1
/
5

SaaS事業で活躍しているメンバーはどんな業務をしているか

こんにちは!22卒内定者の望月良平です。

SUPER STUDIOは独自のECプラットフォーム「ecforce」を提供するSaaS事業と、自社でのD2Cのブランドの立ち上げや、そこから蓄積したD2Cノウハウを元にD2Cコンサルティングをしています。

今回はSaaS事業で活躍しているメンバーの入社した経緯や業務内容についてお伝えします!就職活動の際に“どのような理由で入社して、どんな仕事をしているのか”がわかるとその会社のことをイメージしやすいと思います。今回お伝えすることを是非参考にしてみて下さい!

SaaS事業はどんな業務をしているか

前述の通り、ECプラットフォーム「ecforce」を提供している事業です。「ecforce」はインターネット上で販売するための仕組みであるカートシステムと呼ばれるもので、メーカーが商品を自社のECサイトで販売する際に使います。そのシステムをSaaS形態で提供しています。

SaaS事業を行っているメンバーは「ecforce」を利用しているクライアントのサポートはもちろん、利用を検討しているメーカーにサービスの提案をしたり、他社システムからの移行作業を管理したり、と様々な職種が活躍しています。

他にもSaaS事業について触れている記事があるので、ぜひ読んでみてください!↓

SaaS事業の職種

●セールス部門

- SDRユニット(Sales Development Representive)

WEB経由のお問い合わせや、パートナー企業からのご紹介、セミナー参加のお客様と接触し、フィールドセールスが商談化できるように引き継ぐ役割を担っているユニットです。

- フィールドセールスチーム

SDRユニットから引き継いだ見込み顧客に対して、ecforceを導入してもらうためのコンサルティング営業をします。クライアントのECショップ運営に寄り添いながら、課題解決を図ります。

●カスタマーサクセス ユニット

既存のクライアントからいただく要望へ対応するだけでなく、クライアントが売上を伸ばしたり業務効率化をするためのノウハウやベストプラクティスを考え、提案します。クライアントの成長をサポートするユニットです。

他にもSaaS事業に携わる職種はたくさんあります。こちらの記事で他職種について触れているので是非読んでみて下さい!↓

※21年3月に組織変更、なお情報は21年10月時点のもの

SDRユニット 畔上さん


ー SUPER STUDIOに入社した経緯を教えて下さい。

前職は人材紹介会社で働いていて、もともとSUPER STUDIOが取引先の1つでした。前職での業務を続ける中で、自分のスキル的な部分を含め漠然とした不安を3~4年ほど抱えていました。そのことを友人であった現在の上司にあたる大谷さんに相談していたところ、選考を受けてみないかと声をかけて頂きました。

伸びている市場でビジネスをしていて、中でも受け入れられているサービスを提供しているSUPER STUDIOで働くことで、新しい知識や知見を広げたいという思いが強くあり、SUPER STUDIOに入社を決めました。

ー 普段行っている業務を教えてください。

私はSDRユニットでマネージャーをしています。SDRユニットの業務としては、ブランドサイトからの問い合わせやセミナー、パートナー様経由でSUPER STUDIOを知ってくださった新規顧客に向けてフィールドセールスがしっかりと商談できるようにご案内しています。ユニットの中でも担当ごとに3つのチームにわかれています。

インサイドセールスチームでは、ecforceに興味があるクライアントに対して、電話を通してなぜecforceに興味を持ったか背景を伺います。クライアントがecforce導入可能性があるのであれば、ecforceの情報やD2Cに関しての情報提供を踏まえて商談の日程を決めています。その案件をフィールドセールスに連携します。

セミナーチームでは、目標のリード数を獲得するためにどの程度セミナーを開催しなくてはいけないのか、どのような内容のセミナーを開催すれば良いのか、どのような人に参加していただければecforceのリードにつながるのか、などを考えるところからはじまります。その上で定めた目標に向けてセミナーを運営していきます。

パートナーチームではecforceの魅力を代理店となりうる企業に説明をし、代理店契約の調整をしていきます。また代理店と同席し商談をすることもあります。たくさんの代理店がありますので、代理店向けのセミナー開催もしています。

私の業務で言うと、すべてのチームの状況を把握し、いかに良い商談をフィールドセールスに引き継いでいくかを考えています。すべてのチームの業務の本質的な意味を考えながら、仕事をしています。

ー どんなメンバーと協力しながら働いていますか。

チームメンバーにヒアリングして、運用面や業務の現状がどうか、現場の実態や課題感を把握します。その実態や課題に対して、改善策を私から提案しています。

メンバーはそれぞれの仕事に裁量を持っているので、それぞれの仕事に関わるような他部署の方々と話し合いながら仕事を進めることもあります。

ー 業務の中で、どんなところにやりがいや達成感を感じますか。

SDRユニットはまだまだやるべきことがたくさんある組織なので、ひとつひとつ課題を改善していくことがとてもおもしろいと感じます。マーケティングチームと距離が近いために、違う視点からの新しい知識を得ることができるのも面白いところの1つです。

インサイドセールスチームは、商談の基盤をつくることがやりがいだと感じています。インサイドセールスチームは顧客と一番最初に関わる存在なので、クライアントとしっかりと話し合いecforceを使って頂くクライアントの入り口をつくることに楽しさがあります。

