This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【イベントレポート】「市売問屋から見る木材業界の不都合な真実」森の未来会議Vol.4を開催しました!

こんにちは、森未来インターン生の小川翔子です。

前回のイベントレポートに引き続き、今回は9/19 (木)に開催された「森の未来会議 vol.4」のレポートをさせていただきます。


森の未来会議について

森の未来会議とは、林業・木材業界に所縁のある方々がゆるやかに繋がり、所属や肩書きを抜きにした「ご縁」を紡いでいくフラットな場です。森林・林業が好きな人同士が繋がって頂くことを目的としています。

毎回、森林や木材に関連した取り組みを行なっている方をスピーカーとしてお招きし、ご自身の想いや課題、今後の展望など、ご自由にお話いただいています。

スピーカープレゼンの後には参加した皆さんで懇親会も!普段なかなか出会うことのない人たち同士と新たな繋がりが生まれています。

今回は新木場相原の土橋義裕さんをお招きし、「市売問屋から見る木材業界の不都合な真実」をテーマに、現場から見る木材業界の現場や課題、今後の展望についてお話いただきました。


〈土橋義裕さんのプロフィール〉

木材問屋 新木場相原 / あいはらの木 代表

30歳を機に本屋から転職し材木業界へ。木材問屋で働きながら様々な木が手に入る強みを活かし、「木を楽しむ」をコンセプトに木の楽器「カホン」、木のスポーツ「KUBB」(クッブ)などを中心に木の楽しさを伝えるワークショップ等を行っている。

■ ブログ:市売り問屋の日常



日本の木材業界が抱える課題とは

なんと今回は満員御礼!毎回恒例となっている参加者さんの30秒自己紹介と、森未来浅野より日本林業の現状について説明があった後、いよいよ土橋さんからのお話が始まりました。

本日のテーマを見て、現場の方から一体何が語られるのだろうと興味をそそられた方も多いはず。

お話いただいた内容の全貌は、土橋さんがご自身のブログにとても分かりやすくまとめて下さいました。ぜひこちらをご覧ください!


抜粋させていただくと、木材業界の不都合な真実とは、時代とともに木材を取り巻く状況が変化しているにも関わらず、川上・川中・川下で木材に対する意識が違うこと、つまり木材業界全体がすれ違い状態であること です。

土橋さんのお話を経て、ディスカッションタイムに移りました。参加された方の中には、実際に木材業界で働く方も。木材流通に関する意見や質問をメインに、白熱した時間となりました。

実際に出た意見としては、

・プレカット工場が木材流通のブラックボックスではないか。

・構造図を描いてくれるプレカット工場もあり、そこに頼る設計者もいる。

・流通は関わる事業体を抜けば抜くほど安くなるが、その分柔軟性がなくなる。

・東京は原木価格は安いが、製材で高くなる。

・木の良さを知る人を増やすために、公共物に木材を使うのはどうか。

・工務店が大手ハウスメーカーの下請けの場合、工務店から指示を受けて納品する材木屋が何か提案をしても、工務店は元請けの指示から外れられない。

・構造材から内装材に使うようになっている。しかし山のことを考えると、構造材を出さないと回らない。

などなど盛りだくさん。

また、市場のニーズに合わせて木材を提供したいけれど、そう簡単にはできない現状だということもお話して下さいました。

木材の一大消費地である東京で、今一番売れるのは「バタ角」という建設工事の型枠仮設補強などに使われる材だそうです。

価格は柱材の1/3ほどで品質の高い材ではないですが、バタ角に食べさせてもらっていると言っても過言ではないとのお話に、衝撃を受けました。

良い木材を作ろうとしている林家さんの苦労は一体…泣

林業を学ぶ学生が土橋さんの木材市場に見学に来る際に、この話をするのが辛いと切実に語っていた姿が印象に残りました。

私が最も印象深かったのは、”日本の山を元気に” や ”地域のために地元の木を使おう” などのキャッチコピーに潜む矛盾についてでした。

私自身、国産材の利用が進めば森の状態が良くなり、また地場産業でもある林業が興れば地域も活性化するのではと思っていました。

しかし、日本の山が元気になるのは木が使われた場合の「結果」であり、自分が消費者の側に立った時、日本の山のために木を使いたいと思うかと問われ、確かにその理由だけでは使いたいと思わないかも…という気付きがありました。

では今の時代、林業は誰のためにあるビジネスなんだろう…。大きな疑問が残りましたが、この問いに対する答えは自分自身への宿題として持ち帰ることに…。(難しすぎて今でも悩んでいます…)

最後に、写真撮影。土橋さん、参加いただいた皆さん ありがとうございました!


さて、次回の森の未来会議 Vol.5は、10月17日(木)19時からの予定です。

詳細が決まり次第、森未来Facebookにてお知らせします!

株式会社森未来's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more