This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

“ 判断する ” それは、部下が働きやすい環境を作るために必要なこと

スマートバリューで働くメンバーを紹介する「 SVパーソン 」。

今回は、家族思いのGroup Leader、水上へインタビュー。

水上 智則( みずかみ とものり ) 2014年入社 大阪府出身・28歳 
新卒でモバイルスタッフとして入社後、モビリティ・サービスセクションへ異動。
現在は、オペレーショングループのマネジメントに従事。
旅行が趣味。一泊二日の弾丸で沖縄旅行を楽しむほど、一番好きな場所は沖縄。
今年は子どもが産まれたばかりのため行くのは難しいが、来年には行きたいと思っている。

新卒で入社後、どのような仕事に携わっていましたか?

私は、モバイルセグメントのドコモショップスタッフとして社会人のキャリアをスタートさせました。スマートフォンやタブレット端末、ドコモのオプションサービスなど、ドコモのモバイルサービスの提案・販売業務に1年3カ月従事していました。

その後、現在のプロダクト推進グループへ異動となり、テレマティクスサービスの「 CiEMS 」「 CiEMS 3G 」の販売に携わってきました。

6月までは、Team Leaderとして、アライアンスとの折衝やグループの数字管理、サービス改修・業務改善などの業務を行っていました。

Team Leaderとして、どのような業務を行っていましたか?具体的に教えてください

プロダクト推進Groupの数値管理や管理職としての承認業務、外勤メンバーが担当している案件の状況確認や管理、内勤メンバーの問い合わせ対応に対する判断、開発メンバーとのサービス改修の協議、アライアンスとの協議など、管理・判断・交渉を主業務として担っていました。

また、所属していたモビリティ・サービスDivisionの業務改善プロジェクトの主管として、他グループとの打ち合わせやBPOセンターとの連携等、様々なプロジェクトを並行して行っていました。

7月からは所属Groupが変わり、任されるポジションも変わりましたが現在はどのような業務を担当されていますか?

7月よりオペレーションGroupへ異動となり、新たなミッションとして、各メンバーが従事している業務の効率化を図っています。Group Leaderということで、これまで以上に大きな視点で物事を見ていかなければならないと感じています。


仕事を行う上で課題と感じているものはありますか?

そうですね、個々人によってできていることの差が大きいため、その差を埋めることを課題として認識しています。

その課題は、どのように解決していますか?

毎週PDCAミーティングを実施し、案件に対して一つずつ確認しています。各メンバーがどこまで対応しているのか、どこができていてどこができていないのか、できていない箇所についてはどうしたらいいのか、一緒に考え改善を促す時間を設けています。

全員が一定水準以上の同じレベルまで到達できるように、日々指導を行っています。

入社してからこれまでで、一番印象に残っていることは?

内勤業務を行っていた入社3年目のことです。当社のサービスを導入いただいているお客様にてトラブルが発生したことがありました。ご迷惑をおかけしたこともあり、事業部を管掌する取締役と営業担当がお客様へ謝罪訪問に伺い、トラブルに対する謝罪、原因と対策の説明を行ったことがありました。その際、お客様より「 普段の私の対応はしっかりしているので、その部分には満足している。今後は、しっかりと対策を行ってくれればいい 」とのお言葉をいただいたことが一番印象に残っています。距離的問題もあり、電話とメールのやり取りのみのお客様でしたが、私自身の対応に満足いただいていたということが、何よりの励みと自信になりました。

その後、私もお会いしたほうが良いとのことで、改めてお客様へ訪問したのですが・・・

前日から前乗りするため19時に伊丹空港を出発したものの、大雪の影響で飛行機が途中で引き返し、21時に関西国際空港に到着するという、悪天候の中での訪問となりました。これも印象に残っている理由の一つです( 笑 )

仕事上のこだわりは?

私自身が、責任をもって「 判断 」することにこだわっています。

それはなぜですか?

私は、Group LeaderとしてオペレーションGroupの管理を担っています。判断を仰いでいる部下に対して、「 判断を行う 」という行為をしないと、部下はそこから動けません。仕事も滞ってしまいます。そのため「 判断を行う 」という行為は、管理職として非常に重要な事だと私は考えており、最もこだわっています。


「 判断 」を行うことにこだわらなかった場合、どうなりますか?

私が判断を行わなくなった場合、上司部下の信頼関係は一気に破綻すると思います。

上司部下の信頼関係が破綻している組織は、ゆがみができ、組織としての機能も回らなくなると考えています。

周りの社員が見せるこだわりは?

お客様への資料提出や出荷報告のメールなど、あらかじめ定型フォームを作成し、極力最低限の修正で対応することで、工数を減らす動きをしているメンバーが多いと感じています。

スマートバリューならではのこだわりは何?

当社は、自社で開発を行うことができるため、既存のサービスを提案するだけでなく、場合によってはカスタマイズ提案や協業など幅広くお客様に提案を行うことができます。これは、当社のこだわりであるとともに強みだと思います。

今後のキャリアで目指していることは?

新サービスの立ち上げやそのプレ営業にチャレンジしていきたいと思っています。

日々生み出される様々なITサービスは、社会の課題解決につながっています。

当社もIT企業として、社会の課題を解決するサービスをどんどん生み出そうとしています。私個人としては、その立ち上げに携わり、生まれたサービスを拡げていく業務に携わりたいです。

またチームとしては、非生産的業務のムリ・ムダ・ムラをすべてオートメーション化し、メンバーが生産的業務に従事できるような仕組みの構築づくりにもチャレンジしていきたいです。

メンバーの働くモチベーションが上がるような組織を目指したいですね。

最後に、スマートバリューを目指す応募者へメッセージをお願いします

当社は、まだまだ成長過程の会社で、新しいビジネスにもどんどんチャレンジしています。活躍できるフィールドは多分にあり、変化も多い会社です。

変化を楽しめる方やチャレンジしたい方には非常におもしろい会社だと思います。

ご興味がある方は、ぜひご応募ください!!

株式会社スマートバリュー's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings