This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

ストアカ初の社内表彰制度、「ストアカバリューズアワード」第1回を開催しました!

こんにちは!ストアカの営業・事業開発マネージャーの窓岡順子です。
今回は、今年から始めた新・社内表彰制度である「ストアカバリューズアワード」について、
お話ししたいと思います!

前回の合宿ブログでも言及していますが、2018年9月、役員陣が変わり新体制になったことを機に、
これまであったコアバリューズを一から見直し、新・行動指針としてストアカバリューズを策定しました。そのバリューズはこちらの3つ。

Enjoy the Waves
 未踏への挑戦を楽しむ
Be Professional
 最良を考え抜く
No Border
 枠にこだわらない


「ストアカバリューズアワード」とは?

私たちは日々仕事をする中で、このバリューズを意識して行動しているわけですが、
よりバリューズをチームに浸透させたい!社内にほめ合う文化を作りたい!という思いで、
「ストアカバリューズアワード」という社内表彰制度をみんなでつくりました。

これは、ストアカ初の社内表彰制度になります。
頑張るメンバーを表彰する制度をつくりたい・・・という思いは前からあったのですが、
人数が少なかったり、体制が整っていなかったりと、スタートのタイミングを模索していました。
バリューズを策定した今のタイミングで、こうしてスタートできたことはとても嬉しく感慨深いです。

この制度はトップダウンで始めたものではなく、社内で立候補を募って選出されたアワード委員が起案して始めたものです。十河(営業)・荒井(エンジニア)・守山(総務)・窓岡(私)という、年次や職種もバラバラなプロジェクトメンバー4名で業務の合間を縫って、何度も(計6-7回くらいかな?)議論を重ね、経営チームに起案して実現しました。


バリューズアワードの目的

ストアカバリューズをもっとも体現した行動をした人を讃えることで、
チームが目指すバリューズを理解・浸透させる。

選出方法は、3ヶ月に1度実施する社員合宿で時間を取り、役員以外のメンバーが1人ずつ1人5分でプレゼンを行い、全員の投票で各バリューズごとに1位を決める、という方法をとりました。


決める中で、役員メンバーが決める、推薦制にする、などのアイデアも出ましたが、議論を通して明確になったのは、"主体性と公平性、透明性を大事にしたい"というプロジェクトメンバーの思いです。
第一回目をやってみて、良かったなと感じているのでこの方法で継続してみよう、
ということになっています。

第一回目バリューズアワード in 三浦海岸!

いよいよバリューズアワードを開催する合宿当日!
新メンバーが複数名いたこともあり、まずはバリューズのおさらいを行いました。

その際、社員メンバー全員にこのような素敵なカルチャーブックが配布されました。

カルチャーブックにはストアカのミッション・ビジョン・バリューズ・サービスフィロソフィーの全てが書かれているとてもとても大事なもの。新入社員メンバーには入社初日に代表自らこのカルチャーブックを渡して、内容をインプットしています。
ちなみにこの素敵なカルチャーブック、社員メンバーの手づくりです。

バリューズのおさらいのあと、それぞれのバリューズの解釈を共有するワークショップを行い、
バリューズについての理解を深めた後にいよいよ、メンバープレゼンタイム!

法人事業担当営業の十河のプレゼン。具体的なクライアント名を出してのエピソードはとてもわかりやすかったです。内容もそうですが、さすが営業!という秀逸なプレゼンでした。


カスタマーサクセス担当の黒岩のプレゼンです。彼女はカスタマーサクセスの経験が長くて超プロフェッショナルなのですが、その彼女が日々仕事をする上で何を大事にしているのか?ということや抱える葛藤なども垣間みえて、とても心に響く内容でした。

熱ーーいプレゼン姿!!!

