This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

アカウントプランナー兼リクルーターとして新卒1年目から活躍中!【新入社員インタビュー】

決め手は今までにない広告のかたち

ー本日はよろしくお願いいたします!

森井さんは昨年4月に新入社員としてシンフィールドに入社しているかと思いますが、数ある会社の中でなぜシンフィールドを選んだんですか?

森井:もともと広告系と人材系に業界を絞って就職活動をしていました。その中で、単なる広告ではなく、マンガを使った広告を広めることに面白みを感じて、入社を決めました。内定後の12月からインターンに参加させていただき、今に至ります。

ーインターンではどのようなことをされていたんですか?

森井:電話でアポイントメントをとるところから、クライアント先へ営業も行っていました。まずは覚えてもらうために、自己紹介文などを書いたオリジナルの資料を作ったりしていましたね。

ー面白いですね!インターンから仕事に工夫をされていたのですね。


目線を個人からチームへ

ーお仕事の一日の流れを教えてください。

森井:午前中にメールやテレアポして、午後に2~3件クライアント先へ商談に出かけます。その後は会社に戻って、お礼メールや提案書や議事録の作成など行います。

ーインターンの時のような工夫を、今もされているのですか?

森井:そうですね。目標数値達成のために受注カレンダーを作ったり、受注見込みをリスト化したりしています。

最近チーム戦もスタートしたのですが、そちらでも僕たちのチームは目標を達成することができました!

ー目標達成が続いているんですね!インターンシップをスタートされた時と今で、ご自身の中で変化したことはありますか?

森井:会社の拡大に合わせて、インターン中も新しいメンバーがどんどん増えていき、中途入社のみなさんからいろんな会社の文化を聞けるだけではなく、自分自身も会社のことをアウトプットして人に伝えることが増えました。その中で、個人ではなくチームメンバー全体に目を向けるようになりました

自分が上手くいったセールス方法などをミーティングで積極的に共有して、数字に反映されると嬉しいですね。

ー今ご自身で課題に感じていることはありますか?

森井:クライアント数が今まで以上に増えてきていますので、どうしても1件1件のフォローが薄くなりがちになってしまっています。受注カレンダーやタスク表を利用して管理を徹底することで、対応スピードを保つように心がけています。

ーお仕事でのやりがいって何ですか?

森井:自分の手掛けたクライアント様がリピートしてくださったり、別の企業様をご紹介していただけると、やりがいを感じます。よい関係を築けるよう、アフターフォローをしっかり行ったり、時にはクライアント様の展示会をお手伝いしたりもしています。

リクルーターと二足の草鞋

ーところで、森井さんは名刺に「人事部採用担当」とありますが、セールスと人事を掛け持ちしているんですか?

森井:この名刺は、以前自分からお願いして作ってもらっていて、自身でリクルート活動する際に利用しています。今社内でインターンシップに来ている学生も、僕が声をかけて連れてきました!

ーなぜリクルート活動を始めたのですか?

森井:過去の営業記録などを見て、やるべきことをやれば新卒でもしっかり結果が残せると感じたことがきっかけです。若いメンバーが増えることで、もっと勢いある会社にしていきたいと思っています。そのために、20卒は自分のリファラルで4人入社することを目標にしています。代表の谷口には、「森井派閥を作ってクーデターを起こす気か!ww」って冗談を言われていますが(笑)


ー今後の目標を教えてください!

森井:チーム戦が始まったので、個人のマンパワーではなく、インバウンドを増やすとかクロージング率を上げるとか、会社の規模が大きくなるためにどうしたらよいか考えたいです。個人の売り上げは、早いタイミングで達成して、周りを引っ張っていけるような存在になりたいですね。

あとは、有名漫画とのタイアップ企画も挑戦してみたいですね。版権調整が難しかったり、扱う金額も大きくなるので、クライアント様との関係性も大切になるかと思います。そこの調整をできるようなスキル身に着けたいです。

ー森井さん、ありがとうございました!

▼シンフィールドでは、新しい仲間を募集しています!▼

マンガマーケティング
新しい価値を広める!マンガマーケティング第二創業期メンバーWanted!
企業の商品やサービスをオリジナルのマンガにして集客するマンガマーケティング事業を行っています。 Webマンガ・マンガLP、アニメ動画等を通じて、クライアント様の訴求内容をわかりやすく説明しWebマーケティングも組み合わせCVR(成約率)UPや直帰率や滞在時間の改善、記事LPからクライアントLPへの遷移率upなどを行っています。またコンテンツマーケティングの一環としてオウンドメディアへのマンガコンテンツを用いた集客施策もご提供しています。 マンガを制作することが目的ではなくあくまで手段として活用しマーケティングツールとしてクライアントの投資対効果の最大化を目指します。
株式会社シンフィールド
株式会社シンフィールド's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings