1
/
5

スペマ ”おうちCS” 部長の1週間

こんにちは。

スペースマーケット カスタマーサクセス部の高尾です。

スペースマーケットのカスタマーサクセス部は現在フルリモートで(通常時は週1出社)業務にあたっていて、「おうちCS」としてメンバー全員で頑張っています。

その「おうちCS」の部長として、私がやっていることの1週間をまとめてみました。

カスタマーサクセスのマネジメントの方や、これからマネジメント職を考えている方などの参考になると嬉しいです。

おうちCS部長の役割は「想像以上の結果を出せる環境づくり」

私が日々の仕事の中で最も意識していることが、メンバー一人一人が「各人の想像以上の結果を出せる環境をつくる」ことです。

理由はシンプルで、メンバー一人一人が、自分の想像を超える結果を出せた方が、仕事が楽しくなる、前向きになれる、と考えているからです。

仕事で一緒に過ごす時間は、メンバーにとってのキャリア、人生そのものですね。

せっかく一緒に仕事をさせてもらっているので、お互いに楽しく、前向きに仕事をしたいと考えているので、冒頭の環境づくりを一番の役割と捉えています。

そのための1on1や部の定例会議

おうちCS部では、マネージャー/部長とメンバーで定例で1on1の時間を設けています。私も各人の時間を頂いて1on1を行っています。

一般的に1on1については、ノウハウや話すべきこと、テーマみたいな情報は最近たくさんありますが、私の1on1スタイルとしてはテーマを設定しないようにしています。その時々によって、お互い考えていること、気分、仕事の状況、人間関係の悩みなどは異なるからです。

テーマをカチッと固めてしまうと、それ用の話しかできず、型にはまったコミュニケーションに陥りがちだと私は考えています。

あえてフリートークのようにお互いの時間を過ごすことの方が、私はメリットを感じています。

みんなおうちだから「人間関係の活気づけ」は一段と

以前のブログで、CS部ではチェックインの際に飲み会みたいな話をすると書きました。

https://www.wantedly.com/companies/spacemarket/post_articles/337838

今でももちろん、そのチェックインは続いています。

やっぱりこのチェックインのいいなと思うところは、相互理解が深まることです。私もみんなの好きなもの、はまったもの、苦手なもの、、など色んなエピソードを聞いて楽しい時間を過ごします。


人間関係の活気付けについては、マネジメントが責任を持ってやることで、大事な役割だと私は思っています。

なぜ活気づけるのが大事かというと、冒頭に書いたメンバー一人一人が「想像以上の結果を出せる」環境をつくるためですね。

そして、なぜ想像以上の結果を出すことが大事かというと、メンバーのキャリアを考えたときにもちろんポジティブですし、結果としてカスタマーへの提供価値を高められると考えるからです。結果的に、事業にとっても望ましい結果への追求にも繋がると思います。

日々カスタマーと最前線で向き合っている我々カスタマーサクセスのパフォーマンスは、事業の結果に直結すると考えています。

結局1週間やっていることは「結果を出せる環境づくり」

タイトルがおうちCS部長の1週間だったことを思い出しました。

1週間でやっていることは、もちろん1on1や定例だけでなく、毎朝30分は必ずとって、事業や部のパフォーマンスに関する数字を確認したり、社外の方とのMTG、事例の研究、施策の検討、立案、実行、作業などあります。

でもやはりそれらをやっていることの背景は「結果を出せる環境づくり」という意識が常にあります。



これからも、おうちCS部としてみんなで結果を出せるチームになれるように頑張りたいと思います。

株式会社スペースマーケット's job postings
32 Likes
32 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more