1
/
5

私の履歴書-営業からエンジニア、そして頼られるディレクターになった理由-

こんにちは。スタッフライフ採用広報です🌱

今回は某キー局のサイト運用を担当する
WebディレクターのNさんにお話を伺いました。

現在は社内でクリエイティブ体制の軸となり教育にも携わるNさん。
7年のキャリアで築いたご自身のディレクター論をたくさん聞かせてくれました。

Q.これまでの経歴を教えてください!

新卒で入社した会社では通信業の飛び込み営業をしていました。
苦手な分野だったので一回チャレンジしてみたいと思ったんですけどね、
『いらない人に物を売る』ことができず1年経たないくらいで退職しました。

その後検証のアルバイトをしたことで
元々気になっていたIT業界に興味を持ち、
0からコードを教えてくれる会社に転職しました。

未経験者が出向して検証をしながら、休日に学ぶといった環境です。

周りはみんなエンジニアを目指していましたが
自分はパソコンが好きだという気持ちだけで特に強いこだわりはなく…
だから上司に”ディレクター”をやってみないかと
誘われたときもあまり悩まずに承諾しましたね。

最初は”ディレクターってなんぞや”という状態から常駐先の広告代理店で学びました。
そこで出会った(当時取引先だった弊社の)代表からスカウトしてもらい今に至ります。

Q.スタッフライフに入社した決め手は?

前職では平日は早朝から深夜まで仕事、 土曜日も出社で勉強があったりと正直しんどかったんです。

スタッフライフに入社してからは
『土日休み!?祝日休み!?嘘やん!!!そんな休んでいいの!?』
『来週も休み!?なにするなにする???』
と本気でウキウキしましたね(笑)

仕事で遅くに帰ることもなく…連休も休めるでしょ、
働きやすい環境ですよね(笑)

Q.広告代理店ではどのような業務をしていたのか今振り返るとどうだったか教えてください

最初は スケジュールってどうやって作るんですか?
見積もりってどうやって作るんですか? メールの返信ってこれで良いですか?
とディレクターの基本的なところはもちろん、社会人のイロハも教えてもらいました。

常駐していた7年間で本当に様々な企業の案件を担当しました。

某大型ショッピングセンターから始まり、
大手飲食メディアの運営会社や薬品会社、飲料メーカーなど
業種問わず大手企業10社以上の新規立ち上げや通常運用と幅広くやりましたよ。

やる気があると感じてもらえると
色々任せてもらえる社風だったので
『手伝えることはないですか』と常に聞いていました。
そうしたらどんどん増えていって…マックス6〜7件を同時並行していたことも(笑)

例えば5年ディレクターをやっていた人でも
1つの案件しか担当していなかったら
そこのルールは他では全然使えなかったりするんですよね、
色んな案件を経験できたことは今財産になっていると思います。

Q.当時ディレクターとして一番学んだことは?

人によって対応を変えることですかね。 重要っすよまじで(小声)

例えば進行でこのコーダーさんは時間がかかるから余裕を持とう、とか
このクライアントはメールに反応してくれないから電話しよう、とか

これまでの経験で『こういうタイプね』と。
対応方法の引き出しをたくさん作ることがディレクターにとって一番重要だと思います。

案件って無数なので。
同じ案件でも担当者が変わればガラッと変わるし、進行の仕方も合わせないと。

あとは言い回しのパターンを学んだこともとても大きかったです。
こうして欲しいという動きを誘導したり、
最悪の事態は免れるように先回りした提案だったり
”こう言ったらこう返ってくるからこう返す”といったことはめちゃくちゃ考えています。

Q.入社から7年、社内でも力を入れている某キー局の運用ディレクターに抜擢!現在はどのような業務をしていますか?

クライアントから毎日くるたくさんの依頼を整理し、
デザイナーやエンジニアに指示する運用案件で、スピード感が重要な業務です。

エンドロールに載ることもあり、テレビ好きな人は楽しいと思います!

Q.今後は社内クリエイティブ体制の整備や教育も担当されるそうですね!何かビジョンはありますか?


素直で真面目なことが一番ですよね。 結局はなんでも対『人』なので。

例えば僕はデザイナーやコーダーに緊急のお願いをするときに
「先方にこう言われたため修正をお願いします」
だけでなく
「こういう理由で修正があり…大変申し訳ないですがよろしくお願いします!」

といったように背景や感情を伝え
相手に納得してもらったうえで作業を進めてもらうよう心がけています。
感じ方が全然違うでしょ。

あとは普段のコミュニケーションも大切。
それぞれがしっかり相手のことを考え連携できるチームを作りたいです。

ただ…僕、自分が前に立って戦うより人のサポートが合っている気がするんですよね。

上に立つのことが苦手なので
ご迷惑をおかけすることもあると思いますが…(笑)
僕にできることはなんでも教えます。一緒に頑張っていきましょう!

仕事がとにかく早くいつも謙虚でスタッフライフのエースとも言われるNさん。
当たり前のことですが経験や知識がなかった時代もあり、
たくさんの努力と周りへの気遣いでここまで来られたのだなあと少し身近に感じました。

優しい優しいNさんと一緒にチームを作ってくださる、
人を大切にできるディレクターさんの応募をお待ちしています!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

失敗してもいい。
今は自信がなくてもいい。

課題にぶつかり挑戦し成長し勝ち進む。

スタッフライフには
相談できる環境も一緒に悩む仲間もいます。

結果を出したい意欲のある方
まずはざっくばらんにお話ししませんか?

★「話を聞きに行きたい」をクリック!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

株式会社スタッフライフ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more