This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

「明日から7日間アメリカに!」侍休暇×旅支援×リモートワークで理想のワークスタイルを

こんにちわ、侍の桑原です。

突然ですが、あなたは最近旅行に行きましたか?ちゃんと程よく休めてますか?

侍では創業当初からリモートワークを推進しており、私自身はリモートワークでインストラクターのマネジメントをしたり、島根でダブルワークしてたり、色々な働き方をしてきました。

そんな中で今回は、

侍休暇制度と旅支援制度を使って、1週間アメリカ旅行!

に行ってきたのでそのご紹介です。(制度については後で詳しく)

オーシャンズ11で出てくる『ベラージオ・タワーズ』にも行きました!



1週間アメリカ行くって一般的な会社に勤めている方にとってはごくごく普通なことですが、

急激成長中のベンチャーってまとまった休み取れるの?

なんていう疑問もあるかと思います。

急激成長中のベンチャーって業務量、、、少なくはないですよねw

そんな中で1週間も休みを取るなんて想像してませんでした。誰よりも私がw


でも旅行に行く日だけは3年前から決まっていたので、勢いに任せてチケットを先に買ったのが始まりです!

なんで3年前から決まってたかは個別に聞いてください笑

まだまだ業務量が多い中で、海外旅行に踏み切れた理由

(タコスが美味しすぎて何故か困り顔してしまった桑原)

◆理由1:侍休暇制度が開始!社長が自分で休みは設計せよーと推していたから

フルフレックス、コアタイムもなし、リモートワークを実践しているとセルフマネジメントはかなり鍛えられます。

その中でいかに戦略的に休暇を取るのかもセルフマネジメントのうちの一つということで、

有給に加えて、1年間で15日の特別休暇を付与してるんです!\(^o^)/ワーイ

またこれが入社翌日から利用が可能と、便利な制度となっているわけです。


◆理由2:旅休暇があって、3万円の補助が出るから

上記の背景もあって、旅行いってこい制度もありますw

こちらの制度は、

3日間以上の休みを使って旅行に行く場合は会社から3万円の補助が出ます!

というもの。

非日常ってクリエイティブな仕事をする上では重要な要素のうちの一つだよねっていうのが私なりの「旅休暇」の解釈です。

(あってるかな。。。?笑)


◆理由3:日頃からリモートでのコミュニケーションにみんな慣れているので抵抗感が少なかったから

もともとフルリモートもOKな会社なので、資料とかもクラウドにあるし、連絡手段もslackだし緊急事態になっても「まぁ、大丈夫でしょう、多分」みたいな感覚になれたのがデカイです。

一緒に働いている皆さんが協力的だったのも踏み切れた理由の一つですね。

皆さん、自分ごとのようにアメリカ行きを楽しみにされていたのが印象的でした。

(きっとお土産が目当てだったんでしょうね笑)


非日常での人生振り返りタイムがよかった

(ぼーっとしながら眺めたグランドキャニオン)

日々業務をしていると自分の将来のこととか、自分自身の人生のことを考える時間はどうしても限られてしまいます。

普段とは違う空間の中で自分のしてきたこと、したいことを考える時間が取れたのはとてもよかったです。

これからの人生どうしたいのか改めて思うところもあったので、帰ってすぐの社長とのミーティングではそのこと報告もしました。

人生どうしたいの?レベルを社内で話できるのって良いですよね。


今後は3ヶ月に1回長期休暇?!

(ここぞとばかりにジャンクフードな日々を)

久々にまとまった時間取れたのが本当によかったので、帰って速攻社長にも提案して、

他のメンバーも休みが取れやすいように

3ヶ月に1回長期休暇をサポートし合おう制度をはじめました。

人事部とも話し合って社内全体でも実装予定です。

良いことはどんどん制度になって行く侍のスピード感はやっぱり心地良いですね。

急成長中で、スピード感ある中で、いかに休むことも考えれるかが今後のベンチャーには必要なのかもしれないですね。

休みを有効活用して好循環生み出しましょう。笑


「旅をすると価値観が変わる」「本当の自分に気づける」「客観的に人生を見つめ直すことが出来る」

などなど様々なメリットがあるので、侍では休暇制度や旅支援制度を推奨しています。

旅に行くことで、本当の自分に気づき、主体的に人生を生きる人をどんどん増やしていきます。


こんな侍に興味を持った方、桑原にちょっと話を聞いてみたい方、現在侍ではプログラミングスクール事業をもっとグロースさせていくメンバーやインストラクターを募集中です。

桑原と一緒に「プログラミングで人生を切り開く人」をもっともっと輩出して社会貢献していきたい!教育に興味がある!という方、是非お話しましょう!

