1
/
5

瞳孔検出SDK β版リリースのお知らせ

当社でも、新たに製品のβ版を
リリースをさせていただきました。

瞳孔検出SDK β版

https://pupil.pas-ta.io/

プレスリリース

パナソニック特許活用「目・瞳孔検出SDK」のβ版モニター募集を開始しました(当社ホームページ)
パナソニック特許活用「目・瞳孔検出SDK」のβ版モニター募集を開始しました(PR TIMES)

瞳孔検出技術の概要

  • 目検出技術
  • 瞳孔検出技術
  • 虹彩外縁検出技術

あたりが、
すべて詰まっているのですが、

とりあえず、
様々なお客様のニーズに
お応えできるように

β版リリースをさせていただくことにより
お客様からの要望を
ヒアリングさせていただき

汎用性を高めていくための
プレス発表となります。

瞳孔検出の様子


可視光カメラを用いた場合(macBookPro インカメラで撮影)


可視光カメラを用いた場合(macBookPro インカメラで撮影)


赤外線カメラを用いた場合

さて、名前の通り、
まだβ版となりますので

通常であれば、
製品発表は、
まずはこんな感じなのですが、

「実際に動いている様子が見たい!」

というお声を
数多くいただいてきたことから

今回は、瞳孔検出の様子を
YouTubeにアップロードすることにより

動画も合わせて
公開させていただきました。

本技術がどういう所に
活用されうるのか、

というところと
合わせて見ていきましょう。

想定される用途

■居眠り検知
瞳孔が検出できる状態を
覚醒状態として、

検出できないタイミングが、
一定時間続くと、

アラートが鳴るような使い方を
していただくことで
居眠りの検知ができるようになります。

自動車の運転時や、
セミナー、会議、
授業中、国会中継など

瞳孔検出可否を判定するだけであれば
可視光カメラでも十分ですので

スマホアプリ含め
多様なシーンでご活用いただけるのではないか
と考えております。

■ヘルスケア
通常、医療目的などで

  • 瞳孔径の測定
  • 瞳孔の撮影
  • 目の状態撮影

を行うには、
専用の器具(ハードウェア)が必要になりますが

当社SDKをご活用いただき、
独自の眼測定器具を
開発していただくことも可能です。

最近では、ヘッドマウントディスプレイでも
目の検知を希望される企業さまも
いらっしゃるようです。

■視線検知・アイトラッキング
人がどこを見ているか、
という視線情報を検知し、
関心度などを図ることが可能な技術です。

視線検知技術には、
角膜反射法や
三次元眼球モデルなどがありますが、

当社も、この瞳孔検出技術をベースに、
現在、視線検知技術の研究開発を進めています。

半年以内には、
お見せできるように頑張っていますので
いましばらくお待ちください。

最後に

社内で、瞳孔検出の被験者として
動画撮影されてもいい人を募りましたが、

結果はお察しの通り、
奇しくも、わたし自身が
YouTuber(ユーチューバー)デビューとなりました(笑)

ユーチューバーといっても
製品紹介動画では

広告は一切載せませんので、
ご安心ください。

もし今回の動画が
反響よさそうであれば、

虹彩認証だったり、
他の技術についても

動いている様子などを
随時動画にして
アップしていきたいと思いますので

みなさまぜひ、
定期的にチェックにお越しください。

さて、当社ではスタッフが
毎日一生懸命SNSの更新も行なっておりますので

「いいね」、「フォロー」のほど、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

当社SNS

■Facebook
https://www.facebook.com/swallowincubate/

■Instagram
@swallowincubate

■Twitter
@SwallowIncubate

株式会社スワローインキュベート's job postings

Weekly ranking

Show other rankings