1
/
5

#仕事のバトン|ご要望の分解力+調整力で、お客様にぴったりのSynergy!を作る

11月8日から始まった新企画「#仕事のバトン」は、記事に登場した社員が次の記事に登場してもらう社員を紹介するというリレー形式で進めていきます。

今回は、第1回の片山さんに紹介いただいた相川さんに登場していただきます。

▼片山さんの記事
いい企画や提案をするには、チームみんなの力が必要不可欠―片山さん


        ▲相川さん(2020年4月入社)クラウド事業部 第1エージェントG


How to Work|お客様の「こんなことしたい」というイメージをカタチにする

私の仕事の目的(ゴール)は、Synergy!を使って、お客様の課題を解決することです。といっても、私は新規で引き合いのあったお客様にSynergy!を売っているわけではありません。

たとえば、とあるキャンペーンを実施したい、というお客様の要望があったとします。その要望を実現するために、どのようなフローでキャンペーン登録をするのか、フォームにはどんな項目が必要か、データベースはどんな構成にするのかを考えて(※)Synergy!に実装する部分を担当しています。
※Synergy!は必要な機能だけを利用できるクラウドサービスで、柔軟なカスタマイズが可能です。

仕事をひとことで表すなら「設計代行のディレクター」。お客様と打ち合わせ〜要件定義〜見積作成〜受注後、作業メンバーをアサイン〜作業、納品までを行います。難しいのは、お客様からの要望がふわっとしている場合に、どうやって要件定義をしていくか。こういうときは、まず、「何の項目が必要か」「どんなデータベース構成にすれば運用しやすいか」といった感じで細かく分解し、お客様とすり合わせをすることで、要望の解像度が上がり、定義しやすくなります。

また、最近は、「Synergy!を導入しているけど、うまく活用できていない...」というお客様に対して、活用方法を提案したり、機能を紹介することも。いろいろなクライアントのディレクターをやっているからこそ経験を活かして幅広く提案できる、という強みを活かして、今よりも、もっとSynergy!のファンになってもらうことも、私の大きな役割だと感じています。


Schedule|お客様、営業さん、作業メンバー...毎日、いろいろな人と関わります

10:00 出勤(ほぼリモートワークなので出社は月2、3回)、メール・チャットのチェック

11:00 営業さんから案件相談

12:00 お昼休み

13:00 定例案件の社内MTG

14:00 お客様とオンラインMTG

16:00 作業メンバーが対応してくれた制作物のチェックとお客様送付

17:00 新規案件のフロー検討、見積作成

18:00 翌日作業メンバーに依頼をする事項の整理、手順書作成

19:00 メールチェックをして退勤


Abilities & Skills|社内・社外をつなぎ、プロジェクトを成功に導く

■調整力

社内、社外問わず、調整力が以前より身につきました。お客様からの入稿が遅れた場合は社内スケジュールの調整が必要ですし、逆に、追加依頼が発生して納期が後ろ倒しになる場合はお客様にスケジュール変更をお願いすることもあります。いわば、お客様と作業メンバーの調整役、架け橋のような存在であると意識して動いています。


Motivation|私の言葉や行動でSynergy!のファンが増えていく

納品後に、お客様から「顧客の会員管理が楽になりました」「セミナー成功しました!」など、ポジティブな意見をいただいたことがあって。小さなことでも、お客様のお役に立てたと感じられることがモチベーションに繋がっています。

また、あるとき、もっとSynergy!をご活用いただけるように、操作方法の説明や業務で使えそうな機能の紹介をさせていただいたことがあったのですが、「とても分かりやすかったです。もっと早く聞いてみればよかったです!これからもどんどんSynergy!を活用していこうと思います!」と言ってもらえて。Synergy!のファンになってもらう「はじめの一歩」を踏み出せた気がして、とてもやりがいを感じました。


▼相川さんからご紹介いただいたのは...

金子さん
クラウド事業部 第1アカウントソリューションG

相川さんからのコメント:
新卒で入社して、最初の配属時に同じ部署だった同期です。現在は営業として、いつも元気で、明るくて、ポジティブに活躍しています。プライベートも仕事も充実させている、バイタリティー溢れる女性で、私もいつも元気をもらっています。

シナジーマーケティング株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more