This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

Synamonオフィス移転!移転PJ発足から移転パーティまでの軌跡を辿る

みなさんこんにちは!Synamonカスタマーサクセス兼広報の熊谷です。

さて、この度、

Synamonは事業拡大のためオフィスを移転いたしました!!

今後もVRが当たり前の世界を目指し、社員一丸となって邁進してまいりますのでよろしくお願いいたします。
気になる移転先ですが、なななんと…五反田です!!!
「あれ、もともと五反田じゃなかったっけ?」と思った方、その通りです。今回Synamonは東五反田→西五反田へ移転いたしました!(笑)
ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、五反田にはTOCビルという大型の商業施設があります。その中の一区画に今回新しくオフィスを構えました。
本記事では今回の移転がどのように進められたか、そしてどのような魅力的なオフィスに移転したのか、さくさくっとまとめていきたいと思います!

移転プロジェクト始動

資金調達を終え、ますます成長角度を上げていこうとするSynamonですが、大きな壁にぶつかりました。

オフィスに全然空きスペースがない…

2017年12月に東五反田のオフィス(約38坪)に移転してきた弊社でしたが、ありがたいことにどんどん人が増え、一年後にはかなり手狭な状態に。このままでは新しいメンバーを迎えられない!ということで移転が決定し、4月に移転プロジェクトチームが結成されました。内装を担当する係や、什器選定を担当する係、インターネットなどのインフラ環境を整える係など、各自の希望と得意分野によって複数のチーム(兼務もたくさんあり)が結成され、それぞれが8月の移転に向けて動き出しました。

移転先のイメージが沸かないならVRで確認すればいいじゃない

レイアウト班を中心に、移転先の図面とにらめっこする日々が始まったわけですが、日頃図面を見る機会の少ない我々では、どうも部屋割り後のイメージがしにくいという問題がさっそく浮上しました。実際に現地に下見に行ってみても、まだ入室ができないのでガラス戸の外からのぞき込むばかり。どこに壁を作るのか、何個机を並べられるのか、悩みは増え、それぞれ大きくなるばかりでした。
そこで我々は図面を元に、移転先のオフィスをCGでモデリング→VR内で確認という手段を取ることに。通常業務と並行してデザイナー班が新オフィスをモデリング、「NEUTRANS BIZ」のシステムを利用して、複数人で新オフィスの広さ、レイアウトの確認をしてみました。その結果ですが、

かなりいい!!!大成功!!!!!

何が素晴らしいかというと、まず全体の広さ、雰囲気が一気につかめること。これが大きいと思いました。天井の高さや床の広さのような感覚的な部分を実体験できる上、家具配置のシミュレーションができるのはまさにVRの強みです。更に、「NEUTRANS BIZ」ではVR空間上での複数人のコミュニケーションを可能としているので、社員向けに「こっちが倉庫だよ~」というような案内もできました!床の色もどんな色がいいか迷っていたのですが、VR上で確認してみたところ「茶色がしっくりくるね」という話になり、無事すんなりと決定しました。

※上の画像は12月増床後のオフィスイメージ

移転当日

移転作業が行われたのは8月15日。お盆で長期休みの企業が多い中でこの日程を選択したのは、お客様とのやり取りが移転で滞ることを少しでも軽減したいという思いからです。
移転日の朝は、今までお世話になったウィスタリアビルの荷物搬出作業から始まりました。短い時間でどんどんとオフィスはまっさらな状態に近づいていき、最終的にはこんな感じになりました。

空っぽ…


筆者自身は現場に立ち会わせていなかったのですが、Slackでこの写真が送られてきた時は、なんだかこみ上げるものがありました。インターン含め9人だったメンバーが21人になるまでの期間、苦しみも喜びもこの場所で味わっているということで思い入れもひとしお。ただ、一つの節目を終えたことを寂しく思いはするものの、次のオフィスでまた社員のみんなで楽しく働くことの方が個人的には楽しみでした。こうしてみると、オフィス移転ってなんだか卒業式のようですね。新しいオフィスで、まだ知らない未来の仲間と出会えるのが楽しみです!!