↑デザイナーの江本。いつも明るくてみんなを笑顔にしてくれる存在です。プレゼンではそんな彼女の心の中の悩みや思いを知ることができて、彼女の努力に個人的にも感動しました。成長意欲が素晴らしいなといつも尊敬しています。


↑エンジニアの堀部。才能ではなく努力だ、と言い切った彼女のかっこよさ。本当に努力し続けている人じゃないと絶対に言えない言葉。ここ半年の行動の裏にあった思いと、とてつもない努力がとてもわかって、これまた感動してしまいました。


↑カスタマーサクセス担当の堀中のプレゼン。仕事柄、サービスについて熟知する必要がある彼女は、社内の誰よりもサービスについて知っているのは私である、という存在になるための日々の仕事での努力が半端ない。彼女にとってはそれが当たり前なのかもしれないけど、仕事への取り組み方、とても勉強になりました。プロフェッショナル!という言葉を贈りたい。


↑マーケティング担当の立久井。彼の仕事は本当にプロフェッショナルで、プレゼンもプロフェッショナルさが滲み出ていました。それでいて、チームのムードメーカーでもあり、なくてはならない存在です。仕事について相談するとかならずしっかりと専門的な見解をくれるので本当に頼りになります。

・・・全員分紹介したいのですが長くなりすぎるので続きは次回のアワードブログにて。

1時間強かけて全員のプレゼンを聞きましたが、日々の仕事だけでは見えてこない試行錯誤や、抱えている熱い思いが溢れ出る内容で、誰かに投票して1位を決める、ということが切なくなるほど・・・涙

いよいよ、投票、の前に、みんなで感想をシェア。
この時点で投票が決まっていない人も、人の意見を聞いて、そういう見方があったのかと新たな気づきを得たり、言葉にすることで確信したり、逆に迷ったり・・・
こうして自分の考えや気づきをシェアすることで、そこから議論が生まれて新たな発見を得られるので、初回だったこともあり意識的に考えをシェアする時間を多くとりました。

いよいよ投票&決定!

同票が発生したので再度決選投票をしたりと、予想通りの接戦となりましたが、
第1回目ストアカバリューズアワード受賞者はこの3名に決まりました!

Enjoy the waves賞:デザイナー 江本美和子
No Border 賞:エンジニア 堀部沙耶
Be professional賞:総務管理 守山みのり

パチパチパチ!!おめでとうございます!

(・・・図らずも全員女性!!ストアカウィメンズパワー強し!?)

1位の3名には、

・Amazonギフト券1万円分
・表彰状
・賞品(コーポレートロゴ入り今治タオル)

がそれぞれ送られます。役員それぞれから賞状をお渡ししました。

少しでも選出の雰囲気を感じていただくために投票の際のコメントを一部公開!

・落ち込みをバネに帰るマインドと、それを「感謝」と言えるところ。そんな◯◯がいるから、周りにいる皆もENJOY THE WAVESになる。
・まだ自分に出来ていないことを客観的に見つめ直し、ポジティブに改善しようとしている姿はプロフェッショナルなのでは ないでしょうか?
・自分の領域外や苦手なことを飛び越えて挑戦し、そこからまなび、また新しいアクションにつなげている点が素晴らしい!
・たくさん行動に移してて、且つ、成果が今後に繋がっていて、素晴らしいと思いました!
・孤軍奮闘。間違えられない局面で、プロフェッショナルをやりきったと思います。いつもありがとう!
・何がわからないかわかるようになった、という言葉が刺さりました。

回を重ねるごとにバリューズが浸透することはもちろんですが、
定期的に実施することでそれぞれが自己を振り返り、
自己の成長を感じることができる場にしたいと思います。

次回の実施は2月か3月の社員合宿にて。
次は誰が受賞するのか!?どんなエピソードが飛び出すのか!?
とてもとても楽しみです!

本日の朝礼にて、賞品を手にして笑顔でパシャリ。(後ろの二人のはにかみ笑顔?がいい感じ笑)


追伸:こちらが賞品のコーポレートロゴ&ブランドメッセージ入り今治タオル!ふわふわ〜です。

なぜタオルなのか、には深ーーーい(?)理由があります。
このタオルに行き着くまでの議論でもう一つブログが書けちゃうほど笑、
賞品を何にするのか?についてはプロジェクトmtgで議論が白熱しました。
それはまた追い追い・・・

ストリートアカデミー株式会社's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more