1
/
5

マルチクラウド開発でお客様の「期待以上」を提供しよう。CoreチームのPMが果たすべき役割

2021年9月に大きく組織体制を変えたタンバリン。今期からの開発部門は「Coreチーム」「Herokuチーム」「CC(Commerce Cloud)チーム」「SMC(Salesforce Marketing Cloud)チーム」など、Salesforceのプラットフォームや製品単位でのチーム編成となりました。

この新たな組織のもとで、代表の中尾を中心として全社を挙げて注力しているのが、各チームの「PM(プロジェクトマネージャー)採用の強化」です。今、各チームではどのようなPMが求められているのでしょうか?

今回は、Coreチームが属するクラウドインテグレーション1部 部長の濁沼 貴志と、同チームのマネージャー齋藤 清久に「CoreチームのPM業務」について話を聞きました。

これまでPMとして数々のプロジェクトを推進してきた2人が、Coreチームのミッションや役割、PMが果たすべき役割や身につく力について解説します!

目次

  1. プロフィール
  2. Sales Cloud・Service Cloudをベースとした開発を担うCoreチーム
  3. 進行管理に留まらず「顧客ニーズに応える」ものづくりを推進するPMの役割とは?
  4. 技術を深く理解し、お客様の期待を超える提案を。PMの力が事業を発展させる

プロフィール

濁沼 貴志 / Takashi Nigorinuma (写真・左)
株式会社タンバリン
クラウドインテグレーション1部 部長
電気メーカーで黎明期のRFID、ICタグの開発に携わる。その後ベンチャーに移り、ICタグを使用したビジネスの立ち上げ、サービスやシステム開発のPMを担当。物流会社の技術研究子会社マネジメント職を経て、フリーランスになり、アパレル企業の基幹システム・業務システム導入のPMを経験した。2016年、PMとしてタンバリンに入社。2019年からはマネジメント職に就き、組織と人材の成長に貢献してきた。現在はクラウドインテグレーション1部の部長として、プロジェクト管理とマネジメント全般を担う。
Wantedly
齋藤 清久 / Kiyohisa Saito (写真・右)
株式会社タンバリン
クラウドインテグレーション1部 Coreチーム マネージャー
Webデザイナーからキャリアをスタートし、フロントエンドエンジニア、 CMS開発、Salesforce導入支援、Webサイト運用など幅広く経験した後、2019年1月にタンバリンにジョイン。日本上陸時から活用してきたSalesforceに関する知見の豊富さに定評がある。社内外のエンジニアからの信頼が厚く、メンバーからは「師匠」と呼ばれている。現在はCoreチームのマネージャーとして、Sales CloudとService Cloudをベースとした業務システムや業務アプリの開発に携わっている。
Wantedly

Sales Cloud・Service Cloudをベースとした開発を担うCoreチーム

ーーCoreチームについて教えてください。

濁沼:Coreチームは、Salesforceが提供する「Sales Cloud」と「Service Cloud」をベースとした開発を担う組織です。現在11名のメンバーが所属し、うち4名がPM・PLを務めています。

▲営業支援(SFA)&顧客管理(CRM)システム「Sales Cloud」

▲カスタマーサポート&顧客管理(CRM)システム「Service Cloud」


Salesforce製品の中で「Core」領域と呼ばれる2つのシステムを中心に、複数のシステムやクラウドサービスを組み合わせるマルチクラウド開発でクライアントの要望を実現していくのが私たちのミッションです。

このミッションの遂行のため、現在CoreチームではPM募集を強化しています。

また、タンバリンでは今期から、各プロジェクトで「大規模プロジェクトの開発マネジメントのプロ」と「クラウドサービスを活用した顧客体験プロデュースのプロ」をペアでアサインし、お互いを補い合う形の複数名PM体制も取れるようにしています。ですから、いずれかにおいて高いスキルを持った方であれば積極的に採用していく方針を取っています。

進行管理に留まらず「顧客ニーズに応える」ものづくりを推進するPMの役割とは?

