1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

SMbrand社員座談会「SMbrandで働くということ、そのやりがいについて」

写真左より:赤阪、平野、高木

こんにちは!SMbrand人事担当です。

今回は「SMbrandで働くということ、そのやりがいについて」というテーマでSMbrand社員座談会を開催しました。今後の展望や一緒に働きたい人物像についても深堀してきましたので、ご興味のある方はぜひ最後までご覧ください!

~自己紹介~

まず初めに入社理由を教えてください。

赤阪:アパレルの店舗スタッフを志望しており、一番最初に縁あって内定を頂いたSMbrandにRadyのアパレル店舗スタッフとして入社しました。

平野:私も赤阪と同じくアパレル関係の仕事に従事したいと考えており、また元々Radyが好きだったので入社しました。

高木:私は、新しいことにチャレンジしたいと思い入社しました。元々生産管理希望で応募していたのですが、入社前に丁度該当ポジションが埋まってしまったようで…「WEB運営やってみない?」と声をかけて頂き「やったことないしやってみるか!」という感じで(笑)

簡単に現在の職務内容を教えてください。

赤阪:ブランドの販促・SNS運用をメインに、その他キャンペーンページ作成等のECサイトディレクションも行っています。

高木:入社から3年程はWEBサイト運営を行っており、現在は赤阪と同じ職務を担っています。

平野:私は主に、各ブランドにおけるモデル兼デザイナーグループのマネジメントを担っています。

~SMbrandで働くやりがいについて~

最も印象に残っている仕事のエピソードを教えてください。

赤阪:私が担当するRadyの企画やキャンペーンは毎回とても大がかりなので、それら全てが印象に残っています。最近では、Radyのモデルに手越祐也さんを起用し、CMを流しました。CMを流すこと自体他のアパレルではなかなか経験できないことなのでとても思い出深いですね。他にも、一億ばら撒きキャンペーンの時には、実際にばら撒いている姿を見て衝撃を受けたり…(笑)常に刺激のある場所にいるなと実感しています!

平野・高木:そうだね、刺激的な毎日を送ってるね(笑)

SMbrandでの仕事におけるやりがいを教えてください。

赤阪:裁量を大きく持って自由に仕事ができることです。自分自身が努力すれば、新たなチャレンジをいくらでも後押ししてくれる環境だと実感しています。

私の場合は社長から降りてくる案をRadyにて形にする役割を担っていますが、最近では成果が認められ、今までの業務に加えて他ブランドでの仕事も担っています。自分が頑張った分だけ新たな事をキャッチアップできる環境なのでとても楽しいですね。

平野:やはり商品が完売しているところを見ると「ここまで頑張って良かったな」と強く思います。一番やりがいを実感する瞬間です!

RadyのCMを手掛けるにあたっては、急いでデザインを決めて、CMで映す服も急ピッチで作り上げて…嵐のような日々が放送前日まで流れていました(笑)でも大変だからこそ大きなやりがいを感じましたね。

高木:本当に平野が言っている通りで…キャンペーンの度に激務になって、途中泣きそうになる時もあるんですけど(笑)実際に世に出て、お客様の良い反応を見れた時には一番の達成感を感じます!

SMbrandではどんなことを学べますか?

平野:デザイン面でお話すると、他のアパレルブランドの場合は1年もしくは1年半前から企画を進めていきますが、SMbrandの場合は半年前から開始されることが多く、かなり短期スケジュールで進めているんです。そのため、短期間で走り切らなければなりませんが、企画に落とし込む直前まで流行を注視することが可能なので、他ブランドさんと比較して売れるモノを多く生み出すことができます。「流行をキャッチアップしながら売れるモノを作る」ということを学べる点は、とても魅力的だと思いますね!

赤阪:確かに「常に新しい事に触らせてもらっているな」という感覚がありますね!流行を押さえてモノを生み出すということ以外にも、ECやSNSなど時代やニーズに即した方法でいかにお客様に興味を持ってもらうかを学んだり…今後、自身のキャリアを形成していくうえでもタメになることを学ぶことができています。

~SMbrandの魅力について~

SMbrandのメンバーを一言で表してください!