ー 今後の目標を教えて下さい。

個人の目標としては、マネージャーとしてSDRユニット強くしたいという想いがあります。

具体的には営業側がしっかりと商談でき、各個人が能動的に動き、活躍できるような土壌を作り上げていくことが目標です。

ー 最後にこの記事を読んでいただいた方々へメッセージ

SUPER STUDIOではしっかりとした働きや実績によって、少し背伸びした役割や仕事を任せられます。必然的に考えなくてはいけないことや、新しい知識などを学ぶ機会が増えていく中で、成長できる環境があります。そのような環境下で成長したいと思う方にはSUPER STUDIOがとてもあっていると思います。

カスタマーサクセスユニット 内田さん


ー SUPER STUDIOに入社した経緯を教えてください。

前職はジュエリー業界で営業の仕事をしていました。なかなか給料が上がらない中で、年齢も30歳を過ぎて、なにか新たな挑戦をするために転職したいと思っていました。

そんな中、SUPER STUDIOの創業メンバーの真野さんと音楽活動を通して知り合いました。ある時、一緒に食事をする機会があり、時間を忘れるくらいに話が盛り上がったのを今でも覚えています。その時に私は、仕事に対して情熱的に取り組んでいる真野さんの熱い心に惹かれました。前職の職場は思ったことを言えないネガティブな雰囲気があり、熱い心をもったポジティブな人たちと働きたいと思っていたところ、真野さんに声をかけて頂きSUPER STUDIOに入社しました。

ー 普段行っている業務を教えてください。

基本的に私達はecforceを既に使っているクライアントの対応をしています。既存のクライアントの課題解決や売上を伸ばす為に、システムの仕様説明やノウハウを伝えます。

またクライアントの要望や改善案に応えるための要件定義も行います。定義した要件をエンジニアに依頼することで、システムをアップデートしていきます。

例えば定量業務の自動化があります。今まで人が行っていた業務を自動化することで、効率が上がり人的ミスのリスクもなくなりました。フィードバックでは「業務が楽になった」との声も頂き、人的コストも削減できていると実感しています。要件定義の際にも、いかにクライアントの売上を上げるのかを考えながら行うので、熱が入ります。

カスタマーサクセスはカスタマーサポートと名前が似ていますが、カスタマーサポートは基本的にクライアントの問い合わせに対応して問題を解決します。カスタマーサクセスは売上向上の為にインプットを行ってクライアントを成功に導きます。

ー どんなメンバーと協力しながら働いていますか?

カスタマーサクセスユニットはメンバーが5人しかいません。なので、同じ業務をそれぞれが行っているような感じです。KPIは一緒なのでお互い相談やアドバイスをしながら働いています。

SUPER STUDIOには常に好奇心を持った人が沢山います。その中で働くことは毎日が刺激になり、新しい発見や勉強になることがあるのでとても楽しいです。

また、一緒に働いている人たちはみんな明るい性格でポジティブですし、言いたいことが言い合える関係です。

ー 業務の中で、どんなところにやりがいや達成感を感じますか?

クライアントの売上を立てる施策の提案やミーティングを行い、改善が見られたときに嬉しく思います。試行錯誤しながら苦心することもありますが、喜びを共感できたときにとてもやりがいを感じます。

新しい知識を得る楽しさもあります。持っている知識を提供することはもちろんのですが、クライアントと共に仕事をしていく中で「そんなことで売上が上がるんだ」と新しい知見を得ることもあります。新しく得た成功のための知識を他のクライアントにも共有していくのもすごく楽しいところの1つです。

ー 今後の目標を教えて下さい。

クライアントの成功の為に同じ目標に向かって伴走するカスタマーサクセスという職種が私の性に合っています。なのでこれからもサクセスの勉強をしていき、まだまだこれからのカスタマーサクセスの基盤をつくりあげていきたいです。そのためにはチームで決めた目標に対して、達成するにはどうすればいいのかを考えるマインドは大切にして、本質はなんだろうと常に考えながら、常にカスタマーサクセスで成長したいと思っています。

ー 最後にこの記事を読んでいただいた方々へメッセージ

SUPER STUDIOには、成長できる環境があります。成長したいという思いや新しい知識を取り入れたい人には興味を持っていただきたいです。またSUPER STUDIOで働いている人はVALUEをしっかりと体現しています。VALUEの中で1つでも共感できる部分があれば一緒に働きたいです!

また、私が働いているカスタマーサクセスでは、たくさん知識が必要となります。好奇心旺盛な人や、新しい事に常にアンテナを張っている人に入社してほしいです。皆さんお待ちしてます!


今回、SUPER STUDIOの二軸のひとつであるSaaS事業の業務やメンバーにフォーカスしてお伝えしました。就職活動をする際に、どのような業務をしていて、どのような人たちがいるのかなど、より具体的にその会社のイメージを持てると良いと思います。今回の記事を是非参考にしてみてください。

SUPER STUDIOでは新卒採用を積極的に行っていますので、少しでもSUPER STUDIOで働きたいなと思いましたら是非ご応募ください!

株式会社SUPER STUDIO's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more