This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

バナー制作コンテストを開催しました。

当社では不定期で、社内コンテストを実施しています。
今回は『レアクリアファイル争奪!バナー制作コンテスト』が開催されました。

今回は営業部や管理部など普段バナーに触れることが少ないメンバーにも制作の体験を通じて面白さや大変さなどを知ってもらおうという目的で実施をしました。

条件は3つ。
■コミッショナー(企画部のNさん)が指定したバナー制作ツールを使うこと
■イラストを1点以上使用すること
■最後まで自分の力だけで完成させること

なお、なぜか普段からバリバリにバナー制作をしている制作部のメンバーも一切のハンデキャップ無しで参戦するということで・・・かなりの不公平感はありました。(これは私の主観です。笑)
個人戦ではありましたが、社内は制作部VSその他の部署のメンバーという構図が徐々に鮮明になっていきました。

さて、投票はエントリー作品にそれぞれ番号が振られ、誰が作ったかわからない状態で、投票制で行なわれました。

結果は以下のようになりました。

まず第3位は制作部のYさん!先月のWantedlyのベストクリエイティブ賞を受賞した実力者ですね!
受賞コメントを聞いてみましょう。

『高校生向けの商材を設定しました。高校生に注目してもらえるよう黒板を使ったり、さわやかなテイストになるように心がけました。また景品の実物を掲載することでイメージを持ってもらえるようにしたり、強調したいところを一目でわかるようにしました。入賞を目指して取り組んだので、3位という結果には満足しています。』

そして・・・

準優勝はなんと!営業部のYさん!
表彰台独占を目論んでいた制作部にとっては衝撃の発表となりました。

『制作部以外のメンバーから1人は絶対に入賞したいという強い思いを持って臨んだコンテストでした。まさか私がという感じもしていますが、限られたルールの中での勝負だったのでチャンスは絶対にあると思っていました。ただ、制作部が作っているクオリティの高いバナーを普段から目にしているので、この結果が得られたと思います。』なんとも謙虚なコメントです。

さて、優勝は・・・
制作部の長、小林でした!!

貫禄の勝利といったところでしょうか。

本人のコメントです。
『問いを目の前にすると答えを探したくなるのが人間という生き物。そういった要素をバナーに盛り込むことで、LPにアクセスした後もついつい答えを探したくなる。ゆえにLPも読んでいただけるわけです。ここまで考えて制作していたかどうか、という点で差がついたかな、と思います。選択肢についても、真剣に考えてもらえるようなものにというのを意識しました。』

・・・。
他のメンバーとは考えている次元が違いました。バナーを作るのに躍起になっているメンバーをよそに、その後にどうLPを読んでもらうか、さらにその後に購入してもらえるかという設計まで考えてバナーを作成していたという小林。コメントも圧巻でした。

実は2位と3位、4位以下は僅差なのですが、1位はダントツの得票数でした。

このように当社では、コンテストなど通じて、社内業務の相互理解や制作物のクオリティの向上に取り組んでいます。

株式会社シンフィールド's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings