1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【スナックミーに入ってみて|インターン編】かっこいい大人に憧れて地元を飛び出した私が、スナックミーのインターンを始めるまで

はじめまして!スナックミーで主にSNS運用を担当している、学生インターンの灘波です。
私については下の記事をご覧ください。



スナックミーインターン生インタビュー企画第3弾は、スナックミーでマーケティングの業務を担当している新潟大学3年の丸七有紗さんについてご紹介します。


登山やキャンプ、ひとり映画が趣味でとってもアクティブな丸七さん。あるちょっとした出来事で、新潟を飛び出し関東でインターンをしたいと思ったそうです。

新潟から東京に来た理由や、スナックミーで働き始めたきっかけ、スナックミーの印象など気になることを掘り下げてみました。

・スナックミーが気になるけれどどんな企業かいまいちわからない

・広告運用に興味があるけれどそこまで詳しいわけではない

・大学で学んだことを生かせるインターンに挑戦したいと思っている

・地方住みだけど上京してインターンとして働いてみたい

上記に当てはまる方必見のインタビューです!

Interviewee:丸七 有紗さん

*Profile*
【出身地】石川県
【大 学】新潟大学 経済学部 経営学科 3年
【趣 味】美味しいご飯を食べること(特に白米大好き)、登山、キャンプ
【現在の役割】広告・SNS運用

Interviewer:灘波 優子

*Profile*
【出身地】岐阜県
【大 学】明治大学 文学部 文学科 3年
【趣 味】エルファニングの画像を眺めること、映画鑑賞、プチ遠出
【現在の役割】Instagram運用

かっこいい大人に憧れて上京、挑戦しつづける理由



灘波:新潟大学に通っていると伺いましたが、なぜ新潟から東京に出てきてインターンをしようと思ったんですか?

丸七:入社前、大学を1年間休学して千葉県にあるIT企業でインターンをしていました。当時の社長が新潟出身で、その方が登壇する講演会を聞いたことがきっかけです。それまであまり楽しく仕事をする大人を見てこなかったので、スタートアップでバリバリ働く大人の姿を見て、こんなかっこいい大人がいるんだ!と衝撃を受け、そんな社長のもとで働きたいと思いました。

また、ゼミ活動の一環でビジネスプランコンテストに参加するために東京に行くことがしばしばあったんです。そこでキラキラした東京の学生を見て、地方でくすぶっているのは面白くないなと感じて。(笑)私もキラキラしてやろうと思ったのもきっかけのひとつですね。

灘波:丸七さんの行動力が伺えますね…!私も地方出身なので、「キラキラした学生を見て自分もなりたい」と思う気持ちがよくわかります。(笑)
以前にインターンをしていたとのことですが、なぜそこで契約更新せずスナックミーのインターンに応募したんですか?

丸七:そのまま契約更新してもよかったんです。でも、新しいことに挑戦したくて。前職でBtoBのサービスを経験したので、BtoCでマーケティングをしたいと思ったんです。なので、スナックミーのインターンは魅力的に映りました。

前職のCMOがTwitterでスナックミーのアカウントをフォローしていたことも、スナックミーで働くことを決めた一つの理由です。頭の片隅にスナックミーがあったので、Wantedlyでスナックミーを見た瞬間にここだと思いました。

新しいことを吸収して自分のものにしていく

灘波:では、今はマーケティングに関する業務を担当しているんですか?また、その業務から学んだこと・得たことはありますか?

丸七:はい。今は、主に広告運用とSNS運用を担当しています。広告運用に関しては、様々な媒体の広告運用ができることです。私の場合、検索広告をメインに運用していましたが、スナックミーではディスプレイ系の広告がメインで、どんなクリエイティブがユーザーに響くか知ることができ新鮮に感じます。「デザインの勉強もしないとな」と最近では思っています。

SNS運用に関しては、スナックミーではSNSをブランディングとして活用していることが大きな学びとなっています。スナックミーの世界観が伝わるように意識しています。



灘波:どのようなことを意識しているか具体的に教えていただけますか?

丸七:実際にスナックミーのサービスを利用することで、文章に説得力を持たせています。普段からできるだけ色んな種類のおやつを食べておいて、ユーザーからの質問に答えられるように心がけています。

オフィスにもおやつが置いてあるので、買いすぎと思われるぐらい家に持って帰ってますね。この前は6個持って帰りました(笑)常におやつが身近にある環境なのもスナックミーでインターンをする魅力のひとつです。

灘波:おやつ好きにはたまらない最高の環境ですよね。

自分が何を売っているのかが知れるオフィス

灘波:では、丸七さんのスナックミーに対する印象を入社前と後にわけて教えてください。

丸七:入社前は、資金調達をしたタイミングだったので、イケイケスタートアップじゃん!と思いました。

灘波:なるほど。では、サービスにはどんな印象を受けましたか?

