1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

M&Aアドバイザリーからドローンスタートアップの転職、変わったことと変わらなかったこと。

はじめまして、株式会社CLUEの齊藤和彦です。CLUEではバックオフィス責任者として勤務しています。

会計士として監査業務からM&Aアドバイザーへ

新卒では公認会計士の資格を取得し有限責任監査法人トーマツに入社。主に会計監査業務に従事しました。

もともと会計士を目指したのは学生時代。書店に会計の本が沢山並んでいたのを見てふと「大人になっても会計は苦手な人が多いのだ」と思ったささいな経験がきっかけになります。何かしらの専門家・プロフェショナルになりたいと考えていたこともあり、会計士の資格の勉強を始めました。就職先を考える中でも漠然とスタートアップ支援に興味があり、将来はIPO支援を志望しようと考えながら監査法人に就職しました。


監査を3年間経験した後は「よりクライアントに寄り添いたい・他の会計士との差別化を図りたい」と感じ、PwCアドバイザリー合同会社(以下、「PwC」)に転職し、M&Aアドバイザリー業務に従事しました。

当時はリーマンショック後でなかなかIPO支援のチャンスがなかったというのもありますが、監査で結果としての数字を扱うのではなく、事業計画を元に会社の価値がどうなっていくのかを考えたい、M&Aアドバイザリーを通じて専門性を高めたいというのが転職の背景になります。

PwCでの毎日は多忙でしたが、クライアントから相談される難しい問題を解決するために頭をひねることは、常に知的好奇心を刺激され、とても良い経験でした。PwCでは、三井物産株式会社の化学品部門に出向する機会もいただきました。
三井物産では、化学品・食料分野のM&A案件に多数関与させていただき、プリンシパル(M&Aの意思決定側の立場)として投資業務に関わる貴重な経験を積むことができました。

きっかけは当事者としての経験

M&Aアドバイザリーの仕事は非常にエキサイティングで常に新たな学びがあり、飽きることはない仕事でした。また、アドバイザーとして働くことは自分の性に合っていると感じていました。細かな数字を扱う職人的なところは、もともと得意な分野でした。さらにテクニカルな所だけでなく、直接的にクライアントの支援ができる点が自分に合っていたように思います。

一方で、頭の片隅にはアドバイザーではなく当事者として事業にコミットしてみたいという気持ちもありました。

それにはプリンシパルの立場で事業投資業務に従事した経験が影響しています。その時、初めて当事者の立場でM&Aをした後を見ることができました。それまでは経営やM&Aを数字で見ていましたが、契約・組織・人事制度といったものの大切さも見ることができました。「事業や組織を作っていくためにはビジョンのような抽象度の高いものも必要」という発想はそれまでの自分にはなかったものです。

また、PwCでは良くも悪くも同質なメンバーと肩を並べ、その中で埋もれないようにいかに抜きん出たスキルを身につけていくか切磋琢磨する環境でした。一方、事業会社ではこれまでと全く違うメンバーの中でスキルを活かすことで、自分の想像以上に周囲から必要とされるといった体験ができました。この経験から徐々にスペシャリストからゼネラリストに志向が変化していったように思います。

また、プライベートでは息子が生まれたばかりだったのですが、将来息子が大きくなった時に、父が何かに挑戦し続ける人生を歩んでいる姿を見てもらいたいという気持ちもあり、転職を決意しました。

決め手は、目指すものが同じだったこと

CEOの阿部とは学生時代からの友人で、阿部が起業してからも定期的に飲みに行っており、事業の話を聞かせてもらったりおすすめのドローンを教えてもらったりしていました。ある日、阿部からCLUEに来て欲しいと誘われ、翌日にはすぐOKの返事をしました。

声をかけてもらったタイミングや友人からの誘いだったことももちろん影響していると思います。ただ、一番の決め手は、CLUEが掲げる「テクノロジーを社会実装し、世の中の不を解決する」というミッション、そしてクライアントの課題を第一に考えるイシューファーストというバリューへの共感でした。この話がなければ入社していなかったと思います。

前職では「クライアントの問題を解決したい」という思いで仕事をしており、アドバイザーと事業会社という立場の違いこそあれ、追い求めていることは一致してると考えました。
アドバイザリー業務と事業会社の管理部門では実務としては大きく変わりましたが、実現するものという意味では、これまでのキャリアは連続していると思っています。

入社してみて、先端テクノロジーのイメージが変わった

CLUEではバックオフィスの責任者として経理、財務、法務等に広く関与しています。また、投資家や金融機関への対応や社内体制整備にも力を入れています。

入社してみて、意思決定のスピード感や自分で仕組みを作っていくことが求められるといったスタートアップ的な点はイメージ通りでした。今は会社の成長スピードに追い付くので精一杯、というのが正直な実感です。スキル面での成長を実感するのは早くとも今から半年後くらいでは、と思っています。

一方で、マインドセットには大きな変化があったと感じています。これまでよりも、会社の成長のために自分になにができるかをより真剣に考えるようになった気がします。当事者として瞬間の最適解だけでなく、中長期で見た時の有効性を考えるようになりました。

入社前のイメージと大きなギャップがあったのは、当社の営業やカスタマーサポートのスタイルです。ドローンのような先端テクノロジーを手掛ける会社なので、テクノロジーを前面に出したドライな商談スタイルを想像していたのですが、実際には先端テクノロジーだからこそ、それを使っていただく方々の立場に寄り添うことが重要だということに気づきました。
特にユーザー会などは入社してから知ったので驚きました。1周年ユーザー会や、最近ではDroneRoofer女子会の様子を見ていて、職種の垣根を超えて営業やカスタマーサクセスだけでなく営業サポートやエンジニアまで顧客を向いていて本当に徹底しているなと思います。

どんなバックオフィスを目指したいか

社内の課題解決ができるコーポレート組織の構築に挑戦したいです。CLUEは転換期にあると考えています。スタートアップから社会に無くてはならないサービスを提供する会社へと脱皮する時期だと感じています。プロダクトが立ち上がるまでの期間は終わり、既に多くのユーザーに使っていただけている中で、サービスを継続し続けられるような体制を作る義務があります。

事業の成長スピードに劣らないよう、体制構築を進める。その時に、コーポレートでありながらも、我々の顧客が抱えている問題をどう解決しようとしているのか、どう解決したいのかをイメージしながら業務をできる人と一緒に働けたら嬉しいです。

ドローンでしかもSaaSという新しいサービスを提供する中で、新しい契約の座組みを事業開発や営業のメンバーと検討するような場面もあります。組織の形も柔軟に変わっていく中で、社内の意思決定に役立てるように状況に合わせた財務情報の取りまとめにも取り組んでいます。

会社が課題解決をしていける、そのサポートができるバックオフィスを一緒に作りましょう。

株式会社CLUE's job postings
42 Likes
42 Likes

Weekly ranking

Show other rankings