This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

日本全国の方が植物を好きになり、満足できるお庭・後悔しないお庭を提供できるようにしたいです。

▼株式会社ストロボライトに入る前

もともとは砂漠緑化に興味があり、大学も農学系へ進み、そこから園芸・造園の面白みに嵌り植物・造園を専攻しました。

しかし、大学卒業後は地元兵庫県に本社がある食品会社に就職し、関東エリアの営業を担当し一時園芸・造園業界からは離れていました。

食品営業として数年経過したころに、友人が新しい家を建てたものの、「庭をどうしたらいいかわからない。どこに相談したらいい?」という話を聞き、改めて造園業界への興味が再燃しました。

そこからは、食品会社を退職し、知識・経験を深めるために植木屋・造園屋で数年間修行しました。その頃は必死になって知識と経験を得ようとして、造園業界全体がどうなっているのかを見ていなかったかもしれないです。

しかし前職会社で民間や公共関係の造園等の緑化関係の仕事をしていくうちに、大多数のニーズを満たす植栽だけを行うことや、金額の高い案件だけ注力するようなことに疑問を感じ始めていました。

そんな思いを抱えながら仕事をしていくときに出会ったのが、ストロボライトと代表の石塚でした。

石塚の話を聞いているうちに、自分の中で「もっとお客様一人ひとりの思いにこたえられるものを作りたい」という思いが湧き出して、即転職を決意しました。


▼現在

MIDOLAS事業部にて、お庭のリノベーションプランや施工を行うディレクター業務を担当しています。

ストロボライトに入ったことで、多種多様のお客様と接する機会があることで、今までの造園業界で当たり前と思っていたことが、実はお客様にとってはわかりにくく、自分よがりなものになっていることに気づく毎日です。

どうやったらお客様に満足して、喜んでいただくことができるかを常に考えて、チャレンジできる環境と、WEB業界のスピード感を肌で感じながら仕事ができることが、今までにないことで刺激的な毎日です。

そして、自分自身の営業時代と造園時代で培った対応力・現場力を自社で生かすために奮闘中です。

株式会社ストロボライトについて

ストロボライトが手掛けている事業は、業界内でも新しい試みとして注目を浴びつつあります。

業界内で新しいことを行おうとしているので、常にチャレンジする気持ちを大切にしていますし、業界内の注目・関心をパワーにして常に前に進もうとしているスタッフで日々奮闘中です。

オフィスについても植物の種類と数の多さに驚くと思いますし、植物好きの方にとっては最高の環境で業務に携わるのではないかと思います。そしてスタッフも植物好きばっかりです。

その植物好きのスタッフが「植物とくらしを豊かにする」ために、何が必要なのかを常に考えている会社です。

▼今後どういうことをしていきたいか

今所属しているMIDOLAS事業部も、今年8月から関西エリアも対応していくことになりました。

今後はエリアをさらに拡大させていき、日本全国の方が植物を好きになり、満足できるお庭・後悔しないお庭を提供できるようにしたいです。

そして、多くの方が園芸・造園業界に対して希望をもってもらえ、園芸や造園の業界に従事している人たちが自慢できるような業界に変えていければと思っています。

株式会社ストロボライト's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more