1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

直販部社員の想いを壁紙に。社長も書いてます。
運用調査部。画面がたくさんありますね。
一般生活者の財産づくりを、本格的な長期投資でお手伝いさせていただく会社です。 1999年に『さわかみファンド』を始めて以来、た現在3,000億円を運用しています。独立系の資産運用会社としてどこの金融機関グループにも属さず、自分たちで運用し、自分たちで大切に販売しています 1999年に『さわかみファンド』を始めて以来、たった1本のファンドを、どこの金融機関グループにも属さず、自分たちで運用し、自分たちで大切に販売しています。 私たちは、お客さまの資産を増やすにあたり、ただお金が増えれば良いという投資はしません。株式とは、本来値動きを追うものではなく、企業の成長を見るものです。私たちは、企業と共に歩む投資を行っています。経営理念に「本格的な長期投資で世の中をおもしろくしていこう」と掲げているとおり、長期投資を通じて財産づくりと同時に、豊かな社会を創造すべく、日々仕事をしています。

Why we do

創業当時、日本にはまだ独立系の投信会社はなく、投資信託は証券会社の手数料稼ぎの道具、または資金調達や株価下支えの手段として利用されているという時代でした。 本来は投資に詳しくない一般家庭の資産形成を手助けするためのツールである投資信託が、顧客に知識がないのをよいことに、販売会社や発行会社のために利用されていたのです。 そんな業界の悪習を打ち破り、1万円から財産形成ができる本格的な投資信託を、私たちは作っています。

How we do

運用報告会では、担当アナリストが企業ブースをご案内し、どういう思いで投資をしているのかお話します。
10年以上おつきあいのあるお客さまと、毎年全国各地で感謝会を行っています。
入社時には「挑戦する思い」という作文を提出してもらい、その内容と会社の方向性があった方のみを採用しています。そのため、社員は全員、さわかみ投信で成し遂げたいことがあって働いています。 たとえば、長期投資を通じて大好きな音楽に邁進できる社会を作りたい元シンガーソングライター、海外赴任中にヨーロッパの豊かな社会にあこがれて日本を心豊かな国にしたいと願う元製造業出身者、お金のことで自殺する人をゼロしたい元システムエンジニアなど、いろいろなキャラクターの仲間と働いています。