1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

「Unity Developer Jobs #1」イベントレポート

こんにちは。広報PR担当 佐藤です。

侍エンジニア塾を運営する弊社は、「イノベーターを輩出する」を多く実現するため、2019年3月本社移転後初となるエンジニア向けイベントへ2019年8月24日(土)に会場を提供いたしました。

『Unity Developer Jobs #1』は、弊社、侍エンジニア塾にてインストラクターを務める岩本拓也さんが主催となり「Unityデベロッパーのお仕事について聞ける・話せる」を目的として、技術よりの話題だけではなく、Unityでのお仕事の話も一緒に聞けるイベントを目指し、これからUnityでお仕事したい方や普段では聞くことのない別の業界で扱われているUnityの知見を聞きたい方に参加していただきたいイベントとして開催されました。

今回のイベントにて弊社は、会場および懇親会のご提供をさせていただき、当日は約40名の方にご参加いただき、侍エンジニア塾にてUnityを学びたいと考えられている生徒様も飛び入り参加いたしました。

本イベントへのLT登壇者は、ARMY Inc.佐々木さん、株式会社アンビリアル 取締役 高取さん、フリーランスにて活躍されている 古波倉さん含む計6名に登壇いただきました。

イベントの目的でもある、「技術」の話しだけではなく実際の現場で起こっている「仕事の話し」も多くお話いただき、終始和やかな会となりました。


株式会社ARMY 代表取締役 佐々木 琢 様

AEMY Inc佐々木さんからは、ハイパーカジュアルゲームならではの開発高速化非常に大事だが、「収益」も大切。そのためにより多くのゲームをいかにリリースさせて、数値化し次の開発に活かしていくか。という内容など、実際の現場ならではの話題を提供いただきました。

株式会社アンビリアル 取締役・エンジニア 高取 泰洋 様

アバターライブ配信アプリ「トピア」の開発の話を中心にお話いただきました。
リアルタイムで処理させているデータを確認できるようエディタ拡張でツールを作り、トラッキング中のリアルタイム生データをUnityエディタ上に表示させて、チューニングさせれていたとのこと。
また、エンジニアの働きやすい環境作りの一貫としてリモートワークを導入、今年に入ってからは週5日のうち週3出勤・週2リモートワークという形態をとっており、個々人のパフォーマンスを最大限発揮できるような柔軟な働き方を日々模索していることなどざっくばらんに提供いただきました。

フリーランス 古波倉 正隆 様

現在フリーランスでご活躍されている古波倉さんからは、ご自身のご経験の中で実際に起こった事象を
赤裸々にお話いただきました。
特に今回のイベントは、Unity初心者の方や仕事ではUnityを使ったことがない方なども多く参加されていたため、「ホントにあったUIの怖い話」と題して、ドロコールのことやテキストの描画、TextMesh Proについてなど非常にわかりやすくお話いただきました。中でも実際にフリーランスになってから感じたことや、実際起こったハプニング等もお話いただき笑いが絶えない時間となりました。


懇親会

最後は、PIZZA&ビールで懇談会を実施。Unity初心者の方から、実務では使っていないけど趣味でガリガリ開発している方まで、幅広い方層の参加者だからこそ生まれる会話で、非常に盛り上がりました!

中には、ご自身で開発されたオリジナル3Dアバターを展示!写真ではわかりにくいですが手前の長細い黒いのがセンサーになり、アバターが反応します!

侍エンジニア塾's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more