1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

入社三ヶ月経って感じている、スナックミーの好きなところトップ3+α。

こんにちは。スナックミーカスタマーサポートの鈴木です。
今回は入社三ヶ月経って感じている、スナックミーの好きなところについてまとめました。

1.会社が従業員に寄り添ってくれるところ

わたしはいくつかのスタートアップ企業に努めたことがありますが、その中でもスナックミーは群を抜いて自由度が高いです。始めは少し戸惑うこともありましたが、逆にそれで成り立っている集団組織というのはそれだけ一人ひとりが自立しているということだと思っています。また、今までは、カッチリと決められた会社のルールに従業員が合わせるスタイルが当たり前だと思ってきましたが、スナックミーは従業員それぞれのペースに、できる範囲で会社が寄り添い、働きやすい環境を提供してくれていると感じています。勤務時間や出勤形態、雇用形態についてもかなり柔軟なのではないでしょうか。だからこそ自己管理はとても重要ですが、それができる人にはとても居心地のいい会社です。

2.新人でも活躍できる場があるところ

わたしは表題の通り入社してそろそろ三ヶ月経つ頃ですが、自分の気持ちを抑え込むことなくやりたいことができていますし、言いたいことが言えています。入社早々サポートチームで新しいツールを導入することになったのですが、その設定をし運用まで持っていくという大役を任せてもらえました。また、日々ユーザーからの声を発信し続けていたところ、週一の全社ミーティングで共有の時間をもらえ、意見会ができるようにもなりました。「こんな新人でもいいのかな?」「食品業界は未経験で知識なんてないけどいいのかな?」という不安よりも、今ではCS代表として、ユーザーの声を責任を持って伝えられる場があることがとてもありがたいです。自分にもできることがある!頼ってもらえている!と感じ、やりがいがあります。

3.全員がユーザー目線でモノゴトを考えているところ

先程少し触れた週一回の全社ミーティングでは、おやつについてや管理画面の仕様や操作について、様々な観点から意見を出して伝えています。それに対して、バイヤーやエンジニアだけではなく、デザイナー、コーポレート担当、製造担当、社長までも、全員がユーザー目線で意見を出してくれます。『自分がユーザーだったら』という目線で思うところを述べ、議論します。また、すぐに採用したほうがいいものであれば3日後にはもう反映されている、といったことも多くありました。これまでCSにいて「なかなかユーザーや自分たちの温度感が伝わらなくて対応してもらえない…」と悩み、ときには怒りもしてきましたが(笑)、そういったストレスがスナックミーではほぼありません。これからも使いやすいプロダクト、安心して美味しく食べられるおやつを、みんなの力で提供していきたいと思います。

4.美味しいおやつが食べられるところ

これまで真面目なばかりをあげてきましたが、おやつ好きにとってこれはかなりポイントが高いです。試作品をバイヤーからもらえたり、パティシエがアレンジレシピを作ってくれたり、どれも美味しくて毎回とても楽しみにしています。(ちなみにスナックミーに入社してフロランタンが大好きになりました。フロランタンって売っているだけじゃなくて自分で作れるんだ!と衝撃を受けました。でも自分では作りません。)

とても充実して仕事ができていると感じています。気になった方はぜひオフィスに遊びに来てみてください!お待ちしています。

株式会社スナックミー's job postings
19 Likes
19 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more