ーーCoreチームのPMの仕事内容について、聞かせてください。

濁沼:お客様へのヒアリングから要件定義、設計、開発、運用まで一気通貫で支援するのが、タンバリンの役割です。

その中でCoreチームのPM業務には、Sales Cloud・Service Cloudの機能を「組み合わせて作る」部分が大きいという特徴があります。ゼロからスクラッチで開発するのではなく「Salesforceに既に存在している機能」を組み合わせることで、よりスピーディなデリバリーを可能にしているのです。

こうした「組み合わせて作る」プロジェクトをPMとして推進していくためには、Salesforceの各システムの機能についての理解や、最新情報のキャッチアップが欠かせません。

さらに、ビジネス的な観点から物事を捉えて、クライアントのニーズの本質を探ることができると望ましいですね。エンドユーザーのことまで考えて「どういうシステムがクライアントのビジネス成功に結びつくか」と様々な角度から最適解を考えるのも、CoreチームのPMには欠かせない姿勢です。

▲クラウドインテグレーション1部 部長 濁沼

ーー技術面の理解と「クライアントのビジネスの成功に繋がる」提案ができる力、その両方が大切なポジションなのですね。Salesforceを使った開発プロジェクトでのマネジメント経験は必須なのでしょうか?

濁沼:もちろんSalesforceの経験がある方は大歓迎なのですが、私たちがそれ以上に重視しているのは、スケジュールや予算の管理に留まらない「顧客ニーズに応える」プロジェクトのマネジメント経験です。

そのため、これまで扱っていたのがSalesforceではなく他のビジネスSaaSやクラウドサービスであっても「課題を探り、解決する」プロジェクトを推進した経験があれば十分に活かせると考えています。クライアントへのヒアリングや提案から携わり、プロジェクト全体の運営を担ってきた方であれば、CoreチームのPM業務との親和性は高いと思います。

また、逆に「Salesforceを使った開発プロジェクトの経験はあるが、クライアントと折衝を重ねながら課題を解決していくプロジェクトマネジメントの経験は浅い」という方も、PL(プロジェクトリーダー)として歓迎しています。Coreチームでの業務を通じてスキルを高め、将来的にはPMへとステップアップして、大規模プロジェクトを担ってくれることを期待しています。

ーー齋藤さんは長年、Salesforceを使った開発に携わっていますよね。Core領域の開発にはどんな特徴があると思いますか?

齋藤:Salesforceのシステムは「セキュリティ」と「拡張性」に大きな強みがあります。さらに、うまく組み合わせればお客様のほとんどの要望を実現できるくらい幅広い機能を擁しているのも魅力です。

その一方で「既にあるもの」を使うがゆえの、フルスクラッチの開発とは異なる難しさも存在します。

例えば、各システムにおいて、連携できるAPIやメールの通数などには一定の「制約」があるんですね。元々の機能だけではお客様のニーズに応えきれない場合もあるのです。

そこで重要になるのが、Core領域の「外側」にも目を向けていくこと。他のチームと連携して、Herokuなど外部の開発プラットフォームを使ったり、Salesforce以外の技術も併せて活用しながら作るケースも多いですね。近年、大規模な案件が増えているため、今後もこの傾向は強まっていくでしょう。

Sales CloudやService Cloudをメインに扱いながらも、それだけに限定されず、様々なサービスを活用して「制約」を回避しながら開発を進める。その中で幅広い技術的知識やスキルが身につけられる。それがCoreチームの開発の特徴だと思います。

▲クラウドインテグレーション1部 Coreチーム マネージャー 齋藤

技術を深く理解し、お客様の期待を超える提案を。PMの力が事業を発展させる

ーーCoreチームのPMとして活躍できるのはどんな人なのでしょう?

齋藤:クライアントの本質的な課題を捉えて「どの技術をどう組み合わせれば解決できるか」を考え、提案することが好きな方は活躍できると思います。

また、Salesforceの技術に好奇心を持って、理解を深め続ける姿勢も重要だと感じています。

「Salesforceをマスターすれば、大抵のことはできる」というのが私の信条。今ある技術に加えて次々と新しい機能もリリースされているので、情報のキャッチアップを続ければ、PMとして提案できることの幅もどんどん広がっていきます。好奇心はCoreチームのPMに欠かせないポイントですね。

濁沼:「一緒に作る」過程のクライアントとのコミュニケーションを楽しめることも重要です。困り事や要望をヒアリングして対話を重ねた上で、お客様の「期待以上の価値」を生み出せたときにこそ、信頼は深まるものですから。

ーー今後、Coreチームをどんなチームにしていきたいですか?

