1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

新たな人生を通じてお客様、メンバー、家族全てを幸せにします。

MANAGER
宮守 淳貴
JUNKI MIYAMORI
大阪支社 支社長
法学部卒
大阪支社の代表者としてチーム全体を率い、大阪だけでなく、兵庫、京都を含めた現在700社以上のお客様の支援をしています。

ーー今までの経験を教えてください。

日本代表、ドラフト会議
プロ野球選手に選ばれました。

自分は学生時代、野球一筋でした。中学生で日本代表に選抜され、名門の青森山田高校で甲子園に2度出場し、高校生で中日ドラゴンズからドラフト会議にかけられました。その年の甲子園でのショートの最優秀選手と新聞で載ってはいましたが、恩師の薦めで大学へ進学をすることにしました。

そこでは4年間、後輩の育成に最も力を入れていました。卒業後、鉄道会社の社会人チームでプレーをすることが決まっていましたが、現存のショートのレギュラー選手がその年プロにいく話がなくなり、自分は最大手の玩具メーカーへ入社することになりました。



平日は仕事、休日は野球の日々でした。野球のために入社しましたので、任される仕事は正直人を選ばないような内容ばかり。その中で自分は一体何がしたいのか、初めて人生に戸惑いを感じてしまいました。結果として勢い余って急に退職をしてしまいました。これが人生で一度目の大きな挫折です。しかしながら生活をしていかないといけないので、たまたま見かけたサングローブのアルバイトに応募しました。

ーーサングローブでのエピソードを教えてください。

全てが未経験、自己有用感を
得られずに二度目の大きな挫折。

テレフォンアポイントのアルバイトから入社はしたものの、代表から、営業をやってみないかと言われました。とても丁寧に教えてはくれましたが、途方も無く何もできなかったのを今でも覚えています。まず自分の発したい言葉がうまくアウトプットできないのです、野球ばかりやっていましたので。

当時は自分だけアルバイトで営業の仕事をさせてもらっていました。同時期に入社した営業の中途採用の正社員が二人いましたが、どんどん置いていかれていきました。二人は経験者で事業やサービスの説明からでしたが、私はOJTからのスタートです。



はやる気持ちを抑え、「急がば回れ」と何度も言われました。中学生から厳しい寮生活で培われた根性に自信がありましたが、ここまで自己有用感の乏しさを味わったことは初めてでした。また逃げ出したくなりましたが、それではまた同じことを繰り返すのが恐くて、もう無心で腹を括りました。

ーーメッセージをお願いします。

全力投球で社員登用から
最速での営業責任者、今では支社長へ。

OJTの後、最初は新規営業の仕事から始めました。お客様先に一人で初めて行ったのは、入社してから2ヶ月後のことでした。始めはお客様が独りでに資料を読んで、自分は質疑応答を受けることしかできませんでした。それでもお取引をいただけるのは、熱意と正直ほとんどサービス内容だけでした笑

昔も今も、折衝のような営業は私は正直できません。それでも、営業は結果を出す度にご紹介の案件が増えるので、それをひたすらに繰り返していきました。無我夢中でしたが、気付けば営業成績が一番になり、最高に充実した毎日でした。全力で野球をやっていた頃のような自信を、次第に取り戻していきました。



気付けば東京本社で営業の責任者になっていました。きっかけはサングローブでしたが、いつも私を育ててくれたのはお客様です。そのことが真に分かっていないと、営業の責任者はまず務まりません。

その矢先に代表から「大阪へ出張して欲しい」と言われ、改めて関西圏で新規営業の担当者になりました。そこから2年間で500社以上のお客様とお取引をさせてもらえるようになりました。「大阪に支社を立ち上げたい」自分をここまで育ててくれたお客様にもっと恩返しがしたくて、大阪にもっと留まりたいと考えました。支社開設からまだまだ半年程ですが、その間に結婚したり子供ができたりと、プライベートでも大きな変化がありました。今では「自分の居場所はここだ」と、人生で一番の自己有用感を感じれるようになりました。

今後集まってくる大阪支社の新メンバーには同じような経験をたくさんしてもらいたいです。仕事には全力投球、時には厳しいですが、たまには共に余暇を過ごしたりして共に支え合えるような、家族のようなチームが理想です。東京本社に負けないような最高のチームワークを発揮していきましょう。

以上、サングローブで大阪支社の支社長として働く宮守に話してもらいました。少しでもご興味を持っていただいた方は、お気軽に「話を聞きにいきたい」ボタンを押してください!
みなさまのご応募、お待ちしております。

サングローブ株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more