1
/
5

すべてが新しい仕事。だからこそ、面白い。

髙田 朋貴Tomoki Takada/データサイエンティスト
明治大学大学院博士後期課程修了/2015年 Join(新卒)

明治大学大学院博士後期課程修了後、株式会社オプトホールディングのAI研究開発部門「データサイエンスラボ」に入社。同部署にて、主にAI開発のためのコンペティション設計コンサルティングやデータサイエンス講座講師等に従事。データサイエンスラボの事業統合を機にSIGNATEに参画。博士(理学)。

1.現在の仕事 / Current Work

現在は主に3つの仕事に従事しています。
1.コンペティション設計
クライアントの経営課題をヒアリングし、AI開発コンペティションの問題に帰着できるように問題の設計を行います。問題設計だけでなく、コンペティション準備の為のデータ前処理やテストモデリング等も実施しています。
2.受託分析
データをオープンにできない場合や、コンペティション前のフィジビリティスタディとして受託形式でデータの分析を請け負います。作成する最終レポートは100ページを超えることも多々あります。
3.教育コンテンツ開発
データサイエンス教育コンテンツの開発に従事しています。オンライン動画プラットフォームで視聴可能な動画教育コンテンツの作成、講師、大学等で教鞭をとる等、案件毎に最適な形で教育研修サービスを提供します。

2.仕事のやりがい / Challenging Point

SIGNATEの仕事は新規事業が多いため、1つの仕事に取り掛かる際にも、実に多くのことに関する調査・調整が必要となります。そのため、常に刺激的な環境であり、やりがいを感じるシーンが多くあります。また、裁量を持って働くことができるので力量が試される場面も多く、自身の能力不足を痛感することがある一方で、クライアントにご満足いただいた時には大きな達成感が得ることができます。常に新しい価値を追いかけ、自身のスキルアップも目指していきたい方や、多様な業務に従事したいとお考えの方には大変やりがいのある仕事だと思います。


3.将来像 /  Future Goal

希少価値の高い人物になるとともに、実業界と学術界の架け橋になれる人物になりたいと思っています。もともと博士課程を卒業して、学術界に残らなかった理由は、一度ビジネスの世界へ飛び込むことで、社会全体がどうなっているのか、今何が求められているのか、といったことを現場で感じたかったからでした。実際に飛び出してみて、実業界や学術界、それぞれで求められていることが少しずつ見えてきており、そのお互いの長所を上手に繋ぎ合わせることができるようになりたいと考えています。その為に、更に多分野の知識や経験を培うべく、より実績を積んで、自身が活躍できる場をもっと広げていきたいと考えています。


4.メッセージ / Message

SIGNATEは組織化されて間もない新しい会社です。ビジネスも、体制も、文化も、すべてはこれから醸成されていくのです。だからこそ、高い志を持って、一緒に「SIGNATE」を作り、学び、更なるスキルアップをしていける方と一緒に働きたいです。我こそは!と思う方のご応募、お待ちしています!

株式会社SIGNATE's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more