This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

「Aptool&Box」は従来の予約システムとは一線を画する総合管理ツールです。
歯科医院固有の使い勝手や視認性を追求したUIが好評です!!
最近と言うか、去年あたりから”Health Tech”って言葉をよく聞くようになりましたよね。でも、本当の意味の"Health Tech"って一体、どの様なものなのでしょうか? 医療業界って、やはり閉鎖的なところがあるので、クラウドで患者さんの情報を横断的に各医療機関で共有したいと思っても、無茶苦茶、ハードルが高いのです。それぞれのメーカーの思惑とか、セキュリティとか色々な問題があって、どうも爆発的に進んでいかない。そんな業界に私たちストランザは、この5年間挑み続けています。「石(医師)の上にも5年」とでも言いますか。恥ずかしいお話しではありますが、やっとのことで私たちがやっている事、やろうとしている事が、徐々に若い歯科医師たちの間で理解され始めてきたのです。 5年前、私たちはまず、歯科医院専門の予約システムを開発して販売することから始めました。5年経った今でも、その完成度はまだ60%ぐらいかなと思っていますが、私たちの感性がいっぱい詰まったものになっているので、急激に契約数は伸びてきています。この予約システム、実は結構、診療情報がいっぱい詰まっているのです。どの患者さんが、いつ、どんな症状で、どれくらい通院しているのか。そんな情報がぎっしり詰まっています。これからは、この情報をどんどん活用して、できるだけ多くの人々の健康に役立ちたいと願っています。 私たちは、クラウドでサービスを提供しているので、歯科医院の情報を一気に集約して、一気に解析をかけることができます。私たちのビジネスモデルの強みは、歯科医師が必要だと思った情報だけを集約できることなのです。つまり、「患者→Dr.→Stransa」の流れで情報を入手できるのです。多くのHealth Techは「患者→Health Tech会社」なので、ここの違いは、無着苦茶大きい! そんなことをやってる会社です!!

Why we do

この様な経営指標の見える化も、ストランザが業界になげた大きな石となりました。
診察券アプリが今後のサービスの主力に
・日本の人口の10%の人しか定期的に歯医者さんに行っていないってご存知ですか? ・程度の差はあるにしても、日本人の80%が歯周病を患っているって知っていますか? ・その歯周病が糖尿病の原因になったり、金属アレルギーの人が金属の入れ歯や詰め物をしていることで、妊娠できないって事実、知っていますか? ・食べ物を噛むで飲み込むと言う行為が、脳の働きに大きな影響をおよぼしていることをご存知ですか? ・大きな災害のあと、DNA鑑定出来ずにいる仏様の身元確認を、歯の治療痕や形で判断されていること知っていますか? このような問題は、日本全国の歯科医院がインターネットでつながって情報共有できれば、全部、解決できる。そんなことを想像してみてください。それが、私たちが5年も苦労して、なぜ業界を変えるようなシステムを作ろうとしていているのかの答えなのです。

How we do

移転したばかりのオフィスです
駅チカ東京タワーすぐソコ!
歯科業界、歯科医院の課題やニーズをこれまでの常識にとらわれない発想を生み出す社内風土がストランザの強みです。 ・社員数は23名、男女は約半々で平均年齢は約35歳。 ・歯科業界経験者と未経験者も半々、現場の意見と他業界の経験とをコラボして今までにないサービスを開発します。 ・フリーアドレスで、新しい企画が持ち上がった時など即座にそれぞれのスタッフが話し合って対応策を打ち出すフットワークの良さ。 ・肩書や職制などはなく、オープンでフラットな組織です。誰もがマネージャーであり責任者です。 以上のような職場で、仕事を通じて成長したい若手にもや成果を出したいミドルにも働きやすい環境をご用意します! また、ツールでは「Chatwork」を活用して社員間のコミュニケーションを密にしています。サービスの改良・更新は「Redmine」で一元管理され、ユーザーの要望や思いついた改善策を誰でも提案できます。 この1年間で社員数は約2倍になりました。お客さまの増加に合わせて、会社としての組織づくりも同時に進めています。 小さな組織、特殊な市場だからこそわかる、自らが動かしている感覚を味わってみませんか? 業界内での位置づけがある程度確立された今、入社されるとすぐに大活躍できる仕組み・サポート体制が整っています!

Page top icon