さて、そんな新しいオフィスですが、当たり前のことに最初は仕事なんてできる状況ではありません。社員全員で新調した家具の組み立てや回線の整備などを進めていきます。


こちらが何もない新オフィス。広さなんと約77坪!!前オフィスの約2倍!(増床後は100坪超え!)


組み立ての様子(Mirage Cameraを一日つけて限定公開でYouTubeLive配信し、どこにいても移転の進捗が確認できるようにしていました!)


こちらは距離測定器の使用に四苦八苦するCEOとCDO


みんなでラグを敷いて…


寝る


そうして一日(と翌日少し)かけて完成したオフィスがこちら!


コンセプトは「クリエイターファースト」。Synamonの社員が全力で仕事に取り組める空間を第一に、社員の要望を吸い上げて反映させています。
前のオフィスにもあったリラクゼーションスペースは社員の憩いの場であり、人気の高い空間だったので、スペース倍増&クッションを追加してグレードアップしました。これから少しずつ植物も追加していく予定です!
あとは、VR体験スペースを増設&スペース拡張したのもこだわりの一つです。日々VRに触れる我々ですが、前のオフィスでは狭い&天井が低くてVIVEのコントローラーを思う存分振り回すことができませんでした。しかし、新オフィスはかなり天井も高く、面積も広いので、ぜいたくに体験スペースを確保することができました!気軽にのびのびVRを楽しめる空間があるというのはとても魅力的です。

移転パーティ

移転日の夜はウィッシュリストで頂いたお酒をみんなで頂き、移転パーティを行いました!一日働いた身体にアルコールが染みます。改めてお礼はいたしますが、プレゼントを送っていただいた皆様、本当にありがとうございます!
パーティで用意された食べ物はピザ、お寿司、そして引っ越しそば。

(調べてみたところ、引っ越しそばは元々引っ越し先の近隣の人に配るものだそう。でもおいしいのでオッケーです!)

おなか一杯になったメンバーはリラクゼーションスペースでボードゲーム(Synamonメンバーはボードゲーム好きがとても多い)。ちなみに、こちらもウィッシュリストの頂き物です!ありがとうございます!!

「エセ芸術家ニューヨークへ行く」という、制約ある中みんなで一筆ずつ線を書き足して、一つの絵を完成させるゲームなのですが、完成品がこちら。

何だと思いますか?実はこれ、ピザです(雷は辛さを表現、右下にあるのはピザカッターです)。
こんな感じで大盛り上がりの中、Synamonのオフィス移転は無事終了しました!

移転プロジェクト発足当初は不安も大きかったですが、各チームの連携や社員の団結力でなんとか無事移転を終えることができました。非常に開放的で明るく、魅力的なオフィスに生まれ変わったので、ぜひこの記事を読んでいる皆様にも遊びに来ていただければと思います!

新住所
〒141-0031 
東京都品川区西五反田7-22-17
TOCビル9階1号室

■アクセス
JR、都営地下鉄五反田駅より徒歩8分、
東急電鉄目黒線不動前駅より徒歩6分
東急電鉄池上線大崎広小路駅より徒歩5分
※JR五反田駅からは無料の直通バスも運行しております!

そして移転祝いも絶賛受付中でございます。移転の祝花に代わり、以下のウィッシュリストよりお気持ちいただければ、社員一同非常に喜びます!

■ウィッシュリスト
https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/1R6HTNAFRLZ6K/ref=hz_ls_biz_ex

重ねてになりますが、この移転に至るまでSynamonを応援してくださった皆様、誠にありがとうございました。今後ますます成長を加速させてまいりますので、Synamonをどうぞよろしくお願いいたします!


最後に、Synamonは事業を加速させるために新メンバーを大絶賛募集中です!!募集内容は以下となります。

■募集詳細
https://www.wantedly.com/companies/synamon/projects

VRが当たり前の世界を実現するということに興味がある方、Synamonがどんな会社か、実際にお話を聞いてみたい方、もしよろしければ本日ご紹介しました新オフィスに遊びにいらしてくださいね。お会いできますことを楽しみにしております!
少し長くなってしまいましたが、ここまで読んでいただいた皆様、ありがとうございました!ではでは!

株式会社Synamon's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings