1
/
5

原点だという、1軒目のシェアハウスについて>>社長インタビュー

皆さんこんにちは!
スタッフの山口です。

今日は、シェア180の会社を創った社長の伊藤インタビューシェアです*


初めてつくったシェアハウスのオープンは2013年、1月14日夜。
今まで20棟のシェアハウスに住んできた社長ですが、1棟目にオープンしたシェアハウスは、やはり特別のようです。

大手メーカーで働いていた伊藤代表は、仕事終わりや休日の時間を使って、シェアハウスを作りあげました。
オーナーさんと何度も会話を重ね、集客方法に頭を悩ませ試行錯誤するだけで、毎日があっという間に過ぎていったと言います。


オープンしてからは実際に運営者として、ハウスメイトとして、約半年間住み込み、「ハウス内では楽しさもいろいろな課題も見え、今の会社のコンセプトやルール作りの基礎になった」とのこと。

苦労を重ね課題にぶつかりながらも、その後たくさんのシェアハウスを立ち上げていくことになる伊藤代表の基礎となった経験はどういうものだったのか・・・?!

「すべての原点」と伊藤代表が考える1軒目のシェアハウスについて。詳細は・・・・・下記見てください**たっぷりと、インタビューしています^^笑

目次 [閉じる]

  • 1 偶然の出会いからシェアハウスづくりがスタート
  • 2 勉強の日々…手弁当で作り上げたシェアハウス
  • 3 運営するむずかしさも経験
  • 4 コンセプトを設定?

https://www.sharehouse180.net/ceointerview/episode2/

会社をつくった社長の想い、ぜひ覗き見してみてくださいね♪


180スタッフ
山口

株式会社シェア180's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more