1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

シンフィールドが10年前から働き方改革をやっていたって本当?

こんにちは!
シンフィールドの伊藤です。

2019年4月1日より、「働き方改革関連法」が随時施行されています。
最近のニュースも働き方改革の話題で持ち切りですよね。

実は、働き方改革が叫ばれる10年前から、シンフィールドでは取り組んでいることがあったのです!

その紹介の前に、そもそも働き方改革とは何か、各社どのような取り組みをしているか、
というところからお話していきます。

働き方改革は主に「従業員満足度」や「従業員1人あたりの生産性」の向上を目的としています。

最近ですと、

三井住友銀行が服装を自由にしたり
マイクロソフトが週休3日にしたり
姫路市役所が室内温度を25度に設定したり

こうした環境整備が「従業員満足度の向上」に繋がるというのはすぐに理解しやすいと思いますが、実は、「従業員1人あたりの生産性」を上げることにも貢献している取り組みなのです。

姫路市役所の例を見てみましょう。
取り組みの内容としては、

夏の約2ヶ月弱の間、冷房温度を25度で統一する

というものでした。
環境省がクールビズの一環として室内温度28度を推奨している中での試みであったため、
一躍注目を集めた事例です。

実施後、市役所の職員にとったアンケートによると

・就業意欲が高まったと答えた人が83%
・勤務後の疲労感が改善されたと答えた人も83%

と、職員の80%以上は労働環境の改善を実感。
そしてそれと同時に、

・業務効率が向上したと答えた職員が85%
・残業時間が昨年度比で14.3%の減少
・人件費が約4,000万円削減

と、「従業員1人あたりの生産性」向上にも寄与する結果になったのです。

働き方改革は、従業員にとっても企業にとってもはたまたステークホルダーにとっても、関わる全ての人の労働環境改善に繋がる改革だといえるでしょう。

-------------------------
そしてここからが弊社のお話です。

実は、弊社は10年以上前から「働き方改革」をしていました!

弊社には、2009年から「マッサージに行ってね制度」というものがあります。

この制度は、

月に一度会社がマッサージ代を一部負担します!

というものです。

オフィスで仕事をしている社会人にとって、

座りっぱなしで肩が凝る…腰が痛い…
パソコンとの睨めっこで、目の疲れが…

このような悩みはつきものです。

日々の疲れで業務が捗らない…
体が痛くて集中できない…

そんな社員を救い、会社を成長させる制度。
それが「マッサージに行ってね制度」です!

シンフィールドには他にも社員のための面白い制度があるのですが、それはまた今度。

シンフィールドはまだまだ成長途中の面白い会社です。
興味が湧いたら是非一度遊びに来てください!

株式会社シンフィールド's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more