赤阪:良い意味で十人十色ですね(笑)

一同:間違いないね(笑)

平野:十人十色と聞くとまとまりのないイメージが先行してしまうと思いますが、決してそうではなくむしろファミリーのような一体感を持って同じ方向へ進めていると感じています!

赤阪:同じ方向へ進めている背景には、社長の存在があります。大きな旗を振って道筋を示してくださっているのでメンバーも向かう先を常に理解することができ、方向性にブレが生じないのだと思います。勿論個々人の色は違いますが、最終の着地地点は同じところに収まっていきますね。

社長ととても距離が近い点もSMbrandならではの魅力ですね。

一同:そうですね、本当によく話しますよ!

赤阪:それは、松田さん(社長)ご自身が堅苦しい雰囲気があまり好きではないということもあるんですが、より良いモノを生み出すためでもあるみたいです。「楽しい気持ちで、そしてラフな環境で向き合うからこそ生み出るものがある!」と言った意味合いだと思います。

他にもSMbrandならではの魅力があれば教えてください。

平野:松田さんとの距離間が近いことも魅力ですが、メンバー同志の距離感が近いことも魅力の一つですね。

赤阪:近いからこそ、スピード感持って動くことが出来ているのだと思います。先ほど平野がお話した通り「〇〇さんとコラボすることになったから、〇日までにさっと作るよ!」といったことが頻繁に起こるのですが、他のアパレルであればある程度の時間が必要となるところを、SMbrandなら突発的に動いて完遂することができます。近い距離間だからこそ出せるこの特有のスピード感は、他社で再現するとなると難しいと思います。

平野:確かに一人一人の距離間が近いからこそ、「これやることになったよ!」「じゃあこれ私やります!」といった風に全員で一気に動くことができているように感じます。

~今後について~ 

今後SMbrandをどうしていきたいですか?

赤阪:今後も結果を出すことは前提で常に新しいことに挑戦し続けていく姿勢を大切にしつつ、「SMbrandのブランドは凄い!」と思ってもらえるような会社にしていきたいです。せっかくアパレルを展開しているので、他社ブランドと差をつけていきたいですね。

平野:仕事柄、世の中における流行り廃りが早いことは痛いほど実感しているんです。その流行りをどこよりも素早くキャッチアップして一同共に走り続ける姿勢は今後も強めていきたいですね。

高木:そうだね、走っていこう!(笑)

今後どんな方と一緒に働きたいですか?

赤阪:走るからには、道が補正されていないといけないと考えています。なのでしっかりと地に足をつけられる方に入社して頂きたいです。

平野:さらに抽象度を下げてお話すると、出された指示に対して自分で考えてかみ砕き、吸収できる人物が必要だと考えています。頭が硬い人にとってはかなり難しいかもしれません。

高木:確かに。あとは、どこの部門においても職務内容がかなり流動的なので、頑なに拒否せず、常に受け入れる姿勢を持って共に走ってくださる方に入社して頂きたいですね。

赤阪:受け入れの幅が広い人が良いですね。その様な人がマッチしやすいと思います。

高木:最後に付け加えるとしたら、とりあえずチャレンジ精神があって前向きな人ですかね。「やったことないけどやってみよう!」みたいな精神があると良いかなと…

赤阪:逆にそういったマインドを持ち合わせていない人だとSMbrandではつまずいてしまうと思いますね。正直、上から降りてきたミッションに対して疑問を抱くこともあります。ただ、そこで疑問を抱いても最終的にはクリアしなければならないということは変わらないですよね。なので何に対してもチャレンジ精神旺盛な方が良いかと…

平野:結局走ってみないと見えてこない答えの方が多いですしね。

赤阪:うんうん、それに走りながら方向性は修正していけるので。何に対しても動き出す前から設計しないと実行できない人よりも、とにかくやってみて成功を実証できるような人が良いですね!

~最後に~

最後に読者の方に向けて一言お願いします。

一同:とにかく前むきに新しいことに向かってチャレンジしたいとお考えの方、他のアパレルブランドでは経験できないような仕事を任せてもらえるSMbrandでぜひ一緒にお仕事しましょう!


SMbrandでは一緒に働く仲間を募集しています!ご興味を持って下さった方はぜひご応募ください!

株式会社SMbrand's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more