丸七:正直、おやつ8つで2000円代は高いと思いました。ただ、ボックスやマガジンのデザインがお洒落だったり、おやつの質がよかったり、食べていて罪悪感がなかったりと、サービス自体が素敵だと感じました。美容や健康食品を扱う一部の会社に怪しいイメージをもっていましたが、スナックミーには健全な印象を持てたんです。

灘波:これだけ素材にこだわるとどうしても値段は上がりますよね。高い!だけで終わらずに、実際に試してそこに納得しているのが丸七さんの素敵なところです。
次に、入社後の印象をお聞かせください。

丸七:入社後は、社員の年齢層が高めで驚きました。お子さんがいらっしゃる方も多いです。

そして、一番驚いたポイントは、オフィスの中に工場があるところです。でもそのおかげで、自分がなにを売っているかを目で見て知ることができるんです。
広告を作っていても、自分が知っていることなので嘘はなく、真摯にサービスを届けている感じがします。

社員と同じくらいコミットして、成果を出す。

灘波:確かに、オフィスの中に工場があるのはスナックミーならではの風景だと思います。では、丸七さんが働くうえで意識していることはありますか?



丸七:実は、インターン生ではなく契約社員として働いています。本当はインターン生を募集されていたんですが、契約社員として働かせてください!と直談判しました(笑)

灘波:凄まじい行動力ですね…!

丸七:インターンは時給制だけど、自分はフルコミットできる環境にいるので、挑戦する姿勢だけじゃダメだと思っていて。社員の方と同じくらいコミットして、成果を出せるように意識しています。

あとは、上司の業務を巻き取ることを意識していますね。細かい作業を自分がやることで、戦略立案などに時間を割けるし、自分も基礎的なスキルを身につけれると考えています。

自分の力で戦略を立てられるようになりたい!

灘波:社員さんの業務を減らすことを意識するのは大事なことですよね。では、今後スナックミーで挑戦したいことはありますか?

丸七:挑戦したいというよりは、できるようになりたいことなんですが、細かいところだけでなく、全体を見てどこになにを振ればいいか戦略立案ができるようになりたいと思っています。

例えば広告に関しては、全媒体を見たうえで、どの媒体でどのような目的の広告を打てば成果が最大化するか俯瞰して施策を考えれるようになりたいです。

今は上司のサポートも大きいですが、いずれは自分ひとりで事業全体の戦略から立てられるようになります。

自分もいつか、あの時憧れた“かっこいい大人”に。

灘波:自分のできることを探り、徐々に力をつけていく姿勢が素晴らしいです。ちなみに、将来の夢や進みたい道は決まっていますか?

丸七:あまり決まっていません。ひとつ確実に言えるのは、将来的には地元の石川県に帰るつもりです。地元に帰ったときに、かっこいい仕事をしていたいなあ、と思っています。

灘波:かっこいい仕事とは具体的にどんな感じですか?



丸七:働いていて楽しいと思える、新しいことにガンガン挑戦できるところで働いていたいです。やりたいことがなければ自分で作りたいなと思っています。

灘波:かっこよすぎます…!

挑戦する姿勢、柔軟性とスピード感を持った人と働きたい

灘波:最後に、スナックミーのインターンがどんな人に向いていると思うか教えてください。

丸七:何かに挑戦したい人。

自分はこれをやりたい!って挑戦したい内容が具体的に決まっている人よりも、目標がアバウトな人のほうがいいかもしれないです。そんな人が、いろんなことを先入観なくできる環境があると感じています。

あとは、柔軟性とスピード感がある人。

ベンチャーなので、誰かがこれをやりたい!と言ったらすぐにプロジェクトが動き始めます。このスピード感についていこう、急な変更にも対応しようと思えないと難しいと思います。

灘波:ありがとうございます。社員の方がこれやってみない?と色んなチャンスを与えてくれるのもスナックミーのインターンのいいところのひとつですよね。

たとえアバウトでも、新しいことに挑戦したい気持ちを持っている人が向いていると言えそうです。

最後に

地方からインターンで関東に出てきたり、契約社員として働きたいと直談判したりと、丸七さんのかなり行動的な一面が見られました。

スナックミーでは、丸七さんを始めとして、様々なバックグラウンドを持つ学生インターンが働いています。

・自分は今までなにもしていない…。

・これがやりたい!と言えるものはないけれど何かに挑戦してみたい…。

など、ためらっている方も安心して応募して大丈夫です。

スナックミーは、挑戦したいという気持ちを持っている学生に真摯に向き合ってくれる企業です!

私たちと一緒にスナックミーで挑戦してみませんか?

少しでも興味を持って下さった方はぜひお気軽に画面下の「話を聞きに行きたい」ボタンをタップしてみてください!

株式会社スナックミー's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more