濁沼:「チーム内でお客様の課題を解決できる」チームにしていきたいですね。他の部署と協力する際も、まず「Coreチーム内でのベストソリューション」を出した上で共働するのが理想と考えています。

そのためには、各メンバーが得意分野を活かして協力し合い、お互いにいいところを学び合いながら切磋琢磨することが欠かせません。「それぞれの個性や強みを最大限に活かせる」チームを目指していきたいです。

齋藤:チーム内のコミュニケーション活性にも力を入れていきたいです。チームMTGだけでなく、任意参加の「ふりかえり会」や雑談の場でも、積極的に情報を共有し合い、「各メンバーに幅広い知識が自然に蓄積されていく」チームにしていきたいと思っています。

★CoreチームのPM・PL募集について、詳細はこちらをご覧ください!

◆PM(プロジェクトマネージャー)

プロジェクトマネージャー
Salesforce開発の経験を活かしてプロジェクトを推進したいPM募集!
―「つくる」にこだわる、「できる」を増やす― タンバリンは、Salesforceなどのクラウドサービスを活用し、最良のプロダクトやサービスを妥協なく「つくる」ことで、企業のデジタルシフトに貢献する会社です。 プロダクトづくりはもちろん、集客やマーケティング、ローンチ後の運用、組織づくりなど。さまざまな要件に紐づいたプロジェクトで、メンバーの「できる」を増やします。 【特徴/強み】 当社は老舗デジタルエージェンシー「TAM」から独立したスタートアップ企業です。メンバーの平均年齢は30代前半、男女比は3:2。プロジェクト毎に下記のチームから選抜されたメンバーが結集しています。 ◇アカウント&プロデュース部 デジタルシフト実現に向けたプロジェクトを提案・受注する部門。プロデュースチームに加えて、リリース後の運用サポートや改善提案を担うカスタマーサクセスチームを新設しました。 ◇クラウドインテグレーション部 Webやモバイルサービス、ECサイトなどを中心にIoTやAIを搭載したサービス開発を行う部門。東京開発チームと大阪開発チームがあります。 ▼タンバリン開発ブログ/技術はもちろん、組織・チーム、ツール、プロジェクなど幅広いテーマで更新中 https://developers.tam-bourine.co.jp/ 上記の他、CTO直轄で最新プロダクトの研究調査や自社プロダクトの開発を目指すR&Dチーム、組織的な動きや改善などを総合的にサポートするPMOチームがあります。 タンバリンは、アクセンチュアへの参画に関する契約を締結しました。 https://www.tam-bourine.co.jp/news/detail/20211119/ ※面談の際に参画に関する最新情報をお伝えさせていただきます。
株式会社タンバリン


◆PL(プロジェクトリーダー)

プロジェクトリーダー
複数のプラットフォームを組み合わせて、新たなチャレンジをしたいPL募集!
―「つくる」にこだわる、「できる」を増やす― タンバリンは、Salesforceなどのクラウドサービスを活用し、最良のプロダクトやサービスを妥協なく「つくる」ことで、企業のデジタルシフトに貢献する会社です。 プロダクトづくりはもちろん、集客やマーケティング、ローンチ後の運用、組織づくりなど。さまざまな要件に紐づいたプロジェクトで、メンバーの「できる」を増やします。 【特徴/強み】 当社は老舗デジタルエージェンシー「TAM」から独立したスタートアップ企業です。メンバーの平均年齢は30代前半、男女比は3:2。プロジェクト毎に下記のチームから選抜されたメンバーが結集しています。 ◇アカウント&プロデュース部 デジタルシフト実現に向けたプロジェクトを提案・受注する部門。プロデュースチームに加えて、リリース後の運用サポートや改善提案を担うカスタマーサクセスチームを新設しました。 ◇クラウドインテグレーション部 Webやモバイルサービス、ECサイトなどを中心にIoTやAIを搭載したサービス開発を行う部門。東京開発チームと大阪開発チームがあります。 ▼タンバリン開発ブログ/技術はもちろん、組織・チーム、ツール、プロジェクなど幅広いテーマで更新中 https://developers.tam-bourine.co.jp/ 上記の他、CTO直轄で最新プロダクトの研究調査や自社プロダクトの開発を目指すR&Dチーム、組織的な動きや改善などを総合的にサポートするPMOチームがあります。 タンバリンは、アクセンチュアへの参画に関する契約を締結しました。 https://www.tam-bourine.co.jp/news/detail/20211119/ ※面談の際に参画に関する最新情報をお伝えさせていただきます。
株式会社タンバリン
株式会社タンバリン's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings