1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

商社からテクノロジースタートアップへ、ビジネスサポートの場所を変えた理由

何もかもが出来上がった綺麗な場所ではなく、カオスに飛び込んでみたい。

前職でどのような経験をされたか教えてください

新卒で2010年に伊藤忠丸紅鉄鋼に入社し、家電メーカー向け(白物家電)の営業部門にて営業事務として産休育休含め8年間在籍していました。

猛暑などでエアコンが予想を遥かに上回る発注数となると、関係者と毎日打ち合わせをしたり、製鉄所にお土産を持って工程を優先的に進めていただけるようお願いをしに行きました。また逆に発注量が激減した際には転売先を必死に探したりと、事務としてはかなり前線に立って従事していたかと思います。
商社はあらゆる事象やリスクを想定し需給調整が出来て当たり前ですので、毎月の在庫および発注量の管理にはかなり神経を使っていました。


なぜ、転職を考えたんですか?

前職は待遇がものすごくよく、8年間在籍していましたから仕事もやりやすく、「このまま定年まで」と思っていました。しかし、このままこのキャリアを続けていった自分というのは、自分にとっては綺麗に小さくまとまっていてつまらないイメージでした。

新しい経験と人との出会いが欲しいと思いました。カオスに飛び込みたい欲求がむくむくと出てきました。何もかもが出来上がった綺麗な場所でなくて、何もない荒れ野原のような場所で、高校や大学の時にチームでがむしゃらに頑張った学園祭の出し物の時のような青春がしたいと思いました。

そんなことをきっかけに転職活動を始めました。また、リモート勤務できない職場でしたので、 子供が熱を出した時などを考えると、フレキシブルに働くことのできるイメージのIT業界がとても魅力的に思えました。 あとは、比較的大きな会社だったので、業務改善や運用を変更したい場合、部署内の沢山の人や他部署にお伺いしなければいけないこともあり、スピード感をもって意思決定できない場面に不満があったのも事実です。 もう少し大きな裁量とスピードをもって仕事できる環境へ転職したいと思っていました。



テクノロジーってすごい。テクノロジーを使って世の中をもっと良くする会社で仕事がしたい。

どのようにCLUEを知り、CLUEに転職しようと思いましたか?

ママ専門の転職エージェントに紹介してもらいました。スタートアップって、みんな日付が変わるまで仕事してるイメージがあったので、時短でも働けるんだ!とCLUEのような企業を紹介されてとても驚きました。

私は、2人目の子供が生まれてから、体も心も余裕がなかったところ、お掃除ロボットなどの最先端家電や、様々なアプリによって、生活の中の課題が減り、生活の質がかなり向上したことに感動していたことから、「テクノロジーってすごい。テクノロジーを使って世の中をもっと良くする会社で仕事がしたい」と思っていました。そんな時に紹介されたCLUEが「最先端のテクノロジーを社会実装し世の中の課題や不を解決する」会社と知った時、あ、ここにしようと思いました。

スタートアップで働く人は「ノリが一番!パーティー大好き」という人が多いのかな、怖いなと思っていましたが、CLUEはお会いする方々皆さん地に足がついていて、誠実さが滲み出ているような方ばかりだったことに惹かれました。他の会社の面接も受けながら、CLUEに入ることは心のどこかで決めていたような気がします。
受付で立って待っている私に「大丈夫ですか?何かお伺いしていましたか?」と声をかけてくれる社員だったり。そんな風に面接に行く度に、会う人会う人に惹かれていき、入社を決めました。


入社前のイメージと比べて、どうでしたか?

入社前は、スタートアップはOJTなどなく、他の人の仕事をみて必死に食らい付いていくイメージがあったのですが、かなり手厚くフォローしてもらっていると感じています。それはメンタルの面でも、仕事の面でも。 業務の細かいフローについて親身に相談に乗ってくださる方もいますし、もっと高い視点から助言をくれる人もいます。

更には、CLUEが向かっているGOALを、経営から遠い私のようなポジションでも理解できるよう、適切なタイミングで課題図書を与えてもらえたりと、どんな課題が自分の目の前に立ちはだかっても、必ず解決できるような自信がもてる環境だと感じています。


社員一人一人のアイデンティティーが確立されていて、「似たような人」が一人もいない、バランス組織


今、どんな業務を担当されていますか?

お客様の受注管理、ドローンの手配、それに纏わる飛行許可・保険の申請、売上・入金管理をしており、その傍で刻々と変わっていく運営方法に合わせて効率的に滞りなく業務が進むよう、日々マニュアルの整備をしています。

今後受注数や営業サポート職の人数が増えても、誰でも業務の進捗状況が把握出来たり、簡単にミスなく業務が進められるよう、外部の方と打ち合わせしながらRPA化などを進めています。

小さい組織だからということもありますが、走りながら気軽に試行錯誤して意思決定していけるのでとてもスピードが早いですし、皆さん変化させることに抵抗が無く、「良くなるならその方法でやってみよう」と提案を受け入れて頂けるのでありがたいです。


どんな時に成長した、と感じますか?

業務上不都合なこと、不便を感じていることを言語化して共有し、改善できるようになったと感じています。以前は、割と「根性」で笑、不便なことも乗り越えてきてしまったのですが意を決して入社1ヶ月目であっても「これ面倒くさいです」「これやる必要ありますか?」などと生意気なことを言い始めました。

皆さんフラットに提案を受け入れて下さり、それによってどんどん業務改善出来てきているので、本当にありがたく思っています。


辻本さんの言葉でCLUEを表現すると、どうなりますか?

圧倒的な有機的組織!社員一人一人のアイデンティティーが確立されていて、「似たような人」が一人もいない。一人一人の役割や得意分野は違うけれど、それらが有機的に組み合わさって結果的にとてもバランス良い組織だなあと感じます。

私は、苦手なことを平均的にできるようにするより、苦手なことなんてそれが得意な人に任せて自分の得意なことを伸ばしていく方が、世の中うまく回ったり進歩すると思っているのでこのような個々の資質を大事にする組織は自分の考えにマッチしてますし、今とても幸せです。


今後、どんなことに挑戦していきたいですか?

営業サポートとしてお客様が安心してドローンを使ってくださるには何ができるか?考えながら業務改善していきたいです。また、私はCLUEのメンバー一人一人にとても興味があるので、もっと深くインタビューなどして広報とかもやってみたいです。社員は会社のブランドですよね!


どういう人と一緒に働きたいですか?

仕事って多々周りとの折衝があると思いますが、 自分の仕事の範囲の視点だけではなく、 「会社のミッションが何か」という視点をもってそれに 対してベストな意思決定ができる人と働きたいです。
また、バランスの良い人、より、 「この人のことをもっと知りたい!」と 思うような一つの個性が光っている人と一緒に働きたいです。

株式会社CLUE's job postings
43 Likes
43 Likes

Weekly ranking

Show other rankings