This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

日本の畜産は1.3兆円の産業規模。ところが、飼料コストの増大や高齢化が進み、どんどん離農が進んだ結果、生産供給が不安定になっているのが現状です。
私たちはFarmnoteの提供を通じて日本の農業に貢献します
私たちは、酪農・畜産農家さま向けのプロダクト・サービスを提供しています。 【牧場を、手のひらに】 クラウド型牛群管理システム「Farmnote」はタッチ操作だけで牧場経営の「見える化」が「かんたん」に実現します。 【牛の発情・疾病検知を人工知能で】 Farmnote Colorは、牛の首に装着するウェアラブルデバイスを通じてリアルタイムに牛の活動情報を収集します。 クラウドに保存した牛のビックデータをして解析して、発情や疾病兆候などがスマートデバイスに通知され、最適な飼養管理のサポートをします。 ■株式会社ファームノート http://farmnote.jp/ 【グループ会社】 ■株式会社ファームノートホールディングス https://farmnote-hd.com/ ■株式会社スカイアーク https://www.skyarc.co.jp/

Why we do

2015年12月に開催したファームノートサミット 2015 Winterでは、クラウドと人工知能を活用して、最適な牛の飼養管理を実現するウェアラブルデバイス「Farmnote Color」を発表。
帯広から世界へ。 北海道帯広市に世界的企業を作り、地方企業の見本となり地域社会の活性化に貢献します。
私たちのMission 「世界の農業の頭脳を創る。」 2050年には世界的に「食糧危機」が起こると言われています。 ファームノートはインターネット技術、特にデータ解析とUXを活用して、そんな未来を変え、世界中で持続可能な食生産を実現したいのです。 まずは酪農/畜産業界で「ウシのいのち」を最大限価値のあるものにし、その先で食糧危機という普遍的な世界の課題に挑戦していきます。

How we do

様々なアイデアをミーティングでぶつけ合います
4つの拠点それぞれで、webミーティングなどでもコミュニケーションを取っています。
私たちは、人の心が豊かになれば世界は豊かになると信じています。人とのつながりを大切にし、心動く「驚き」を創り上げることで、そのワクワクが感情の輪として世界に広がり、地球に大きなインパクトを出せる信じています。 私たちは繋がったチームであり、才能を最大限発揮できるチームであり、世の中に大きなインパクトを出せるチームです。私たちチームがより多くの地球への変化を創り上げるために、3つのバリューを大切にしていきます。 Values 〜 価値観 〜 Connected 人とのつながりを大切にして、お互いを尊重し、感謝を忘れず、最高のチームワークで成果を求めていきます。 Bold より大きなインパクトに焦点を当て、大胆にチャレンジして大きな変化〜イノベーション〜を生み出します。 Professional 仕事にオーナーシップを持ち、自身の成長を追い求め、考え抜いてベストを尽くします。