アメリカのお土産話ももれなくついてきますよ。笑


プロダクトマネージャー
累計7000人利用のマンツーマンプログラミングスクールの責任者募集!
弊社は、プログラミング教育を通じて、イノベーター教育でグローバルNo.1を目指しています。 近い将来、世界は爆発的な人口増加に伴い、資源の枯渇が予想されています。 それらを回避するには、『イノベーションの加速が鍵』と我々は考えています。 そのためには、イノベーターを創出し世の中に羽ばたかせていくことが不可欠と考え、弊社は2015年にマンツーマンのプログラミングスクールをいち早く開始し、これまでに累計16,000名以上の方にプログラミング指導を行ってまいりました。 <侍が展開する事業> ■侍エンジニア塾 https://www.sejuku.net/ ・「プログラミングで人生を変える人を増やす」ために、一人ひとりの目的に沿った講師とカリキュラムを提供 ・マンツーマン指導により挫折率を圧倒的に下げるプログラミングスクール ■侍エンジニア塾ブログ https://www.sejuku.net/blog/ ・月間600万PVのプログラミング学習に関する疑問を解決するためのオウンドメディアです。
侍エンジニア塾


プログラミングインストラクター
生徒さんをサポート!プログラミングスクールのインストラクターWANTED!
弊社は、プログラミング教育を通じて、イノベーター教育でグローバルNo.1を目指しています。 近い将来、世界は爆発的な人口増加に伴い、資源の枯渇が予想されています。 それらを回避するには、『イノベーションの加速が鍵』と我々は考えています。 そのためには、イノベーターを創出し世の中に羽ばたかせていくことが不可欠と考え、弊社は2015年にマンツーマンのプログラミングスクールをいち早く開始し、これまでに累計16,000名以上の方にプログラミング指導を行ってまいりました。 <侍が展開する事業> ■侍エンジニア塾 https://www.sejuku.net/ ・「プログラミングで人生を変える人を増やす」ために、一人ひとりの目的に沿った講師とカリキュラムを提供 ・マンツーマン指導により挫折率を圧倒的に下げるプログラミングスクール ■侍エンジニア塾ブログ https://www.sejuku.net/blog/ ・月間600万PVのプログラミング学習に関する疑問を解決するためのオウンドメディアです。
侍エンジニア塾

上記以外も全職種で募集中ですので、お気軽にお問い合わせください(^^)


全職種オープンポジション
プログラミング×教育に興味がある方!まずはオフィス見学きませんか?
弊社は、プログラミング教育を通じて、イノベーター教育でグローバルNo.1を目指しています。 近い将来、世界は爆発的な人口増加に伴い、資源の枯渇が予想されています。 それらを回避するには、『イノベーションの加速が鍵』と我々は考えています。 そのためには、イノベーターを創出し世の中に羽ばたかせていくことが不可欠と考え、弊社は2015年にマンツーマンのプログラミングスクールをいち早く開始し、これまでに累計16,000名以上の方にプログラミング指導を行ってまいりました。 <侍が展開する事業> ■侍エンジニア塾 https://www.sejuku.net/ ・「プログラミングで人生を変える人を増やす」ために、一人ひとりの目的に沿った講師とカリキュラムを提供 ・マンツーマン指導により挫折率を圧倒的に下げるプログラミングスクール ■侍エンジニア塾ブログ https://www.sejuku.net/blog/ ・月間600万PVのプログラミング学習に関する疑問を解決するためのオウンドメディアです。
侍エンジニア塾
侍エンジニア塾's job postings
40 Likes
40 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more