャットワークがメイン  ・自分の作業しやすい時間で開発OK  ・プロジェクト単位で開発しやすい形を相談の上決定できます ▶︎常に「新しい働き方」を実験! フルコミット禁止/リモートWORK/PJチーム制 など、常にメンバーが新たな挑戦(実験)をする体制を推奨しています。組織の中の個人ではなく、各個の意思を持った個人の集合体としてのチーム・ゼロイチを目指しています。 ▶︎定期的にコアメンバー全員が集まっての食事会を開催  ・現状の全体情報の共有  ・それぞれの近況報告  ・新メンバーのお披露目   …etc. ▶︎新規事業のナレッジも学び放題 将来、自身の起業にも興味のあるエンジニア/デザイナーも多く、ツール開発を通して事業創出ナレッジを学びたいというメンバーが多いのも特徴。 実際に自分だったらここが分かりにくいなど、開発者自身が使いやすいツール開発をデザイナーなどを交えて定期的に意見交換するシーンも沢山あるので、起業に興味のあるエンジニアは大歓迎です!

Page top icon