1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

文系未経験からIT企業を選んだ私の就活はこんな感じだった!!


こんにちは、SLJ新卒の桂川です。
今回は自分が就活生だったときの就活の話を時系列順にお話したいと思います。
自分の経験がみなさんの役に立てば良いなと思います。


就活の始まり


自分が就活を始めたのは1月の後半からでした。
一応3年生の夏休みに1度だけ1dayインターンに参加したのですが、インターンに参加する意味が見出せなかったので、本格的に始めたのは1月からでした。
今思えば、ちゃんと選考ありのインターンに参加するべきだったと思います....


そんなこんなで就活を始めたときは合同説明会やグループディスカッションのイベントに参加しまくりました。


グループディスカッションのイベントは、第一志望の企業がグループディスカッションがあったので、その対策のために参加していました。
しかし、ベンチャー企業や調べても出てこない企業を知ることができたので、企業を知るためという目的でもグループディスカッションのイベントを参加してよかったと思っています。


自分の就活の軸は「世の中を盛り上げること」でした。
すごく抽象的ですよね笑


自分でもこの軸で就活を進めて、よく就職できたなと思っています。
ですので、最初はエンターテインメントに関わる業界を志望していました。
しかし、なかなかうまくいかず、エントリーしても全落ち。。。


いよいよ無い内定で卒業を覚悟しました。
結局、第一志望、第二志望の企業まで落ちてしまいました。


受ける企業が見つからない


どちらかというと働きたくないと思っていたため、行きたい企業に行けなければ当時バイトしていたところでフリーターでもいいやと思っていました。
でも、就活ができる期間はとにかく足を動かしました。


この時期は本当に辛かったです。
もう一度同じ期間を過ごせと言われたら無理です。
そんな中偶然就活イベントでSLJに出会いました。


このイベントは各企業の人事の方がグループディスカッションを評価するといった内容のイベントでした。
そこで、自分たちのグループディスカッションを見た企業の人事の方々がフィードバックをくれるのですが、SLJの人事の方のみが一人ひとりのフィードバックをしてくれました。


その時にこの企業は社員を評価してくれるのかな、ちゃんと見てくれているのかなと思ったので説明会に行ってみようと考えました。


SLJの説明会にいく


説明会にて未経験でもエンジニアになれること、教育制度がしっかりとしていることを知りました。
説明会の後に現場で働いている社員の方を交えて飲み会を開催していたので、参加しました。


そこで未経験で入社して働いている方の話を聞けたこと、社員の方が仕事に対して前向きな姿勢であったことがとても印象に残り、SLJを目指すことを決めました。


IT業界に行きたかったというより、SLJに行きたくてIT業界に入ったという感じです。


IT業界を目指す


IT業界は全く見ていなかったので、3月から4月はIT業界の業界分析をとくにやっていました。
自分がIT企業で働いているイメージが持てるまで業界分析をしていました。


開発やネットのインフラを整備することも世の中を盛り上げることにつながるのかなと思ったので本格的にIT業界を目指すことにしました。


最終的にSLJから内定をいただき、無事に就活を終えることができました。


結局何が言いたかったというと、選考がうまくいかないときはかなり焦るし、病んでしまうけれど、焦らずに自己分析や業界企業分析を納得がいくまで続けることが大切だということです。


また、自分は行きたい企業のうちのほとんどからお祈りをいただきましたが、とにかく足を動かしたことで納得のできる就活ができました。


あきらめずに企業を知る努力を続けていれば、自分が行きたいと思える企業や自分にあった企業に出会えるから諦めないことが大切です。

未経験でエンジニアになる道を選ぶということは決して簡単なことではありません。
この道を選ぶということは一生学習を続けることを選ぶということです。

それでも自分のキャリアアップを目指したい自己成長を続けたいと思う方はぜひSLJの説明会に参加してみてください!
僕たちと一緒に切磋琢磨できる仲間を募集中です!

株式会社スピードリンクジャパン's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more